Browse by Tags

 

 

 

青い空の向こうへ

~ Cloud Computing & Windows Azure Platform あれこれ ~

  • Blog Post: Windows Azure クラウドサービス Guest OS アップデート (2014年2月度: 4.5 / 3.12 / 2.24 / 1.32)

    Windows Azure クラウドサービスは、PaaS 型サービスとして、仮想マシンのベースとなる Windows Server や各種ランタイムなどのアプリケーション稼働環境のメンテナンスは マイクロソフト側で行われています。 ほぼ月1回のペースで、セキュリティアップデートなどを含む Windows Sever の OS アップデートが行われ、”February 2014” 版のアップデートが行われています。 MSDN Library > Windows Azure Guest OS Releases and SDK Compatibility Matrix...
  • Blog Post: Windows Azure クラウドサービスに InfiniBand 採用の A8、A9 インスタンスを追加

    Windows Azure クラウドサービスに InfiniBand を備え、RDMA にも対応した A8、A9 インスタンスが追加となりました。 Windows Azure のコンピューティングサービス (クラウドサービス、仮想マシン、Web サイト、モバイルサービス) のサーバースペックは、仮想コア(CPU) やメモリ、IO リソースがセットになっています。クラウドサービスの場合は "標準インスタンス" と、標準インスタンスよりメモリが増強されている "メモリ集中型インスタンス(Memory Intensive Instances)" があります。 この度、さらにサーバースペックを強化した...
  • Blog Post: Windows Azure クラウドサービス Guest OS (Release 201312) 更新

    Windows Azure クラウドサービス の Guest OS のアップデートをしばらく失念しておりましたが、最新版が公開されて 4.3 / 3.10 / 2.22 / 1.30 となりました。自動更新ありに設定している場合は、クラウドサービスで稼働している各ロールは自動で更新が適用され、リブートされます。 Windows Azure Guest OS アップデート RSS Feed クラウドサービスの各ロール(Web ロール / Worker ロール) は Windows Server 互換のOSで稼働しており、それぞれのバージョンに対応する Windows Server と...
  • Blog Post: Visual Studio 2013 正式提供開始 &Windows Azure SDK 2.2 公開

    Windows Server 2012 R2 と同日(10/18)、Visual Studio 2013 も正式提供が開始されました。 Windows Azure 仮想マシンのイメージでも Visual Studio 2013 インストール済みのイメージ (MSDN サブスクリプションをお持ちの方向け) が利用可能になっています。 Visual Studio 2013 対応 SDK として Windows Azure SDK for .NET 2.2 が公開されました。Visual Studio 2013 Preview 対応の v2.1 からさまざまなアップデートが行われています...
  • Blog Post: Windows Server 2012 R2 提供開始、Windows Azure 仮想マシンで利用可能に&クラウドサービスに対応 Guest OS を追加

    少々遅くなりましたが、10月後半のアップデートをまとめていきます。 10/18(木) に Windows Server 2012 R2 が正式提供開始となり、Windows Azure でも各種対応がされています。 ■ Windows Azure 仮想マシンに Windows Server 2012 R2 イメージ追加 Windows Azure 仮想マシンのギャラリーに Windows Server 2012 R2 (Preview 取れました) のイメージが追加され、利用できるようになっています。同日公開された SQL Server 2014 CTP2 インストール済みイメージも追加されています...
  • Blog Post: Windows Azure Guest OS 3.7 / 2.19 / 1.27 公開

    Windows Azure クラウドサービスの Guest OS 3.7 / 2.19 / 1.27 がリリースとなっています。 Guest OS 3.4 / 2.16 / 1.24 で問題が発生していた SQL Native Client Libraries の v10 および11 が side-by-side でインストールされています。 また、 Guest OS 3.6 / 2.18 / 1.26 でのバグも修正されています。 windowsazure.com > Windows Azure Guest OS Releases and SDK Compatibility...
  • Blog Post: Windows Azure キャッシュを更新、クラウドサービス、仮想マシン、Web サイトで利用可能に

