Windows Azure Platform の新しい利用プランと課金システムが、2011 年 10 月より適用されることがアナウンスされました。

主な変更点としては、以下になります;

  • XS インスタンスの独自課金システムを廃止、XS インスタンス × 3 = S インスタンス × 1 として換算されるようになります。また、XS インスタンスが 20% 値下げとなります
  • 各プラン内で用途に合わせて XS ~ XL までインスタンスのサイズを選択いただけるようになりました
  • 各無償プラン(Windows Azure Platform 導入特別プランMicrosoft Cloud Essentials PackMSDN Subscription の Professional, Premium)で無償枠が拡大されています
利用プラン ~ 2011 年 9 月末 2011 年 10 月 ~
XS S S XS 換算
導入特別プラン 750 時間 750 時間 750 時間 2,250 時間
Microsoft Cloud Essentials Pack 750 時間 25 時間 375 時間 1,125 時間
MSDN Subscription (Professional) 750 時間 375 時間 1,125 時間
MSDN Subscription (Premium) 1,500 時間 750 時間 2,250 時間
MSDN Subscription (Ultimate) 1,500 時間 1,500 時間 4,500 時間

導入特別プラン は、現行プランに記載されていますが 2011 年 9 月末で終了、今後のお申し込みは 90 日間限定となっていますのでご注意ください。(ちなみに 2011 年 8 月から Windows Azure AppFabric キャッシュ サービスが有償化されていますので合わせてご確認ください。)

なお、この移行措置として、導入特別プランの無償提供内容が 2011 年 8 月より、S インスタンスの無償利用時間が 25 時間から 750 時間に拡大されています。2011 年 8 月 および 9 月 では、XS インスタンス 750 時間と S インスタンス 750 時間の両方がご利用いただけます。2011 年 10 月より S インスタンス 750 時間分のみが無償となります。

また、データ転送に関しても変更があり、地域の切り分けが、北米 / ヨーロッパ / アジア太平洋 という区分から Zone1 (北米およびヨーロッパ) / Zone2 (その他地域) に変更されます。また、各プランに含まれるデータ転送量を CDN に割り当てることも可能になります。

Windows Azure Team Blog > Announcing Simplified Data Transfer Billing Meters and Swappable Compute Instances