Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers
Posts
  • Japan Dynamics CRM Team Blog

    CRM データベースチューニング - インデックスはつけるべき? パート 1

    • 0 Comments
    みなさん、こんにちは。 東京は最近すっかり寒いのですが、いかがお過ごしでしょうか?春が待ち遠しい今日この頃です。さて、今日は パフォーマンスチューニングに関して、データベースのインデックスを取り上げます。全 4 回の予定です。 第 1 回は、インデックスとは何かを簡単におさらいします。 インデックスとは? すでにご存知の方も多いと思いますが、今回は簡単にインデックスの話をします。インデックスは、各テーブルに対して 作成するもので、テーブルに格納されている情報の一部分を抜き出したものです...
  • Japan Dynamics CRM Team Blog

    CRM データベースチューニング - インデックスはつけるべき? パート 2

    • 0 Comments
    みなさん、こんにちは。 今週は、東京でまた雪が降りましたね。寒すぎて、桜がどうなるか既に心配です。今回は、前回に引き続きインデックスの パート 2 ということで、インデックスの良い面と悪い面を紹介したいと思います。では早速。 インデックスの良い面 インデックスは、特定のレコードを検索するために活用できます。よって select 処理はもちろん、特定の行を更新する update 処理や、特定の行を削除する delete でもその効果を発揮します。また、複数のテーブルを結合する Join...
  • Japan Dynamics CRM Team Blog

    CRM データベースチューニング - インデックスはつけるべき? パート 3

    • 0 Comments
    みなさん、こんにちは。 さて 3 回目となる今回は、どの列をインデックスに含めれば良いかということを考えたいと思います。 クラスタ化インデックス Dynamics CRM では、クラスタ化インデックスは既定で作成されます。基本的には列を一意に特定でき、かつ更新が 極力ない列、または、そのような列の組み合わせをクラスタ化インデックスにすると良いとされています。そのような列が テーブルに無い場合は、guid 列を作成してクラスタ化インデックスにすると良いでしょう。並べ替えが発生しないように...
  • Japan Dynamics CRM Team Blog

    CRM データベースチューニング - インデックスはつけるべき? パート 4

    • 0 Comments
    みなさん、こんにちは。私は今トレーニングでシアトルに来ています。日本は寒いでしょうか?こちらも結構寒いです。 マリナーズの試合がある時期なら MLB を見たかったのですが、まだ開幕していないので今回は見れそうにありません。 前置きはこれくらいにしておいて。 さて、パート 4 の今回は、実際に Dynamics にクエリを投げた結果をもとに、クエリチューニングをしたいと思います。 [前提] 今回は取引先担当者を使って検証をして見ます。まずは SDK を利用して、1万件の取引先担当者を作成します...
Page 1 of 1 (4 items)

March, 2010