Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical infromation for partners and customers

Dynamics CRM 2011 グラフ機能

Dynamics CRM 2011 グラフ機能

  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

今回は Dynamics CRM 2011 新機能の 1 つ、グラフに関する機能を紹介したいと思います。
グラフはエンティティデータの一覧を表示する画面で使えるほか、以前紹介したダッシュボードでも
利用可能です。

グラフ機能とは

グラフは .NET Framework 4.0 の Chart コントロールを活用しています。グラフは複数の
箇所に表示が可能で、またデータ連動、ドリルダウン等の機能を提供します。

グラフの表示場所

グラフは複数個所に表示が可能です。以下に具体例を見ていきます。

グリッド上のグラフ

1. Internet Explorer より Dynamics CRM 2011 に接続します。
オンラインでも設置型でも機能しますので、どちらでも結構です。

2. 任意のエンティティのグリッド(レコードの一覧画面)を開きます。ここでは活動を開いています。

image

3. 画面右端に見えている、「グラフを表示するには、、、」 の箇所をクリックします。

4. グラフが表示されます。「月別活動」 の横にある下三角をクリックすれば、
登録されているグラフが出ますので、任意のグラフを開いてください。

image image

以上のように、グリッドにグラフが表示可能です。

フォーム上のグラフ

グラフはフォームのサブグリッド上にも表示が可能です。試してみましょう。

1. 設定 | カスタマイズ | システムのカスタマイズを開きます。

2. エンティティ | 取引先企業 | フォーム からメイン用のフォームを開きます。

3. フォームエディターが起動しますので、挿入タブをクリックします。

4. 1 列のセクションをクリックします。全般タブ一番下にセクションができます。

image

5. 作成されたセクションを選択した状態で、サブグリッドボタンをクリックします。

6. 以下のように設定します。他の箇所は既定のままで、OK をクリックします。

image

image

7. 保存をクリックしてから、公開をクリックします。

8. 関連したレコードがないと意味がないので、ワークプレース | 活動に移動します。

9. 適当に活動を数個選択した状態で、リボンより関連を設定ボタンをクリックします。
関連は複数のレコードに対して一括で設定が可能です。

10. 任意の取引先企業を選択して関連付けます。ここではストアー(サンプル) にしました。

image

11. ワークプレース | 取引先企業へ移動し、関連付けたレコードを開きます。

12. フォーム上にサブグリッドがあることを確認して、グリッドをクリックします。
するとリボンが以下のように変化します。

image

13. グラフウィンドウボタンをクリックして、右をクリックします。

14. サブグリッド上にグラフが表示されます。またグラフの種類も選択可能です。

image

上記のように、フォーム上にもグラフが表示可能です。またサブグリッドのプロパティより、
既定のグラフを変更したり、グラフのみを表示する設定も可能ですので、是非試してください。

ダッシュボード上のグラフ

Dynamics CRM 2011 では既定の画面がダッシュボードですから、ご覧になったことが
あると思います。上位のフォームと同じ概念で、ダッシュボード上にもグラフが配置可能です。

グラフの機能

では次に、グラフの機能を見ていきましょう。

データ連動

グラフは現在選択されているビューと連動しています。これは、グリッド上に表示されている
レコードとだけ連動しているのではなく、ビューの定義と連動しているという意味です。例えば、
活動が 50 件以上ある場合には、グリッド上には既定で 50 件までしか表示されませんが、
グラフには、全件数が反映されます。

以下がレコードが 50 件以上ある活動とグラフの例です。グリッドは既定で 50 件しか
表示しませんし、5000 件を超えるとグリッド上の総数は 5000+ と表記されますが、
グラフでは実際の数の 5643 が予定として表示されます。

image

逆に、グリッドに表示されるレコードもグラフと連動します。例えば活動の「種類と重要度別活動」
グラフで電話のところをクリックすると、以下のようにレコードも電話だけに絞り込まれます。

image

ドリルダウン

現在表示されているグラフから、より詳細にドリルダウンすることが可能です。以下に具体例を
あげたいと思います。

1. ワークプレース | 活動 へ移動して、月別活動のグラフを表示します。

image

2. ここから種類別にドリルダウンしてみたいと思います。24 と数字の出ているところを
クリックします。すると以下のような画面に変わります。

image

3. フィールドの選択より、活動の種類を、グラフの種類より棒グラフを選択します。

image

4. 右下の矢印をクリックします。するとドリルダウンしたグラフが表示されます。

image

5. 次にタスクの重要度別にドリルダウンします。タスクのグラフをクリックして
以下のように設定を行います。

image

6. 矢印をクリックすると以下のようなグラフが表示されます。

image

7. 一つ前のグラフに戻りたい場合は、画面左下の矢印マークを、一番初めの
画面に戻りたい場合には、同じく画面左下のホームマークをクリックします。

ダッシュボード上グラフの機能

ダッシュボード上にあるグラフに関しては、追加の機能があります。

- グラフの更新
- データの元になっているグリッドの表示
- グラフの拡大

ダッシュボード上のグラフをクリックするとグラフの周りが青線で囲まれ、
選択された状態となります。その際に画面右上に小さなアイコンが出ますが
このアイコンがそれぞれの機能にリンクしています。左から更新、元データの
表示、および拡大です。

image

もちろんグラフの中にあるデータをクリックすることでドリルダウンも行えます。

まとめ

グラフは Dynamics CRM 2011 で追加された機能で、簡単なレポートであれば
レポーティングサービスを必要とせず、また Dynamics の画面上に直接表示できる
メリットがあります。

ドリルダウンも専用の子グラフを用意する必要がなく、動的に行うことが可能です。
なかなか優れものではないでしょうか。

次回はカスタムグラフの作成を紹介します。

- Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 2 and 5 and type the answer here:
  • Post