ハイブリットクラウドやデバイスを含む IT システムの運用管理プラットフォームである Microsoft System Center 2012 SP1 が 2012 年 12 月に RTM となり、先行して MSDN / TechNet サブスクライバー向けに公開されていましたが、この度公開がアナウンスされました。合わせて Windows Azure Web サイト のサービスを Windows Server 上でホストできる Windows Azure services for Windows Server  のサービスもリリースとなっています。 

Windows Server および Windows Azure を軸として、社内環境 および マイクロソフトや他社のデータセンターにわたって継続性のあるプラットフォームを提供するという ”Cloud OS” と呼ばれるビジョンの元、System Center はハイブリットクラウド環境の管理を自動化などを含めて効率化・軽減できます。

Hosting Insights Blog > Microsoft and Service Providers Deliver on the Cloud OS Vision Together
Microsoft News Center > Microsoft Advances the Cloud OS With New Management Solutions
 → 日本語(抄訳)
The System Center Team Blog > System Center 2012 SP1 is Generally Available!

MSDN Library > Service Management Portal and Service Management API : Installation Guide ←インストール手順などが紹介されています

Windows Server で Windows Azure のサービスを稼働できる "Bringing Windows Azure Services to Windows Server"、ベータ版提供開始 (2012/10/10 Post)