Building Windows 8

Windows エンジニアリング チームによるブログ

  • Building Windows 8

    これまでになく高速に起動する PC を設計する

    • 3 Comments
    私たちは、PC の電源をオフにする必要が一度もないようにし、Connected Standby (接続維持スタンバイ) 状態で実行できるように努力していますが、それでも主要なシステム コンポーネントの更新時には再起動が必要なことを認識しています。 以前、 Windows の起動エクスペリエンスの再構築 についてと、コア ブート ローダーと選択肢がどのように最新型でタッチパネル対応になったかについてお話ししました。 さらに、 起動もかなり高速になりました 。実際にかなり速くなったので、BIOS を操作したり、代わりの方法で読み込んだりする場合に必要となる診断ツール類を有効にするには、設計について調べる必要があります。 この記事では、 ユーザー エクスペリエンス チームのプログラム マネージャーである Chris Clark が、信じられないほど高速な起動エクスペリエンスについて話します 。 --Steven Windows 8 には問題があります。起動が本当に速すぎることです。 実際、かなり速いので、起動を中断するために操作する時間がまったく なくなりました。Windows...
  • Building Windows 8

    さまざまな画面への対応

    • 3 Comments
    ディスプレイの世界では、ピクセル密度から縦横比、コア テクノロジに至るまで、非常に多くの改革が進んでいます。Windows 8 は、ディスプレイ エコシステムの成長と改良に伴って成長し、改良されるように設計されています。私たちの目標は、広範囲にわたるディスプレイ技術に対応し、ニーズに合った最適なエクスペリエンスを実現する PC や外部ディスプレイを、PC メーカーが製造したりユーザーが使用したりできるようにすることです。これを達成するため、WinRT は、この多様性のサポートに必要なプラットフォームを提供するように設計されています。この記事では、やや複雑な話になりますが、多数のバリエーションのある物理画面サイズ、ピクセル密度、および解像度のサポートについて詳細に見ていきます。記事をお読みになるとわかるとおり、これは "私の 27 インチ モニター" というだけでなく、さまざまな要素が絡んできます。 この記事は、ユーザー エクスペリエンス チームのシニア プログラム マネージャー、David Washington が執筆しました 。 -- Steven Windows プラットフォームでは...
  • Building Windows 8

    ピクチャ パスワードのセキュリティを最適化する

    • 3 Comments
    いただいたいくつかのコメントを受けて、ピクチャ パスワードのセキュリティについてもう少しお話ししたいと思います。ピクチャ パスワードのセキュリティを最適化する方法を扱ったこの記事は、User Experience (ユーザー エクスペリエンス) チー ムの開発ディレクターであり、この機能の数学的な面とセキュリティ面に特に関心を持っている Jeff Johnson が執筆しました。この機能はログオンの新しい形であり、必然的にセキュリティについての懸念 (特にモバイル デバイスの場合) や、新しい認証技術に 対する懸念 (顔認証技術の不安的さ、生体認証技術に見られる課題など) を伴うため、アプローチとして潜在的な欠点があるのではないかと心配される方がいらっしゃるのは無理もないことだと思います。私たちが目指したのは、テキスト パスワードに劣らない安全性 を明確に確保しつつ (これを数学的に裏付ける役割を果たしたのが Jeff です)、優れた利便性を併せ持ったメカニズムです。以下の記事では、このアプローチが総合的に見て堅牢なソリューションと呼べる理由について論じています。この記事を読まれる際は...
  • Building Windows 8

    Windows 8 へようこそ – Consumer Preview

    • 3 Comments
    今日は Windows チームにとって記念すべき日です。つい先ほどスペインのバルセロナで開催された Mobile World Congress において、パートナー様と報道陣に Windows 8 Consumer Preview を発表いたしました。多方面から寄せられたフィードバックに基づいて 10 万を超える変更をコードに加えた ため、Consumer Preview は、プレリリース OS を進んでテストしていただける皆様がさまざまな用途に毎日使うことができる精錬された製品となりました。 http://preview.windows.com (英語) から、 始まったばかりの Consumer Preview をぜひダウンロードしてください 。Windows 8 Developer Preview を使用された方は、多方面から寄せされたフィードバックに基づいてさまざまな変更が製品に加えられたことを実感できると思います。 Windows 8 は、チップセットからエクスペリエンスに至るまで Windows を刷新するものです。Developer Preview では、開発者向けの新しい...
  • Building Windows 8

