先週開催された Buid で Winows Azure Platform に関するアップデートや発表がありました。

■ Windows Azure Toolkit for Windows 8

Windows Azure Platform はさまざまデバイスを支えるプラットフォームとして機能を強化しつつあります。Build で紹介された Windows 8 の "Metro Style" アプリケーションを Windows Azure Platform 上で稼働させるための ツール群である Windows Azure Toolkit for Windows 8 が CodePlex で公開されています。

C#, C++, VB といった .NET 言語に加えて JavaScript や HTML5 が利用可能となっています。

CodePlex > Windows Azure Toolkit for Windows 8

■ Windows Azure SDK 1.5、Windows Azure Service Management API

最新版SDK 1.5 が利用可能になり、Windows Azure Tools for Visual Studio もアップデートされています。今回の主なアップデートとしては下記が挙げられます;

  • SDK 1.5
    • サービス証明書のアップロード機能
    • リモートデスクトップのパスワード暗号化管理
  • Windows Azure Tools for Visual Studio
    • Webアプリケーションのプロジェクトに Windows Azure アプリケーションを追加作成可能
    • Windows Azure で稼働中のアプリケーションのプロファイリング
    • ASP.NET MVC3 Webロールの作成
    • 1 つのプロジェクトに複数のサービス設定を保持可能

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio (WebPI 経由)
Microsoft Download Center > Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 1.5 (September 2011)

また、Windows Azure サービス管理 API がアップデートされ、下記のような機能が追加されています;

    • パッケージ/設定アップデート中のロールバック
    • 稼働中のアプリケーションに対する ”Write” 操作
    • ロールインスタンス詳細情報の取得
    • サブスクリプション詳細情報の取得

MSDN Library > Windows Azure Service Management REST API Reference

Windows Azure Team Blog > Announcing: Windows Azure SDK 1.5, Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 and new Service Management Features 

■ Windows Azure Marketplace

現在米国で利用開始となっている、Windows Azure Platform で稼働するアプリケーションやサービス、データなどの購買サイトである Windows Azure Marketplace が 2011 年 10 月より 25 ヶ国で利用可能になります。当初は英語となりますが、2011 年度中には日本語を含む 各国言語で利用ができる見込みです。

このアナウンスに合わせて、Microsoft Translator が Windows Azure Marketplace からの利用できることも紹介されました。こちら Bing 翻訳などでも使われているサービスで、37 言語に対応しています。

Windows Azure Marketplace
Windows Azure Marketplace > Microsoft Translator

【参考】
Microsoft Translator | 開発者向けのサービス (日本語)
gihyo.jp > 使ってみようMicrosoft Translator

Windows Azure Team Blog > Windows Azure Marketplace News from BUILD: Announcing NEW Data Offerings and International Availability