こちらも少々アップデートが遅れましたが、Windows Azure SDK 1.8 より Web サイト配置のオプションが追加されています。

Web サイト プロジェクト (WSP)  をサポートするようになり、Web アプリケーション プロジェクト (WAP) と同じ手順で Windows Azure Web サイトに直接配置できるようになっています。

これまで WSP を配置する場合は、毎回すべてのファイルを Windows Azure 側にアップロードする必要がありましたが、Web 配置を利用して差分を検出し、変更されたファイルのみをアップデートするようになっています。なお、Visual Studio による Web サイト 発行では、直接 サーバーへ Web 配置を行う他、Web 配置用のパッケージ、FTP、ファイルシステム、FPSE による発行をサポートしています。

.NET Web Development and Tools Blog > Web Publish Updates with Windows Azure SDK 1.8

MSDN ライブラリ > Web アプリケーション プロジェクトと Web サイト プロジェクト
MSDN ライブラリ > Visual Studio の Web サイト プロジェクトの種類

 

【Visual Studio から Windows Azure への Web サイト発行手順】

発行プロファイルは Windows Azure Web サイトからダウンロードしておきます。

 ソリューションエクスプローラーから右クリックで [Web サイトの発行] を選択します。

Windows Azure に配置するためのダイアログが表示されます。ダウンロードしておいた発行プロファイルをインポートします。

各種設定が自動で読み込まれ、配置準備が完了です。