    Metro スタイル アプリからメモリを回収する

    • 2 Comments
    最近のオペレーティング システムでは、システムのリソースに対する見方が変わってきました。フォーム ファクターに関係なく、OS にとってリソース利用率を効率的に管理することが以前より重要になっています。現在、エンド ユーザーにとって全体的なパフォーマンスが向上しない場合でも、1 つのプロセスが利用可能なリソース (メモリ、CPU、ディスク I/O) を簡単に消費しすぎます。OS の役割はまさにリソースのバランスを取り、ユーザーが PC で実行したいすべての処理を完了できるようにすることです。異常なソフトウェア (リソースを無限に消費する状態に陥るソフトウェア) に対処するために、ほとんどの OS 実装には手動制御が存在します。ソフトウェアが悪意のあるものでなくても (たいていはそうですが)、リソース割り当て API が複雑なため適切に動作するソフトウェアを構築するのは難しいものです。WinRT の最新の API セットは、PC の "支配権を得て" いなくても処理を終えるソフトウェアをプログラマが簡単に構築できるようにするためのものです。これにより、すべての PC フォーム ファクターとすべてのソフトウェアで優れた効果があります...
  • Building Windows 8

    横向きと縦向きの両方に向けた最適化

    • 2 Comments
    私たちは多くのフォーラムで Windows 8 のデモを行ってきましたが、そのほとんどで、横長の表示 (ワイドスクリーン) を使用していました。プロジェクターを使うことが多く、その場合は横向きの方が見やすいというのが主な理由です。もう一つの理由は、多くの初期のデバイス (//build/ で Windows Developer Preview と共に発表された Samsung タブレットなど) がワイドスクリーンであるためです。新しいスナップ機能を使って、アプリケーションを横に並べて表示する用途にはワイドスクリーンでの横向きが最適です。すばやく滑らかに画面を回転できるようにし、縦向きを好むユーザーの方にもすばらしいエクスペリエンスを味わっていただくために、膨大な量の作業を行ってきました。これからご説明しますが、この背景には、どのような要因によって好みの向きが決まるかについて研究した結果が大きく影響しています。どちらの向きでも優れた動作をするアプリケーションを構築するためのツールを開発者に提供するために、Visual Studio ツールおよび Expression ツールにさえも取り組みました...
  • Building Windows 8

    Windows の起動のエクスペリエンスを再構築する

    • 2 Comments
    BUILD に参加してくださった皆さん、おつかれさまでした。私たちも普段の仕事に戻り、改めて次のマイルストーンに集中しているところです。皆さんに Windows 8 を詳しくご紹介していくのはとてもすばらしい時間で、講演者や Microsoft からの参加者たちは、皆さんがこの製品をあたたかく迎え入れてくださったことを言葉では表せないほど感謝しています。製品はまだ開発者プレビューという初期の段階にあり、皆さんからのご質問も多く寄せられています。今後の投稿では、Windows Developer Preview (WDP) をベースラインとして使用して、回答していくことになります。まだインストールされていない方も、今後の投稿の多くで、これが一種の前提条件になることをどうぞご了承ください。 ブートの開発は、正当に評価されることの少ない作業です。遅すぎると言われるか、逆に順調な場合でも、ユーザーがブートをしようと思うことが少なすぎて、快適なブートの実現のためにつぎ込んだ労力に気付いてもらえない、ということもあります。 何年も前のミーティングで、ビル ゲイツが (表現はこのとおりではありませんが...
  • Building Windows 8

