Windows Azure によるメディア配信サービスを提供する Windows Azure メディアサービスは、コンテンツのアップロード、エンコーディング、暗号化、フォーマット変更、配信、といった作業をアプリケーションとして自動化するための Windows Azure Media Services SDK が提供されており、Windows Azure Media Services .NET SDK 2.0 対応のアプリケーションサンプルも公開されました。

個人や小規模利用ではWindows Azure 管理ポータルからGUIで操作できます。Windows Azure Media Services SDKを利用することで、暗号化の種類(CENE(Common Encryption Protected: PlayReadyなど)、ストレージ暗号化)、エンコーディング形式 (Microsoft Expression Encoder と同様) などの詳細に設定、お手持ちのアプリケーションと連携するといった利用も可能です。

MSDN Code Sample > Windows Azure Media Services Getting Started Sample
MSDN Library > Getting Started with the Media Services SDK for .NET

Nuget Gallery > Windows Azure Media Services .NET SDK (Preview) 2.0.0.5


 

【12/17 追記】

Windows Azure メディアサービスによる動画配信を利用する iOS (iPhone/iPad) 用アプリを開発するための Windows Azure Media Player for iOS が GitHub で公開されています。

GitHub > Windows Azure Media Player Framework preview for iOS