    Windows Azure キャッシュが新しくなりました。高速な分散型メモリキャッシュのサービスを提供する Windows Azure キャッシュは占有で利用でき、データをメモリ内に保有することでアプリケーションの拡張性とパフォーマンスを向上します。アプリケーションごとに Windows Azure キャッシュの占有インスタンスを作成する、または、複数のアプリケーションで一つのインスタンスを共有する、のどちらの方法でも利用できます。 現在、Windows Azure キャッシュ はクラウドサービス、仮想マシン (Windows/Linux)、Web サイトで利用でき、モバイルサービスの対応も予定されています...
  • Blog Post: Windows Azure 管理ポータルから自動スケールの設定、監視項目やアラートを指定可能

    Windows Azure Web サイト、クラウドサービス、モバイルサービス、仮想マシン には、サーバー負荷に合わせて自動でサーバーインスタンス数を増減する「自動スケール」の機能が備わっており、 先日の機能強化 の一つとして Windows Azure 管理ポータルから設定できるようになっています。 自動スケールは、日中と夜間といった時間帯で切り分けて設定を行うことができ、CPU負荷の閾値、またはアクセスされるキューの数によって、インスタンス数を増減させることができます。 サーバー監視機能により自動スケールされたログが確認できるほか、閾値を超えた場合にアラートを送信することも可能です...
  • Blog Post: Windows Azure July 2013 Update : SQL データベースの自動バックアップ, Premium for SQL Database プレビュー開始 Traffic Manager, モバイルサービスの自動スケール機能, 仮想マシン作成ダイアログ改善

    Windows Azure の 2013 年 7 月 版アップデートとして、SQL データベースのストレージへの自動バックアップなど、いくつかの機能強化が行われました。   SQL データベースのストレージへの自動バックアップ機能 SQL データベースの ストレージへの自動エクスポート機能が追加されました。 バックアップのタイミングは1日単位で設定でき、BACPAC 形式でバックアップファイルとしてストレージに保存され、指定した期間保管されます。 もちろん自動保存されたバックアップから SQLデータベースを作成することもでき、SQL データベースの作成メニューにも インポート機能が追加されています...
  • Blog Post: Windows Azure Guest OS 3.3, 2.15, 1.23 公開

    Windows Azure クラウドサービスの Guset OS がアップデートされました。最新版は Guest OS 3.3 (Windows Server 2012 互換)、Guest OS 2.15 (Windows Server 2008 R2 互換)、Guest OS 1.23 (Windows Server 2008 SP2 互換) となります。 なお、 先日発表され 2013 年 6 月より適用されている ライフサイクルポリシー により、Guest OS Family 1 (1.x, Windows Server 2008 SP2 互換) はリタイアとなります。2014 年...
  • Blog Post: Build 2013 アップデート(2): Windows Azure Web サイト&モバイルサービス正式提供、自動スケールを設定可能に

    Build 2013 の Day 2 Keynote にて Windows Azure 関連のアップデートが発表されました。 Windows Azure Web サイト、モバイルサービスを正式提供開始 これまでプレビュー版として公開されていた Windows Azure Web サイト および Windows Azure モバイルサービス が正式リリースとなりました。 Windows Azure モバイルサービス Windows Azure モバイルサービスは、 先日発表された カスタム API などに加え、Windows 8.1 向け Windows ストアアプリにも対応しており...
  • Blog Post: TechEd 2013 North America アップデート (1): Windows Azure 価格体系見直しを発表 ~ 停止インスタンスを無償化、分単位課金、MSDN サブスクリプション利用者への特典強化

    米国ニューオリンズで6/3~6(現地時間)の日程で開催されている開発者向けカンファレンスである TechEd 2013 North America で Windows Azure に関する各種アナウンスが行われました。まずは、開発から運用まで Windows Azure をより柔軟に利用できるための価格体系の見直しが行われています。 停止インスタンスの無料化 Windows Azure 仮想マシンを利用する際、インスタンス (仮想マシン) を配置した際に、インスタンスが「停止」状態になっていても課金対象となっていましたが、このたび課金なしに変更になります。これにより、利用していない夜間にインスタンスを停止...
  • Blog Post: Windows Azure クラウドサービス Guest OS のライフルサイクルポリシーを 2013 年 6 月より適用

