from ideas to solutions

Browse By Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第8章 WPF 編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 第8章 アプリ バーとポップアップ 本章では、コマンドやメニューを表示するためのアプリ バーとポップアップ(コンテキスト メニューなど)を説明しています。アプリ バーは、Windows ストア アプリで導入された UI 要素で、上端、もしくは下端からのスワイプ操作によって表示できるコマンドを表示するための UX になります。この関係で、デスクトップで動作する WPF アプリケーションでは利用することはできます...
  • Blog Post: [Sample Of Aug. 14] How to Resize WPF panel on Runtime.

    Aug. 14 Sample download: VS2013 version http://code.msdn.microsoft.com/How-to-Resize-WPF-panel-on-62fbbf12 VS2012 version http://code.msdn.microsoft.com/How-to-Resize-WPF-panel-on-de97abaf VS2010 version http://code.msdn.microsoft.com//How-to-Resize-WPF-panel-on-637f7bce...
  • Blog Post: Windows 8、Windows 8.1 におけるタッチ キーボードと IME に関する制限事項

    こんにちは、Visual Studio サポートチームです。 今回は、Windows 8、Windows 8.1 におけるタッチ キーボードと IME に関する制限事項についてご紹介します。 弊社 OS 標準 IME である Microsoft IME (以降、MS IME) 以外にも様々なサードパーティ製の IME がありますね。用途に応じて、MS IME とサード パーティ製 IME とを、使い分けている方も多いのではないでしょうか。 実は、タッチ キーボードと IME の組み合わせによっては、予期せぬ入力動作となる場合があります。現時点では、下記二つの動作を確認しています...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第7章 WPF編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 第7章 非同期性 この章では、.NET Framewrok 4.5(C# 5.0、Visual Basic 11)で追加された 新しい非同期プログラミング (async、await)を説明しています。この説明の中で、 MessageDialog クラス を取り扱っていますが、このクラスは WinRT のみで使用できるものになっています。WPF XAML では同等の機能はなく、 MessageBox クラス...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第6章 WPF編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 第6章 WinRT と MVVM この章では、MVVM(Model View ViewModel) パターンを説明する意欲的な内容になっています。書籍では説明がされていませんが、MVVM というデザイン パターンは、 Composite Application Guidance (別名として、PRISM) というドキュメント( 日本語 、 英語 、 WinRT )で解説されたデザイン パターンです。WinRT...
  • Blog Post: DPI Aware Sample

    Last time I showed a way to use immediate mode graphics in WPF by showing balls bouncing around in a window. This time, we’ll add a few features. I’ve made the program DPI (Dots Per Inch) Aware. On most machines it works correctly. However, on my brand new Surface Pro 3 (really nice!), the screen resolution...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第5章 WPF編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 第5章 コントロールとのやりとり この章では、コントロールとユーザーの操作(タッチ、マウス、スタイラス、キーボードのようなユーザー入力に伴う操作) がどのような関係にあるかについての説明を基本となる FrameworkElement を使って説明しています。 5.1(P155) コントロールの特徴 この節では、FrameworkElement 派生クラスと Control 派生クラスの違いを説明しています...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第4章 WPF編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 最初に、 第2章の記事 で Visual Studio より Blend を簡単に起動するための設定を説明しました。この時は、Visual Studio 2013 のエディションを記載していませんでしたが、有償のエディションを前提としていました。私は確認していませんが、無償の Express エディションでも可能になると考えられる組み合わせがあります。それは、 Visual Studio Express 2013...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第3章 WPF編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 第3章 基本的なイベント処理 3.1(P75) タップ イベント この節では、タッチ、マウス、ペンによるイベントに基本的な事項を説明しています。特に、タッチ系のイベントに関して WinRT XAML と WPF XAML では異なるので注意が必要です。 タッチ、マウス、ペンによる入力は、名前が Pointer で始まる 8 つのイベントにまとめられています(書籍より引用)。 WPF XAML...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第2章 WPF編

    この記事では、「 プログラミング Windows 第6版 」を使って WPF XAML の学習を支援することを目的にしています。この目的から、書籍と併せて読まれることをお勧めします。 最初に、WPF アプリケーションを開発する上で Visual Studio 2013 で設定しておいた方が良いトピックを紹介します。 Visual Studio 2013 を起動して、[ツール]-[外部ツール] を使って Blend for Visual Studio からプロジェクトを開けるように設定します。設定方法は、以下のようにします。 コマンド:C:\Program Files (x86...
  • Blog Post: プログラミング Windows 第6版 第1章 WPF編

    前回のエントリー で、WPF を学習するのに「 プログラミング Windows 第6版 」という書籍を紹介しました。この書籍は、Windows ストア アプリを中心にしている関係で、WinRT XAML という WPF XAML のサブセットを使った説明となっています。したがって、WPF XAML とは色々な面で異なる箇所があります。この異なる差異を乗り越えて WPF を学習するために、サンプルを移植しながら解説を試みるのが今回のテーマとなります。目標は、プログラミング Windows 第6版 の上巻をカバーすることで、下巻は自分で WPF に置き換えて学習ができるようになることです。このように考えていますので...
  • Blog Post: XAML とは何か?

    今更ですが、XAMLとな何なのかということを私なりに解説したいと思います。このような考えに至ったのは、色々な状況があるにせよ Windows Froms などの UI 技術が広く使われているのと、XAML を初めて学ぼうとしたときに書籍を含めて、新しい情報が少ないと感じたからです。 2014/12に追記 XAML の詳細を学習するには、 XAML Deep Dive for Windows & Windows Phone App Jump Start という動画を参考にするのも良いかもしれません。日本語の字幕はありませんが、英語の字幕がありますので、斜め読みでも XAML を使ったことがある人にとっては役に立つと考えられます...
  • Blog Post: VSTO Runtime Update to Address Slow Shutdown on .NET Framework 4.5.2

    In a VSTO Runtime release earlier this year , we addressed an issue of slow application shutdown for add-ins using WPF controls on touch-enabled devices. With the release of .NET Framework 4.5.2 two months ago, and the increased usage of our latest runtime “in the wild”, we received customer feedback...
Page 5 of 237 (5,925 items) «34567»