Devember 2011 Update 以来、Windows Azure の Node.js 対応が進められています。米国サンフランシスコで 1/24~25 (現地時間) に開催されている Node Summit にて Node.js による Windows Azure アプリケーション開発・デプロイのデモが行われました。

Windows Azure SDK for Node.js がアップデートされている他、Windows PowerShell による Node.js アプリケーションの作成とデプロイ、また Node.js パッケージ管理ツールである NPN (Windows Azure SDK for Node.js に含まれています) の利用 など、チュートリアルも追加されています。

Windows Azure SDK for Node.js インストール (by WebPI)
github > Windows Azure SDK for Node.js

Windows Azure Website (English | United States) > Node.js Developer Center
※日本語ページ (www.windowsazure.com/ja-jp/) に遷移してしまう場合は、画面左下の言語&ロケーション を "日本語 (日本)" から "English (United States)" に変更してお試しください。

また、Cloud9 IDE による Windows Azure のデプロイがサポートされ、マルチプラットフォームに対応した Node.js 開発ツールを利用して Windows Azure を活用することが容易になります。

Windows Azure Website (English | United States) > Deploying a Windows Azure App from Cloud9 

なお、オープンソースの NoSQL データベースである MongoDB への対応が、コミュニティなどの協力を得て進められていることも合わせて言及されています。

Windows Azure Team Blog > Windows Azure and Cloud9 IDE at Node Summit
Interoperability @ Microsoft > Microsoft at Node Summit

 


【2/2 追記】

こちらに Node.js on Windows Azure に関するリソースがまとまっていますのでご参考まで。

JrzyShr Dev Guy (Peter Laudati's Blog) > Get Started with Node.js + Windows Azure: Resources