    2013 年 6 月より、Windows Azure クラウドサービス ゲストOS の  ライフサイクルポリシー が適用されます。 ゲスト OS ファミリー : Guest OS 3.x (Windows Server 2012 互換) などベースとなる OS の種類 少なくとも最新の 2 つの ゲスト OS ファミリーをサポート サポートを終了する場合は 12 か月前に通知 ゲスト OS バージョン : Guest OS 3.2 (リリース 201302-03) などパッチのバージョン 最新のゲストOSバージョンをサポート ...
  • Blog Post: Windows Azure クラウドサービス VM ロール終了

    Windows Azure サブスクリプションの管理者宛てにメールが送られているかと思いますが、プレビュー版として提供されていた Windows Azure クラウドサービス の VM ロール が 2013 年 5 月 15 日 で終了となります。クラウドサービス の VM ロール をご利用の場合は、Windows Azure 仮想マシンへの移行をお願い致します。 ご利用中の クラウドサービス VM ロール は 5/15 以降は停止、5/31 以降全ての VM ロール が削除されます。 MSDN Library > Moving from VM Role to Windows...
  • Blog Post: Windows Azure SDK for .NET 2.0 公開

    GW の狭間のリリースですっかり遅くなりましたが改めて。 Windows Azure 用のアプリケーション開発キットである Windows Azure SDK for .NET の最新版 v2.0 が公開され、Windows Azure Webサイト、クラウドサービス、ストレージ、サービスバス、PowerShell などで、開発をサポートする機能強化が行われています。 ■ Windows Azure Web サイト : Visual Studio からの発行プロセスの簡素化、サーバーエクスプローラーによる管理、診断ログ Visual Studioで開発した Web サイトを Windows...
  • Blog Post: Windows Azure 仮想ネットワーク の機能追加 ~ Point-to-Site 接続、ソフトウエア VPN 接続を可能に

    先日 GA (正式公開) になった Windows Azure 仮想ネットワーク の機能追加がアナウンスされました。 これまでに提供されている Windows Azure に構成した仮想ネットワークと社内ネットワークの VPN 接続は Site-to-Site VPN (サイト間接続) と呼ばれ、社内ネットワーク側では固定 IP アドレスを持つ VPN 機器 (ハードウエア) で接続する必要がありました。今回、Point-to-Site VPN (ポイント対サイト接続) と呼ばれる SSTP を使用した個別デバイスからの接続が可能になりました。(こちらはプレビュー機能としての公開です。)...
  • Blog Post: Django が Windows Azure Web サイトのギャラリーに追加

    Python の Web アプリケーションフレームワークである Django が Window Azure Web サイト のギャラリーに追加されました。Windows Azure Web サイトのギャラリーテンプレートで Django を選択でき、Web サイト側にパッケージがインストールされた形で、すぐに利用できます。 Windows Azure クラウドサービス で Python / Django を利用する場合は、Windows Azure 用ライブラリやコマンドラインツール、PowerShell、エミュレーターが含まれた Windows Azure SDK for Python...
  • Blog Post: Windows Azure Web サイト&クラウドサービスのモニタリング、監視機能強化

    Windows Azure Active Directory / BackUp のアナウンスと共に、Web サイト / クラウドサービス / ストレージ / 仮想マシン / メディアサービス / HDInsight でも機能強化が行われています。 Windows Azure のモニタリングおよび監視機能が強化され、Windows Azure Web サイトではログファイルをリアルタイムに監視できるように、コマンドラインツールにモニタリングを強化するコマンドが追加されました。トレーシングのon/off 切替やトレースやログ情報の保存といった機能の他、Windows Azure コマンドラインツール...
  • Blog Post: Windows Azure 管理ポータルのアップデート: エンドポイント監視機能、サービスバス設定、ストレージ操作

