医療支援のための更なる IT 活用を目指し、株式会社ニチイ学館と日本マイクロソフトが提携して、経営支援 / 医療支援 / 地域支援 の 3 つの視点から医療環境支援サービスの提供 および サービスの提供に向けた協業を行います。

医療機関の保持するデータを集約、分析、活用するためのソリューションを提供する「医療支援サービス」では、まず医療機関向けグループウェア「メディクラウド」が 2012 年 12 月下旬より提供開始となります。Microsoft Office 365 および Windows Azure を基盤として、病院内外で情報を共有して患者へのサービス向上のためのソリューションを構築、情報セキュリティを確保しながら、中小規模医療機関でも導入しやすいように、初期投資や運用を低コストに抑えることが可能になりました。

また、医療従事者の業務負担を軽減する「診療支援サービス」では、 非接触画像操作システム「Opect」が 2012 年 10 月より提供開始となりました。こちら The Microsoft Conference 2012 の Keynote でも紹介されましたが、音声認識やモーションセンサーによる操作が可能となるMicrosoft Kinect を利用して、手術中に執刀医が術野を離れることなく必要な情報を閲覧できます。

Microsoft Press Pass > 医業環境支援サービスの提供に向けニチイ学館と日本マイクロソフトが業務提携