立教大学と日本マイクロソフトは ビジネススキルと実践的な IT 活用を統合したビジネス基礎講座を開発、実施する教育連携協定を締結しました。

立教大学はグローバル人材の育成を目的とする「ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)」などのカリキュラムを実施しており、マイクロソフトの実務ノウハウを元に学生向け「立教型ビジネス基礎講座」を共同開発、コンテンツをeラーニング化した上でWindows Azure Platform 上で展開します。また、日本マイクロソフトにおいて「立教型インターンシップ」を実施、実際のビジネスの現場で学ぶ機会を提供します。

なお、立教大学は、合わせて日本マイクロソフトが提供する教育機関向けソフトウエアライセンス「EESプログラム」などを活用し、立教大学の全学生・教職員がマイクロソフト製品の最新版を利用できる環境が整備されます。

Microsoft PressPass > 立教大学と日本マイクロソフトが連携し、世界で活躍する人材育成に向けた「立教型ビジネス基礎講座」を共同開発

立教大学 社会情報教育研究センター > 連続公開講座のお知らせ「考える技術・伝える技術 ~立教型ビジネス基礎講座~」