株式会社ゼットエムピーと日本マイクロソフトは、次世代自動車技術の研究開発環境を提供することを発表しました。Windows Azure を活用した、自動車の車載センサー情報の収集や解析、制御を行う、ビックデータ処理の開発環境を自動車メーカーや部品メーカーなどの自動車関連企業、通信、IT関連企業等に提供します。

トヨタ自動車株式会社のプリウスをベース車両とした「RoboCar HV」では、ベース車両に搭載されたセンサーや ゼット エムピー製の車両の姿勢計測センサー「IMU-Z」、「POSITION-Z」や障害物の距離画像を取得する「RoboVision」、死角検知「OpticalFlow-Z」 による情報がインターネット経由で Windows Azure に送信、保存されます。

それらの膨大なデータは SQL Azure にデータベース化して保存され、開発者はこの情報を容易に利用してプログラム開発などを行うことが可能です。これにより、実車試験によるデータなどもリアルタイムでクラウドにて処理でき、データ解析やプログラム修正などを遠隔から行うことも可能になります。

こちらは 日本マイクロソフトの開発・検証施設である マイクロソフト イノベーションセンター に設置され、今後プリウス以外の自動車をベースとした開発環境の提供も予定されています。

Microsoft PressPass > ゼットエムピーと日本マイクロソフト、次世代自動車技術の研究開発環境を提供
株式会社ゼットエムピー > 製品情報 : 世界と結びつくクラウド・ロボカー "connected" RoboCar HV

【参考】 トヨタ自動車の次世代テレマティックスのプラットフォームとして Windows Azure 採用 (2011/04/8 Post)