Windows Azure SDK の最新版 v1.6 が公開されました。

これにより Visual Studio + Windows Azure Tools で下記の機能が利用できるようになります。

  • 接続するための証明書 (Certification) の管理
    • 証明書作成・管理の自動化
    • 証明書なしでリモートデスクトップ接続
  • Windows Azure 管理ポータルなしで操作可能に
    • ホステッドサービスの新規作成
    • ストレージアカウントの作成と管理、
    • ロールのアクティビティログによる管理
  • より柔軟な開発のための対応
    • In-Place Update の実行
    • アプリケーション発行時の複数プロファイルを保持
    • 複数サブスクリプションの利用
    • 複数の開発環境の保持

なお、これまで Windows Azure AppFabric SDK と呼ばれていたものが、Windows Azure Libraries for .NET 1.6 となり、Service Bus、Caching のクライアントライブラリの強化、Queue の機能強化が盛り込まれています。

また、SDK 1.6 に対応した WIndows Azure Platform Training Kit の最新版も利用可能になっています。

この SDK のアップデートと合わせて、Windows Azure HPC Scheduler SDK リリース、および HPC Pack 2008 R2 アップデートが行われました。(こちらは、上記 Windows Azure SDK 1.6 対応です)

Windows Azure Team Blog > Now Available! Updated Windows Azure SDK & Windows Azure HPC Scheduler SDK

MSDN Library > Windows Azure SDK for .NET - November 2011 Release Notes
Windows Azure Tools / SDK 最新版ダウンロード&インストール (WebPI 経由)
Microsoft Download Center > Windows Azure SDK for .NET 1.6 (個別インストール)

MSDN Library > Windows Azure AppFabric : Release Notes for the November 2011 Release
Microsoft Download Center > Windows Azure Platform Training Kit - November Update

The Windows HPC Team Blog > Announcing the Windows Azure HPC Scheduler and HPC Pack 2008 R2 Service Pack 3 releases!
Microsoft Download Center > HPC Pack 2008 R2 Service Pack 3 
Windows HPC Server 2008 R2 SP2 リリース~ HPC による Windows Azure の利用が容易に (7/5 Post)