先週 発売開始がアナウンスされた Windows Server 2012 をクラウドベースでバックアップを行う Windows Azure Online Backup がプレビュー版として公開されました。

こちら Windows Azure ストレージにバックアップを作成するもので、System Center 2012 SP1 からも利用でき、データの保護・リカバリー、モニタリングなど、オンプレミスのバックアップに適用してきた既存のワークフローをクラウドにも適用できます。なお、Windows Server 2012 Essentials からも利用が可能です。

Windows Azure Online Backup を試用するには、プレビューアカウントの申し込みが必要です。この際、Windows Azure Active Directory に紐づけられますので、Office 365 開発者アカウントなどをお持ちの場合はそちらをご利用いただけます。(お持ちでなくても 新規 Windows Azure Active Directory アカウントを作成できます。)

また、これに合わせて Windows Azure Active Directory 管理ポータル もプレビュー版公開されました。Windows Azure Online Backup はもちろん、Office 365 を含むドメインやユーザーの管理などが行えます。

windowsazure.com [en-us] > Windows Azure Online Backup (プレビュー版アカウントのお申込み)
Windows Azure Active Directory 管理ポータル

Windows Azure Team Blog >  Windows Azure Online Backup Now Supports System Center 2012 SP1
Server & Cloud Blog > Windows Azure Online Backup

 


【9/12 追記】

System Center 2012 SP1 ベータ版が公開、試用が可能になりました。

Microsoft Download Center > System Center 2012 Service Pack 1 Beta
Server & Cloud Blog > System Center 2012 SP1 Beta available - evaluate with Windows Server 2012