クラウド、オンプレミスを問わず、より自由にハイブリッドクラウド ソリューションを設計、開発、利用いただくために Windows Azure が大きく進化することが発表されました。

Windows Azure Team Blog > Announcing New Windows Azure Services to Deliver “Hybrid Cloud”

詳細は 6/7 (現地時間 (日本時間 6/8(金) 5:00AM~)) に開催される Meet Windows Azure にて新しいサービスの紹介が行われます。 


 

Meet Windows Azure ではデモを交えて、新しい Windows Azure サービスが紹介されました。 

● IaaSとしてのクラウド利用シナリオへの対応
Windows Azure Virtual Machines (仮想マシン) / Windows Azure Virtual Network (仮想ネットワーク)

今後一層のクラウド活用が進む中で、既存のアプリケーションをクラウドに移行できる環境として、IaaS(Infrastructure as a Service)型のサービスが Windows Azure に追加されます。Windows Azure 仮想マシンは、オンプレミスとクラウド間の移動が可能な仮想マシン(VHD)をホストするサービスであり、Windows Serverはもちろん、SQL Server がプリンストールされたイメージが利用できるほか、Linuxもサポートされました。Windows Azure 仮想ネットワークは、オンプレミスのネットワークをクラウドに拡大できるように仮想プライベートネットワークを構成・管理するサービスで、IPアドレスやルーティングテーブル、セキュリティポリシーの設定管理を含む、ネットワークトポロジーをコントロールできます。

● セルフスタートでWebサイトを構築、利用開始できるサービスの提供
Windows Azure Web Sites (Web サイト)

より迅速により簡単に Windows Azure 上で Web サイトを配置、利用できる Web サイト構築サービスが提供されます。.NET, Node.js, PHP をサポートしており、WordPress / Joomla! / Drupa / Umbraco / DotNetDuke などを含む、OSS によるテンプレートが予め導入されており、数ステップで Web サイトを構築できます。データベースとしては、Windows Azure SQL データベース* に加えて MySQL が利用可能です。開発ツールとして Visual Studio の他にも Git, FTPなどもサポート、Visual Studio Team Foundation Services, Microsoft WebMatrix (WebMatrix2 RC がリリース) とも統合されています。

* これまでホステッドサービス/コンピューティングサービスと呼ばれていた機能は Windows Azure Cloud Services (クラウドサービス)、SQL Azure は Windows Azure SQL Database (SQL データベース) と名称が変更になっています。

● さらに多くの開発言語、開発環境への対応
Windows Azure Website [English|United States] > Developer Center

Windows Azure SDK June 2012 (Ver 1.7) がリリースされ、Visual Studio 2012 RC でも利用できるようになりました。.NET, Node.js, PHP の他、Python 用ライブラリが追加、Eclipse による Java 開発もサポートされています。また、Mac, Linux でも利用できる コマンドラインツールも含まれています。

● Windows Azure の各サービスを新ポータルからシンプルで分かりやすく利用可能に
Windows Azure ポータル

Windows Azure サービスは HTML5 ベースの新しいポータル (manage.windowsazure.com) から利用できるようになります。これまでの管理ポータル (windows.azure.com) からの移行、併用も可能です。仮想マシン/仮想ネットワーク、WebサイトはPreview版として、新しいポータルから利用申し込み可能です。 

● アプリケーションパフォーマンス向上のためのサービス拡充

  • Windows Azure ストレージ(テーブル、ブロブ) には冗長性のオプションが追加され、地域間レプリケーションの有無を選択可能になりました。
  • Windows Azure キャッシュの可用性が向上し、マルチテナント(=複数ロールでシェアされる) でキャッシュが利用できます。また、 Web/Worker ロール上で memcahe のプロトコル準拠のインメモリキャッシュも利用でき、memcaheによるプロトコル準拠で.NET,Java,PHP,Node.jsで利用可能です。

 

セッションで紹介されていた Partner Offer や Showcase などはこちら。

 

ScottGu's Blog > Meet the New Windows Azure

Windows Azure Team Blog > Announcing New Windows Azure Services to Deliver “Hybrid Cloud
Windows Azure Team Blog > Now Available: New Services and Enhancements to Windows Azure

MSDN Library (United States|English)> What's New in Windows Azure
Windows Azure Fact Sheet


 

【6/11 追記】

Meet Windows Azure のセッション録画が公開されましたので、見逃された方はこちらでご確認下さい。

http://www.meetwindowsazure.com/Conversations