SQL Server における データ層アプリケーションフレームワーク (DACFx : Data-Tier Application Framework) の 2012 年 11 月版アップデートが行われ、Windows Azure SQL データベース 関連の問題も修正されています。

Windows Azure SQL データベースに対して BACPAC 形式ファイルによるインポートおよびエクスポートを行う際、データベース接続がスロットリング(*)された場合にデータを損失する可能性があった問題が解決されています。また、DACFx による Windows Azure SQL データベースの利用における パフォーマンスと安定性の改善がなされています。

SQL Server Data Tools Team Blog > SQL Server Data-Tier Application Framework (November 2012) Available

DACFx を用いることによって Windows Azure SQL データベースを オンプレミス または Windows Azure 仮想マシン上のSQL Server に移行できます。Windows Azure 管理ポータルで Windows zure SQL データベースの BACPAC 形式バックアップを作成でき、SQL Server Management Studio 2012でこちらをインポートできます。 

In The Cloud Blog  >  Migrating your Windows Azure SQL Database Using Data-Tier Application Framework (DacFX) Technology

 

(*) Windows Azure SQL データベース (旧: SQL Azure) では、ある特定の作業負荷から他の作業やユーザーへの影響を避けるため、スロットリング機能によって 1 トランザクションにに許可されるリソースの量が制限されています。

MSDN ライブラリ > 接続の頻度があまり高くないアプリケーションの概要 : SQL Azure でのローカル データベース キャッシュに関する制限事項