富士ソフト株式会社は、電力消費量・温度 / 湿度・CO2排出量などの環境情報を可視化するソリューション「FSGreen EMS」の提供を開始しました。こちらは、富士ソフト および 日本マイクロソフト が環境情報を可視化するソリューションを提供、推進する連携の一環となっています。

環境情報の測定を行うセンサーは Windows Enbedded / .NET Micro Framework で実装されており、取得された情報は Windows Azure Platform 上に集約、さまざまな端末から情報を閲覧することが可能です。

Microsoft PressPass > 富士ソフトと日本マイクロソフトが連携し、環境情報見える化ソリューション「FSGreen(R) EMS」を提供
富士ソフト株式会社 > 環境情報見える化ソリューション FSGreen(R) EMS [ソリューション詳細]

FSGreen EMS は、株式会社益田建設の省エネルギー住宅「イデアホーム」に採用されており、居住者が自家発電量や電力消費量、室内温度などを把握・管理できるサービスが提供されています。

マイクロソフト導入事例 > 株式会社益田建設
富士ソフト マイクロソフトエンタープライズサービス ユーザ事例 > Vol.01「Windows Azure Platform」を使った「電力見える化システム」