マイクロソフトの IT 管理製品である Microsoft System Center 2012 が Microsoft Intune 次期バージョンの発表 と同じく Microsoft Management Summit 2012 (2012 年 4 月開催)にて正式リリースとなりました。

System Center 2012 は、オンプレミスのサーバーやアプリケーションに留まらず、プライベートクラウド (= オンプレミスに構築された仮想サーバーやアプリケーション) やパブリッククラウド (Windows Azure) までを対象とし、企業のITシステム全体の運営・管理をサポートするための製品ファミリーとして構成されています。クラウド活用の視点から見ると、オンプレミスとクラウドのサーバー、サービスの管理が一元的に行えること、またプライベートとパブリック、クラウドの配置先を意識せずに利用できることを実現しています。

サーバー、サービスの監視と管理を行う System Center Operations Manager (SCOM) から Windows Azure アプリケーションの監視、パフォーマンスの確認などを行うことが可能になっています。(System Center Monitoring Pack for Windows Azure Applications, System Center Monitoring Pack for SQL Azure (※CTP) が必要です)

また、System Center App Controller は、System Center Vitrual Machine Manager (SCVMM) で構成・管理している仮想環境(プライベートクラウド)と Windows Azure (パブリッククラウド) を同様に管理でき、直接アプリケーションをデプロイすることも可能です。

System Cehter 2012 評価版ダウンロード も用意されていますので、是非お試し下さい。

Microsoft System Center 2012 Web サイト

TechNet Library > System Center 2012 - Operations Manager
TechNet Library > System Center 2012 - App Controller

WPC2011 アップデート(2) : Windows Azure Marketplace アップデート、System Center App Controller (2011/07/13 Post)