少々出遅れましたが、Visual Studio 2013 RC (Release Candidate: リリース候補版) が公開、利用可能になっています。Windows 8.1 の正式公開と共に Visual Studio 2013 も RTM となることがアナウンスされています。

クライアントでは Windows 7 SP1, Windows 8, Windows 8.1 (MSDN / TechNet Subscription で提供されている 正式版) にインストールでき、Windows Azure SDK はVisual Studio 2013 Preview 向けの Windows Azure SDK for .NET 2.1 が利用できます。 (→Visual Studio 2013 Preview 版ダウンロード)

Visual Studio 2013 の機能強化として、XAML エディターの IntelliSense によるデータバインディング、LightSwitch による Office 365 アプリテンプレート などが挙げられているほか、Team Foundation Server 2013 との統合により、ソースコード編集履歴をコード上で閲覧できる CodeLens、開発に関する統計データを視覚的に表示する Work Item Tracking といった新機能、C++ の今後の展開や TypeScript の進化なども紹介されています。

Visual Studio Web サイト > Visual Studio 2013 ダウンロード (Visual Studio 2013 RC 詳細、ダウンロード)
Windows Azure SDK for .NET 2.1 : Visual Studio 2013 Preview 版 / Visual Studio 2012 版 / Visual Studio 2010 版

Somasegar’s blog > Announcing the Visual Studio 2013 Release Candidate