先週開催された Buid での Windows Azure Platform 関連アップデート第 2 弾です。

■ Windows Azure AppFabric Service Bus

これまで May 2011 CTP としてプレビュー版で公開されていた、 Windows Azure AppFabric Service Bus がリリースとなりました。こちらは、永続的ストアであるキュー(Queue)、キューのパブリッシュ・サブスクライブを行うトピック(Topic) といったメッセージサービス機能です。

Windows Azure SDK 1.5 とあわせて Windows Azure AppFabric SDK v1.5 としてアップデートされています。

Windows Azure Team Blog > Now Available: The Service Bus September 2011 Release
MSDN Library > Windows Azure AppFabric Overview : Release Notes for the September 2011 Release 

Microsoft Download Center > Windows Azure AppFabric SDK V1.5 - September 2011

■ Windows Azure Storage

Geo-Replication (地域内複製) と呼ばれる、災害復旧などに備えて Windows Azure ストレージ (ブロブ、テーブル、キュー) を同じ地域の異なるロケーション (アジア地域なら東アジアと東南アジア) で複製を行う機能がアナウンスされました。ブロブとテーブルについては既に Geo-Replication が開始されています。また、ブロブ、テーブル、キューのREST API に新機能が追加されています。

Windows Azure Team Blog > Now Available: Geo-Replication and new Blob, Table and Queue features for Windows Azure Storage

■ Visual Studio Team Foundation Service on Windows Azure

アプリケーション開発の 設計 / 開発 / テスト / 配置 といったライフサイクルを管理・支援するツールである Visual Studio Team Foundation Server (TFS)、こちらが Windows Azure Platform 上で稼働、Visual Studio Team Foundation Sevice として発表されました。合わせてプレビュー版が公開されており、招待コードにより試用が可能になっています。

Team Foundation Service | Preview ←プレビュー版公開サイト

Visual Studio ALM + Team Foundation Server Blog > Learning about the Team Foundation Service Preview
Channel 9 >Team Foundation Service Preview: Introduction ←概要紹介ビデオ(デモ)

-------------------- 

大まかなまとめは、こちら Windows Azure Team Blog に掲載されていますので、ご確認ください。 

Windows Azure Team Blog > JUST ANNOUNCED @ BUILD: New Windows Azure Toolkit for Windows 8, Windows Azure SDK 1.5, Geo-Replication for Windows Azure Storage, and More