    Windows 8 で IPv6 を使って接続する

    • 2 Comments
    私たちは World IPv6 Launch (英語) に参加していることから、IPv6 をサポートする Windows 8 Release Preview での作業について説明する良い機会だと思いました。 この記事は、コア ネットワーク プログラム管理チームに所属する Christopher Palmer が執筆しました。 --Steven IPv4 は、数十年間インターネット接続に使用されているインターネット プロトコルです。しかし、最初の設計者の信じがたい先見の明は、かなり大きな規模でインターネットに力を与え続けていますが、IPv4 はこれほど大きい負荷や規模に合わせて設計されたものではないため、インターネットの成長に伴って過負荷の兆候が表れ始めています。インターネット サービス プロバイダーは IPv4 の管理コストがしだいに上昇していると感じています。インターネットに接続された PC やデバイスの今後の急増に備えて、総点検が必要になります。 ここ数年間、Microsoft を含むこの業界では、さまざまなデバイス、サービス、ネットワーク インフラストラクチャ間でまったく新しいバージョンのインターネット...
  • Building Windows 8

    Windows 8 へようこそ - Developer Preview リリース

    • 1 Comments
    このブログを読んでこられた方は、今日が Windows チームにとって重要な日であることをご存知かと思います。BUILD カンファレンスでは間もなく Windows 8 のプレビューを行うところです。お見せしたいところは山のようにありますので、ぜひ http://buildwindows.com (英語) でストリーミング配信される、基調講演の Web キャストをご覧ください。今週行われている BUILD カンファレンスは、開発者とハードウェア パートナーを主な対象とするもので、100 を超えるセッションが予定されています (いずれもプレゼンテーションが行われてから約 1 日以内に、上のリンクからアクセスできるようになります)。その意味で、今日行われるのが Windows の開発者に向けたローンチであり、製品そのもののローンチではない (ましてや新しいデバイスのローンチではない) という点は、念頭に置いていただくとよいかもしれません。 Windows 8 は、チップセットからエクスペリエンスに至るまで Windows を刷新するものです。今週は開発者を対象とした一週間ですので、刷新された...
  • Building Windows 8

    [Start] (スタート) 画面のデザイン

    • 1 Comments
    前回の投稿へのコメントとフィードバックをありがとうございました。このデザインに対する多くのフィードバックをいただき、みなさんの強い情熱がしっかりと伝わってきました。ブログ投稿を通して、引き続きこのデザインについてお話しすると共に、いただいたご質問やコメントに回答していきたいと思います。新しい [Start] (スタート) 画面は、アプリの起動と切り替え、通知、情報をひとめで把握できる表示画面などの役割を担う、新たな、速く滑らかに操作できるツールとしてデザインされました。これはなかなか難しいことです。そしてもちろんこれは、タッチ対応のデバイスを使用する新しいユーザーだけでなく、[スタート] メニューやマウスとキーボードでの操作に慣れ親しんだ、大多数のユーザーに向けた取り組みでもあります。この記事は、Core Experience Evolved (次世代コア エクスペリエンス) チームのグループ プログラム管理者である Alice Steinglass が執筆しました。 –Steven 前回の「 [スタート] メニューの進化 」で触れたように、[スタート] メニューの実際の使用状況をさまざまな方法で研究した結果...
  • Building Windows 8

    64 個以上の論理プロセッサをタスク マネージャーで扱う

    • 1 Comments
    今回は、User Experience (ユーザー エクスペリエンス) チーム所属のグループ プログラム管理者である Ryan Haveson から、Windows Developer Preview リリース以降のタスク マネージャーの進歩についてご紹介します。この記事では、多数の論理プロセッサを備えるシステムの管理に使用する、新しくなったタスク マネージャーのツールを扱います。これはデスクトップ PC の範囲を大きく超えたスケーラビリティを実現する機能であり、サーバーやデータ センター向けに設計されたものです。Windows の開発においては、幅広いフォーム ファクターや CPU アーキテクチャに対応することも、大きな比重を占めています。 コメントについて: コメントの質はコミュニティにふさわしい水準に保つようお願いします。自動的なスパム対策以外にはコメントの審査は行っていないことを、改めて申し添えておきます。  –Steven Sinofsky 新しいタスク マネージャー については、以前の記事で扱ったほか、 Developer Preview (英語) をインストールして実際にご覧になっている方も多いと思います...
  • Building Windows 8

