Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

サイトマップのカスタマイズ

サイトマップのカスタマイズ

Rate This
  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

今回は CRM のサイトマップカスタマイズ方法をご紹介します。

CRM のユーザー インターフェイスのカスタマイズ方法としてサイトマップがあります。

サイトマップは、customizations.xml ファイル内の <SiteMap> 要素下にあり、Web クライアントのナビゲーション ウィンドウと Microsoft Office Outlook 用 CRM に表示される領域を定義しています。このサイトマップを編集することにより、CRM メニューの変更や並べ替えなどができます。

customizations.xml ファイル内の <SiteMap> タグ下は手動でカスタマイズすることがサポートされています。          

詳細は以下のサイトにあります。

タイトル : Support for Editing the Customization File
URL : http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc906232.aspx

 

それでは、サイトマップについて以下の項目に分けて説明します。

1. サイトマップにより編集可能な箇所
2. サイトマップのエクスポートとインポート方法
3. サイトマップの編集例 (XML サンプルコード)

各詳細は以下になります。

1. サイトマップにより編集可能な箇所

CRM 画面において、サイトマップにより変更可能各領域は以下になります。CRM のアプリケーション領域とアプリケーション メニュー ツール バー下の [移動] 下のメニューの変更、またアプリケーション ナビゲーション ウィンドウに表示されているメニューの変更や並べ替えなどができます。

2. サイトマップのエクスポートとインポート方法

まずは、サイトマップをエクスポートして、エクスポートした XML を編集後、インポートしてカスタマイズを適用する流れになります。
実際の編集方法については後述の [3 サイトマップの編集例] にてご紹介しますので、このセクションではサイトマップのエクスポートと編集後のファイルのインポート手順をご案内します。

サイトマップのエクスポート

a. CRM を開き、[設定] - [カスタマイズ] - [カスタマイズのエクスポート] をクリックします。

 b. [カスタマイズのエクスポート] 画面において、[サイトマップ] を選択して、[選択したカスタマイズのエクスポート] をクリックして、ファイルをエクスポートします。

サイトマップの編集

c. 保存した customization.zip を解凍します。
d. customizations フォルダ内にある customizations.xml をメモ帳などで開きます。
e. customizations.xml  を編集します。
サンプルコードについては、後述の [3 サイトマップの編集例] をご参考ください。
f. 編集後の customizations.xml ファイルを UTF-8 で保存します。

サイトマップのインポート

g. CRM 画面にて、[設定] - [カスタマイズ] - [カスタマイズのインポート] をクリックしてファイルをインポートします。

h. カスタマイズファイルが正常にインポートされたら、[F5] キーにてブラウザを更新して、編集したサイトマップが反映されているかをご確認ください。


3. サイトマップの編集例

ここでは、サイトマップの編集するサンプルコードをご紹介します。サイトマップの編集時は、必ずバックアップを取得してください。

アプリケーション領域の編集例
a. [ワークプレース] メニューの削除方法
b. [営業] メニューの名前の変更方法

アプリケーション ナビゲーション ウィンドウの編集例
c. [ワークプレース] 下にカテゴリ作成方法

各詳細は以下になります。

 a. [ワークプレース] メニューの削除方法

また、上記メニューと連動して、アプリケーション メニュー ツール バー下のメニューも変更されます。

 以下の [ワークプレース] メニューの定義が記載されている Area タグ部分をコメントアウトすることにより、[ワークプレース] メニューが削除されます。

--- コメントアウトする XML コード ここから ---
<Area Id="Workplace" ResourceId="Area_Workplace" ShowGroups="true" Icon="/_imgs/workplace_24x24.gif" DescriptionResourceId="Workplace_Description">
<Group Id="MyWork" ResourceId="Group_MyWork" DescriptionResourceId="My_Work_Description">

          … 途中の SubArea を定義している箇所はお客様のカスタマイズ環境に依存するため省略します…

</Area>
--- コメントアウトする XML コード ここまで ---

b. [営業] メニューの名前の変更方法

 

[営業] のメニュー名を [営業1] と変更するには、以下のように XMLを編集します。編集後のTitle タグの値が変更後のメニュー名になります。

--- 編集前の customization.xml ここから---
<Area Id="SFA" ResourceId="Area_Sales" Icon="/_imgs/sales_24x24.gif" DescriptionResourceId="Sales_Description"><Group Id="SFA">
--- 編集前の customization.xml ここまで---


--- 編集後の customization.xml ここから---
<Area Id="SFA" ResourceId="Area_Sales" Icon="/_imgs/sales_24x24.gif" DescriptionResourceId="Sales_Description">
<Titles><Title LCID="1041" Title="営業 1"/></Titles><Group Id="SFA">
--- 編集後の customization.xml ここまで---

 c. [ワークプレース] 下にカテゴリ作成方法

--- 挿入する XML コードここから ---
<Group Id="Cust_Group" IsProfile="true">
 <Titles><Title LCID="1041" Title="カスタム グループ"/></Titles>
 <Descriptions><Description LCID="1041" Description="カスタム グループ 説明"/></Descriptions>
                … <サブエリア定義コードがここに入ります> …
</Group>
--- 挿入する XML コードここまで ---

サイトマップをインポート後、以下の手順にて、[ツール] – [オプション] をクリックします。

 

[個人用オプションの設定] 画面にて、[ワークプレース] タブに移動して、定義したグループにチェックを入れます。

 

サイト マップのエクスポートとインポートにより、開発環境と運用環境の間でカスタマイズの内容を移動することなどもできますので、是非ご活用ください!

- Dynamics CRM サポート  矢野 時枝

[情報元]
タイトル : SiteMap XML Reference
URL : http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc150883.aspx

タイトル : Change Label Text in the Navigation Pane
URL : http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc468413.aspx

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 8 and 7 and type the answer here:
  • Post