    Windows Azure モバイルサービスの Android 対応 や Windows Azure Active Directory の機能強化 と合わせて、 Windows Azure 管理ポータル がアップデートされています。 ■ エンドポイント監視機能 (Windows Azure クラウドサービス、仮想マシン、Web サイト(占有モード) ) こちらは 最大 3 か所のサブ地域から エンドポイントに対して HTTP/HTTPS による監視テストを行うもので Windows Azure クラウドサービス、仮想マシン、Web サイト(占有モード) でプレビュー機能として利用できます...
  • Blog Post: Windows Azure PowerShell v0.6.10 公開、デバックモードを追加

    Windows Azure Powershell がアップデートされ、バージョン 0.6.10 として公開されました。ベースは Windows Powershell 3.0 となりました。 追加機能としては、デバッグモードが追加され、Request と Reponse をコンソール上で確認できるようになりました。また、クラウドサービス、仮想マシン用 cmdlets のソースコードのリリース、クラウドサービス用の cmdlets の追加 (Web/Worker ロールの追加など) 等が行われています。 なお、2012 年 11 月版 (v0.6.9) の Windows Azure SQL...
  • Blog Post: Windows Azure Plugin for Eclipse with Java v1.8.1 公開

    Windows Azure クラウドサービスにデプロイできる Java アプリケーションの開発をサポートする Windows Azure Plugin for Eclipse with Java の最新版、2013 年 2月版 CTP (v1.8.1) が公開されました。こちら 2012 年 11 月版 のアップデートになります。 機能追加として、インストールに含める必要のある JDK やアプリケーションサーバー、コンポーネント類を Windows Azure ブロブストレージ にアップロードしておき、そちらを指定して直接デプロイすることが可能になりました。また、Windows Azure...
  • Blog Post: Windows Azure Guest OS の更新 : 3.2, 2.14,1.22 を公開

    Windows Azure クラウドサービスのベースとなる OS である Guest OS の最新バージョンが公開されました。 Windows Server 2012 ベース (3.x) は 3.2、Windows Server 2008 R2 ベース (2.x) は 2.14、Windows Server 2008 SP2 ベース (1.x) は 1.22 が最新バージョンになります。OS のバージョン設定が [自動] に設定されている場合は、Windows Azure 側で自動で最新バージョンにアップデートされます。 クラウドサービスの OS (オペレーションシステム) の設定は...
  • Blog Post: Windows Azure の最新技術情報やチュートリアルを Channel 9 で配信中

    これまでもさまざまなオンラインセッションやイベントでの Windows Azure 情報をオンデマンドストリーミングで公開している Channel 9 ですが、Windows Azure のページがリニューアルし、Windows Azure の概要や新機能、Step by Step のチュートリアルなどがサービス別にご覧いただけるようになっています。Windows Azure Training Kit のハンズオンを始める前に、どのような機能が作成できるのか予習するといった使い方も可能です。(英語ですが、デモ中心なので分かりやすいかと思います。) チュートリアルページは、下記のようにサービス別に掲載されています...
  • Blog Post: 各種モバイルにプッシュ通知を送信できるWindows Azure の新サービス、通知ハブ がプレビュー公開

    昨日の Windows Azure メディアサービス のリリース と共に、通知ハブ (Notification Hubs) と呼ばれる新しい機能がアナウンスされました。(こちらはプレビュー版ですが...。) 通知ハブ は、各種デバイスにプッシュ通知メッセージを送ることができるサービスで、各種デバイスに対応、メッセージ送信サービスをAPI経由で容易に利用できます。 こちらは遅延を抑えて何万ものデバイスにプッシュ通知を行えるように設計されており、自分でルーティングのインフラ構築を行うことなく Pub/Sub モデルで通知を行うことができます。 現在 Windows 8 および iOS 向けアプリケーション...
  • Blog Post: Windows Azure クラウドサービス、古いバージョンの Guest OS がサポート終了

    Windows Azure クラウドサービス (ホステッドサービス) で古いバージョンの Guest OS が 2012 年 10 月にサポート終了となります。 Windows Server 2008 R2 対応 Guest OS 2.9 (Release 201112-02) および Windows Azure Guest OS 1.17 (Release 201112-02) より古いバージョンが利用できなくなります。 Windows Azure 仮想マシン、VM ロールのご利用には影響ありません。また、Guest OS を最新バージョンに自動アップデートする設定にされている場合...
Page 1 of 1 (25 items)