    電力効率と汎用性に優れた Windows の実現

    • 1 Comments
    この記事では、電力消費量を抑える OS の開発という幅広いトピックを扱います。OS における電源管理の重要性は、2 つの観点から高まり続けています。まず、Windows 8 が市場に出る際、出荷される全 PC の 3 分の 2 が、常時であれ部分的にであれバッテリで駆動されるポータ��ル デバイスとなることは容易に推定できます。第二に、あらゆる場面で電力の節約が求められており、職場でもカーボン フットプリントの小さいデスクトップ マシンへの需要が高まっています。いずれの場合についても、スタンバイ/休止/再開の際のパフォーマンスといったレベルを超えて、OS 全体の電力消費量削減や、近代的なハードウェアの節電性能への対応について考える必要があり、この記事ではそういった点に迫りたいと思います。今回の記事は Kernel (カーネル) チーム所属のプログラム管理者である Pat Stemen が執筆しました。 --Steven バッテリ寿命と電力消費量というトピックは、コンピューター業界において非常に重要な地位を占め続けています。この記事では、Windows 8 における電源管理の考え方と...
  • Building Windows 8

    Windows 8 のタスク マネージャー

    • 1 Comments
    //build/ での Windows 8 基調講演でお話ししたように、タスク マネージャーは 15 年に 1 度更新されることになっています。というのはもちろん冗談で、このユーティリティは Windows のリリースがあるたびにほぼ毎回、増分的に改良されてきたわけですが、Windows 8 ではタスク マネージャーを新たな目で見直し、いくつかの新しいシナリオを検討すると共に、いわば "スペクトルの両端"、つまりエンド ユーザーと、PC の状態を非常にきめ細かく管理する必要があるユーザーの両方に向けて、このツールをチューニングする新しい方法を模索しました。この記事は、In Control of Your PC (PC のコントロール) チーム所属のグループ プログラム管理者である Ryan Haveson が執筆しました。なお、念のためですが、この記事では Metro スタイルのアプリケーションを閉じる方法ではなく、あくまでタスク マネージャーを扱いますので、どうぞお忘れなく。 --Steven Windows 8 のタスク マネージャーの改良点の一部をこの場でご紹介できることを嬉しく思います...
  • Building Windows 8

    Metro スタイルのブラウシング: 1 つのエンジン、2 つのエクスペリエンス、妥協は 0

    • 1 Comments
    昨日は、Windows 8 に伴う非常に大きなチャンスについてご紹介しましたが、開発者の皆さんからとても暖かい歓迎を受け、たいへん嬉しく思っています。今後この B8 ブログでは、Developer Preview とそれに含まれる機能、そして今後の進化に焦点を移していきたいと思います。ブログでの対話に参加される皆さんが、このビルドをインストールし、使用されることを願っています。これは初期段階のビルドで、開発者向けのものですが、かなり楽しく使えもします。私自身、カンファレンスからの投稿にはすべてあの Samsung 製プレビュー用タブレットを使っています! Metro スタイルのブラウジングと、正真正銘のクロームなしのブラウジング エクスペリエンスを実現するために私たちがやってきたことについて、少しお話したいと考えました。最高のパフォーマンスと信頼性、および高い評価を受けている IE のセキュリティ機能と合わせて、HTML5 と標準のサポートに私たちはかなり力を入れています。同じ HTML5 テクノロジを使用するデスクトップ エクスペリエンスについても、引き続き改良を図り、提供していきます...
  • Building Windows 8

