Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Microsoft Dynamics CRM アップグレード シナリオ

Microsoft Dynamics CRM アップグレード シナリオ

  • Comments 0

こんにちは。
先週 Microsoft Dynamics CRM 2011 Beta 版 (登録は www.crm2011beta.com へ!) のリリースをご案内しましたが、それに伴いアップグレードに関するご質問も増えて参りました。
マイクロソフトでは、円滑にバージョン間のアップグレードが進められるように準備を進めており、設置型と CRM Online のそれぞれにアップグレード パスを用意しています。

アップグレード パスの紹介にあたり、よく使用する頭字語をご紹介します。

  • Release To Web (RTW) : CRM Online の製品版 (production) リリースです。
  • Release To Manufacturing (RTM) : CRM 設置型 の製品版 (production) リリースです。

Beta 版は、製品版 (production) としての使用目的とは異なりますので注意してくださいね。

Beta 版をお試しいただいている皆さんに、まず考慮していただきたい点は、Beta 版は製品版として本番環境で使用される製品ではないという点です。
Beta 版は製品サポートからサポートが提供される製品版とは異なり、Beta 版使用時に発生する問題をサポート リクエストを作成して製品サポートにお問い合わせいただくことはできません。
ご心配なく! Beta 版に関する問題は、Beta 版用の問い合わせ先として Microsoft Forums を準備しています。

Beta 版は、製品版 Dynamics CRM 2011 がリリースされる前に製品を試用し、導入を予定している企業、部門での有効度を確認し、かつ製品のコンセプトやデザインを理解することに役立てることができる大変有意義な環境です。
Beta 版で構成やカスタマイズを始めた方には、次のようなバージョン間のアップグレード パスが用意されています。
Dynamics CRM 2011 Beta 版に関心をお持ち方に、いくつかの主要なシナリオをご紹介します。

  • CRM Online Beta 版から CRM Online RTW へのアップグレード
    CRM Online Beta 版をご利用いただき、引き続き製品版 Online 環境への利用をご希望の場合は、アップグレードが可能です。サポート対象カスタマイズは、すべて Beta 版から RTW にアップグレードすることができる予定です。
  • Dynamics CRM 2011 Beta 版から Dynamics CRM 2011 Release Candidate、その後 Dynamics CRM 2011 RTM へのアップグレード
    アップグレード機能は、設置型環境製品版に含まれる予定ですが、Beta 版サポート (Microsoft Forums) から提供されるサポートには制限があります。

アップグレード プロセスは、製品版から製品版アップグレードの場合は完全にサポートされます。CRM 4.0 (設置型、および Online) から同じ展開型 Dynamics CRM 2011 へのアップグレードは完全にサポートされますのでご安心ください。
現在 CRM 4.0 をご利用の方で、Dynamics CRM 2011 へのアップグレードを検討されている場合は、次にアップグレード可能なシナリオをいくつか記載しました。
Beta 版が提供されている間、Beta 版に対しては Microsoft Forums でベスト エフォート サポートが提供されますが、技術的な解決策は、後続のバージョンでリリースされる場合もあります。
(例. CRM 4.0 設置型を Dynamics CRM 2011 Beta 版にアップグレードしようとして発生した問題は、Release Candidate、または RTM まで解決されない場合があります。)

  • CRM Online (4.0) から CRM Online Beta (2011)  へのアップグレード
    このアップグレード パスは用意されていません。
  • CRM Online (4.0) から CRM Online RTW (2011)  へのアップグレード
    このアップグレード パスはサポート対象であり、Dynamics CRM 2011 が RTW 後すぐにお客様に提供される予定です。お客様は、スケジュール ツールを使用してアップグレード日程をスケジュールすることができ、1年間アップグレード期間が設けられる予定です。これにより、アップグレード周期をビジネス周期と調整し、新バージョンに対するトレーニングやアップグレード準備を進める期間を計画することができます。
  • CRM 4.0 設置型から Dynamics CRM 2011 Beta、および Release Candidate へのアップグレード
    アップグレード機能は製品版で提供され、Beta 版サポート (Microsoft Forums) では一部サポートのみが提供されます。設置型環境の場合、Dynamics CRM 2011 では 64 ビット ハードウェア、64 ビット ソフトウェア (Windows Server 2008/2008R2, および SQL Server 2008/2008R2) が必須ですので、インフラ要件をご確認ください。
  • CRM 4.0  設置型から Dynamics CRM 2011 RTM へのアップグレード
    アップグレードは製品版に対して提供され、通常の製品サポートをご利用いただくことができます。

Microsoft Dynamics CRM 2011 は、現行の CRM 4.0 からのアップグレードとして有益な製品であるばかりでなく、今日ご紹介したシナリオで皆様のアップグレードの負担を軽減し、新しいバージョンの製品導入ご検討のお手伝いをしてまいります。 是非ご検討ください。

情報元 : Microsoft Dynamics CRM Upgrade Scenarios
http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2010/09/10/microsoft-dynamics-crm-upgrade-scenarios.aspx

- Dynamics CRM サポート 斎藤 さち江

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 6 and 2 and type the answer here:
  • Post