Window Azure でメッセージングサービスを提供しているWindows Azure サービスバス が Windows Server に対応、Service Bus 1.0 として正式リリースになりました。

サービスバスにはキュー、およびトピック/サブスクリプションと呼ばれる機能があり、キューはメッセージングのための領域と、選択されたプロトコルおよびAPIからのアクセスを提供します。また、トピック/サブスクリプションは、複数の同時接続サブスクライバーがパブリッシュされたメッセージストリームの一覧をフィルタ有/無で個別に取得できる、パブリッシュ/サブスクライブ機能を提供します。

Service Bus for Windows Server および Windows Azure サービスバスには互換性があり、オンプレミス、クラウド双方で利用できるアプリケーション開発が容易になります。

Windows Azure > Announcing Public Availability of Service Bus for Windows Azure Server (Service Bus 1.0)
Microsoft ダウンロードセンター > Service Bus for Windows Server (日本語)