    "Windows 8" への Hyper-V 導入

    • 1 Comments
    この投稿では Windows の "クライアント" 製品での仮想化サポートについて説明します。仮想化という技術は、もともと Windows Server 向けにリリースされ、たいへんな人気と成功を博しました。この技術を、Windows を使用するプロフェッショナルのもっと一般的なシナリオに対応できるようにしたいと考えたのです。最も一般的なシナリオとして、ソフトウェア開発者が複数のプラットフォームやクライアントとサーバーの両方を扱うケース、そして IT プロフェッショナルが仮想化されたクライアントやサーバーをシームレスに管理したいと考えているケースの 2 つに注目しました。この投稿を執筆した Mathew John は、Hyper-V チームに所属するプログラム管理者です。1 つ申し添えておくと、他の機能の場合と同様、ここでは最終的なパッケージングではなく、エンジニアリングの部分について話したいと思っています。最終的なパッケージングについての決定はプロジェクトのもっと後の段階で行われます。–Steven  追記: 予定外の連続投稿になりましたが、今後はもう少し継続しやすいペースに落としたいと思います...
  • Building Windows 8

    企業における "持ち込み" PC の管理 (WOA を視野に入れて)

    • 1 Comments
    ユーザーが自分のハードウェアを職場に持参するケースが一般的になるにつれ、IT プロフェッショナルにとっても、クライアントの "持ち込み" (BYO: Bring Your Own) PC を不安なくサポートすることは、重要な関心事となってきています。デバイスの "持ち込み" が一般化しても、IT プロフェッショナルにとって、ネットワーク資産の管理、セキュリティ保護、アカウンタビリティ確保などが重要である点は変わりません。また、書面でポリシーを掲げても限界があることは皆さんもご承知のとおりです。 今回の記事では、このような "IT のコンシューマー化" を念頭に設計されたデバイスである WOA PC の管理を主に扱います。x86/64 アーキテクチャの PC では、フ���ーム ファクターを問わず、さまざまな管理ツールをフルに活用することができます。特に、システム上で実行されるサード パーティのコードを活用できる点が重要です。これに対して WOA PC では、Windows ストアや WinRT ベースのアプリケーションをとおしてでなければサードパーティのコードを使用できません。このため私たちは...
  • Building Windows 8

    Windows 8 と Windows Phone 向けのクラウド サービス: 刷新された Windows Live

    • 1 Comments
    これまで私たちは、SkyDrive について、また Microsoft アカウントを使った Windows 8 へのサインインとローミング機能についてたくさんのことをお伝えしてきました。しかしこれらは、Windows 8 (および Windows Phone、Xbox LIVE、その他さまざまなサービスとアプリ) をお使いいただく際に提供される幅広いサービス インフラストラクチャのほんの 2 つの側面でしかありません。Windows 8 と Windows Phone が搭載するクラウド サービスの機能や特徴について私たちがお話ししたいことは山ほどあります。今回の記事は、その手始めとして、Windows Live グループ バイス プレジデントとして各種サービスとアプリのあらゆる開発とオペレーションを統括する Chris Jones に寄稿してもらったものです。テーマは、見直しを経て刷新された、Windows 8 におけるクラウド サービスの役割についてです。 --Steven Windows Live が最初に発表されたのは 2005 年 11 月 1 日のことでした。プレス リリースを振り返ると...
  • Building Windows 8

    アクセシビリティ対応

    • 1 Comments
    Windows 8 は、世界中で実にさまざまな方に使っていただけるように設計されている製品です。個人の身体能力に関係なく、だれもが Windows 8 を使うことができるようにすることは、私たちがより高いレベルのイノベーションを実現するために取り組んできたことの 1 つです。中でも、新しい Metro スタイルのエクスペリエンスを万人が使用できるようにしたいと考えています。今回の記事では、"アクセシビリティ" (ユーザー補助) と呼ばれる機能に組み込まれるエンジニアリング技術についてお話しします。これからご説明するように、これらの機能の多くは応用範囲が広く、障碍を持つ方だけでなく、どなたにとっても使いやすい製品を実現するために役立つものです。Microsoft のアクセシビリティ関連の全体的な取り組みについては、 http://www.microsoft.com/japan/enable/ を参照してください。この記事は、Windows Store で公開する Metro スタイル アプリを作成する開発者にとって特に重要です。Windows Store への提出前に、アプリケーションのアクセシビリティをテストしていただくようお願いしているためです...
  • Building Windows 8

