Windows Azure SQL データベース同士や SQL Server との同期を行う SQL Data Sync、2012 年 10 月版のアップデートがあり、Windows Azure の一つのサブスクリプションに複数のリンクサーバーを作成可能になりました。

マスターとなるサーバーから世界各地域に設定したハブとなるサーバーへ同期を行い、その後各地域のハブサーバーから地域内でのサーバー同期を行う、といった設定が可能になり、データ同期のパフォーマンスの改善につながります。

Windows Azure Team Blog > Announcing the Windows Azure SQL Data Sync October Update
MSDN Library > New in this Release (SQL Data Sync)

SQL Data Sync プレビュー 2012 年 8 月版 アップデート (8/14 Post)

 

【追記】

SQL Data Sync (データ同期) は 旧ポータルの方からの操作になります。管理ポータル (https://manage.windowsazure.com) から、右上の Microsoft アカウント (旧 Windows Live ID) をクリック、表示されるメニューから [前のポータル] をクリックします。

言語の切り替えなどもこちらから操作できます。