    アプリケーションの電力効率を向上させる

    • 1 Comments
    最大限の応答性と実用性 ("すばやく滑らか" な動作) を実現しながら消費電力を最低限に抑えることは、エンジニアリング面の課題としてかなり大きなものです。この取り組みのスタート地点となるのは、Windows が適切なリソース使用レベルをサポートできるようにする私たちの努力ですが、アプリ開発者の皆さんによるリソース使用量を意識した開発なくしては、達成することはできません。電力効率はあらゆるフォーム ファクターと利用シナリオに影響します。つまり、消費電力を抑えることはだれにとっても良いことなのです。Windows 8 PC はこの分野において大きく前進しますが、このイノベーションは WinRT に含まれる新しいランタイム モデルを基盤とするものとなります。既存のデスクトップ アプリケーションに、機能や互換性を維持しながら後付けできる類のものではないためです。既にこのブログで触れた状態移行やセットアップと同様に、電力消費は Windows 8 において新しいシナリオに向けた刷新が行われた分野の一つです。既存の x86 ベースの PC では、従来どおりのサポートが引き続きすべて提供され、デスクトップでの作業はすべてこれまでどおりに維持されます...
  • Building Windows 8

    ストレージを仮想化して、スケーラビリティ、復元性、効率性を高める

    • 1 Comments
    今回の記事では、Windows 8 Developer Preview に含まれる、ある機能について詳しく説明します。家庭 (そして職場) での大容量ストレージの管理を劇的に改善する、 記憶域 です。JBOD アレイから RAID ボックスまたは NAS ボックスに至るまで、ありとあらゆるストレージ ソリューションが試されてきました。多くのユーザーは、Windows Home Server ドライブ拡張機能を使用していますが、より密接に NTFS の一部として設計され、より直接的に Windows に統合された機能の登場を待ち望んでいました。Windows 8 でストレージを強化するにあたって、まさにそのような機能を目指して開発されたのが、記憶域です。もちろん、既にお使いの既存のソリューションは Windows 8 でも引き続き問題なく機能しますが、この新しい機能と柔軟性のあるアーキテクチャはきっと気に入っていただけることと思います。ちょうど 1 月 10 日からの Consumer Electronics Show について話題が盛り上がっているところですが、写真 (特に巨大なデジタル...
  • Building Windows 8

    Windows Store イベントと新しいブログについて

    • 1 Comments
    本日サンフランシスコで行われた Windows Store Preview イベントでは、新しい Windows Store で扱うすべてのアプリの開発者に適用される取引条件とアプリのポリシーを Antoine Leblond が披露しました。また、Windows 8 Beta リリースから Store を通して利用可能となる優れたアプリをいくつか紹介し、プラットフォームとしての Store のデザイン、能力、そして柔軟性を実演しました。 同じく Antoine の手で、 Windows Store 開発者向けブログ (英語) が新たに開始されています。このブログでは、Windows 8 のアプリ開発に関心を持つすべての読者に向けて、Store に関する情報や最新ニュースをお伝えしていきます。Store 関連のあらゆる情報の発表とそれについてのディスカッションはこの新しいブログで行い、条件やポリシー、収益機会、プラットフォームに関する考慮事項について、アプリ開発者とリアルタイムに対話していきます。新しいブログはここ B8 で行っている対話を補完するものと位置付けられ、Windows...
  • Building Windows 8

    デジタル ID の保護

    • 1 Comments
    コンピューティング デバイスをインターネットに接続して使用する際は、ユーザー名、パスワード、PIN などを避けて通ることはできません。これらは、デジタル経済において非常に重要な要素であり、このためのインフラストラクチャを Windows で提供することは、生半可な仕事ではありません。これには、まず Windows へのサインインという最も基本的なステップを整えること、そしてユーザーが使用を続けるうちに膨大な数に膨れ上がるさまざまなアカウントを保護するためのテクノロジを提供することが含まれます。この記事では、多数のパスワードのさらに安全な管理を実現する、Windows のアーキテクチャ関連の強化について説明します。この記事は、セキュリティ/ID 担当チームのグループ プログラム マネージャーである Dustin Ingalls が執筆しました。 –Steven Windows 8 の計画中に長い時間をかけて検討した課題の一つが、デジタル ID を便利で安全な方法で管理しやすくするにはどうしたらよいかということでした。現在の世界におけるデジタル ID とその使われ方、それを保護する方法については...
  • Building Windows 8

    セットアップのエクスペリエンスを改良する

    • 0 Comments
    Windows のインストールは、将来の Windows についての知識なしに設計された膨大な数のハードウェアの構成や組み合わせにおいても、新しいバージョンの Windows を (たとえカーネルの抜本的な再設計が行われていても) 問題なく実行するという、きわめて特異な対応能力を実現する、複雑なオペレーションです。多くのユーザーは Windows の次期バージョンを新しい PC の購入という形で入手し、その場合はすべてのセットアップ/アップグレードを行うわけではありませんが、新しい PC の "OOBE" (out-of-box experience: "箱から出したばかり" の状態で提供されるエクスペリエンス) の調整だけでも、複雑で技術的に高度な課題なのです。セットアップの改良において私たちが目指したのは、開始から終了までの時間を短縮して、なるべく早く Windows を使用できる状態にすることです。これによって、そこから先のカスタマイズには Windows の能力をフルに活用していただくことができ、ひいては新しい Windows のエクスペリエンスを早く楽しんでいただけることになるはずです...
  • Building Windows 8

    大容量ディスクとセクター サイズ拡大に対応する Windows 8

    • 0 Comments
    ファイル システムは、OS が提供するサービスの中でも最も基本的なものの 1 つと言えます。そして Windows は、広く普及している OS の中でも、最も進んだファイル システムの 1 つを持つ OS です。Windows 7 では、信頼性、管理性、堅牢性の面で大幅な改良 (たとえば 時代遅れとなっていた "デフラグ" の完全な自動化 など) を行いました。Windows 8 ではこれに加えてスケーラビリティや容量に焦点を当てた改良を行っています。今回の記事は、Storage & Files Systems (ストレージ/ファイル システム) チーム所属のプログラム管理者、Bryan Matthew が執筆しました。 --Steven ユーザーが保管するデジタル コレクションの規模は加速度的に拡大し続けています。高解像度のデジカメ写真、高画質のホーム ビデオ、大規模な音楽ファイルのコレクションなどがこの流れを強く後押ししています。ハード ディスク メーカーはこの課題に応えて非常に容量の大きなハード ディスク ドライブを供給しており、IDC の最近の市場調査レポートによれば...
  • Building Windows 8

    モバイル ネットワークを意識した Windows 8 の設計

    • 0 Comments
    今回の記事では、モバイル ブロードバンドと Wi-Fi ネットワークに向けた最適化を目指して再構築された、ワイヤレス ネットワーク スタックの詳細に迫ります。Windows 8 では、モバイル ブロードバンド プロバイダーが 3G/4G 接続を Wi-Fi と並ぶ接続形態とし てユーザーにとって使いやすい形で提供できるよう、多大な労力がつぎ込まれています。このアーキテクチャ面の作業に加え、対応するアーキテクチャ/PC 上なら、省電力状態 (たとえば画面がオフの状態) でもネットワーク接続を維持できるよう、Windows にも改善が施されています 。これについて詳しくは、//build/ での Connected Standby (接続維持スタンバイ) (英語) についてのセッションでご確認いただけます。この記事は、デバイス/ネットワーク チームのグループ プログラム マネージャーである Billy Anders が執筆しました。 --Steven ユーザーは、PC でもスマートフォンと同じようなレベルのモバイル性を求めるようになっています。 インターネットへの接続そのものがユーザーの目的であることはまずないでしょう...
Page 3 of 4 (90 items) 1234