Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Dynamics CRM 2011 用 OrgDBOrgSettings ツールの案内

Dynamics CRM 2011 用 OrgDBOrgSettings ツールの案内

  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM サーバーの設定変更に利用できる
ツールを紹介します。

OrgDBOrgSettings ツール

Microsoft Dynamics CRM で設定を変更する場合、いくつかの設定は
画面から行う事ができません。設置型の場合はレジストリを変更したり
PowerShell を利用してデータベースの値を変更できる設定もありますが、
オンライン環境ではそれらの変更もできませんでした。

OrgDBOrgSettings ツールを利用すると、オンラインの組織に対しても
一部の設定が変更可能となります。以下の技術情報に詳細がありますが
英語のみ公開されているため、こちらの記事で重要な部分を日本語にて
紹介します。もちろん設置型でも利用可能です。

技術情報
OrgDBOrgSettings Tool for Microsoft Dynamics CRM 2011
http://support.microsoft.com/kb/2691237

OrgDBOrgSettings ツールの入手方法

OrgDBOrgSettings ツールは、最新の Update Rollup と同時に公開
されます。2012 年 3 月 28 日現在、最新の Update Rollup は以下の
URL で公開されています。

http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=29221

こちらのページにある、CRM2011-Tools-KB2600643-ENU-amd64.exe を
ダウンロードしてください。

OrgDBOrgSettings ツールの利用方法

1. ダウンロードした CRM2011-Tools-KB2600643-ENU-amd64.exe を
実行して、任意のフォルダに展開します。

2. 解凍したフォルダにある config ファイルを、技術情報を参考に
編集します。環境によって編集内容が異なるのでご注意ください。

参考までに、こちらで利用した Microsoft Dynamics CRM オンラインに
対する設定を提示します。既定から変更したところはハイライトしています。
それぞれの情報は、Dynamisc CRM から 設定 | カスタマイズ |
開発者リソースで確認できます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
    <configSections>
        <sectionGroup name="applicationSettings" type="System.Configuration.ApplicationSettingsGroup, System, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" >
            <section name="OrgDBOrgSettingsTool.Properties.Settings" type="System.Configuration.ClientSettingsSection, System, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089" requirePermission="false" />
        </sectionGroup>
    </configSections>
    <applicationSettings>
        <OrgDBOrgSettingsTool.Properties.Settings>
            <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_CrmService_CrmService" serializeAs="String">
              <!--- Please change CrmServer to your Crm Server Name -->
                <value>http://CrmServer/MSCrmServices/2007/CrmService.asmx</value>
            </setting>
            <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_CrmDiscoveryService_CrmDiscoveryService"
                serializeAs="String">
              <!--- Please change CrmServer to your Crm Server Name -->
                <value>https://dev.crm5.dynamics.com/XrmServices/2011/Discovery.svc</value>
            </setting>
            <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_SKU" serializeAs="String">
              <!--- Possible values here are Online/SPLA/OnPrem -->
                <value>Online</value>
            </setting>
            <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_UserName" serializeAs="String">
              <!--- Please change the value below to your email Id/User Name for Online / SPLA -->
                <value>!!ここには利用する Live ID を入れました。!!</value>
            </setting>
          <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_Domain" serializeAs="String">
            <value>crmdom</value>
          </setting>
          <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_OrgServiceUri" serializeAs="String">
            <value>https://crm5orgac389.api.crm5.dynamics.com/XRMServices/2011/Organization.svc</value>
          </setting>
          <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_RegistrationEndPointUri" serializeAs="String">
            <value>https://login.live.com/ppsecure/DeviceAddCredential.srf</value>
          </setting>
            <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_Partner" serializeAs="String">
              <!--- This is applicable only for Online -->
                <value>Crm.Dynamics.com</value>
            </setting>
            <setting name="OrgDBOrgSettingsTool_Environment" serializeAs="String">
              <!--- This is applicable only for Online -->
                <value>INT</value>
            </setting>
        </OrgDBOrgSettingsTool.Properties.Settings>
    </applicationSettings>
</configuration>

3. 変更を保存します。

4. コマンドプロンプトで解凍フォルダに移動します。今回のテストでは
C ドライブ直下にツールを配置しました。

> cd c:\OrgDbOrgSettingsTool

5. 現在の設定を確認する場合、以下のコマンドを実行します。
/u  には開発者リソースより確認できる、組織独自の名前を指定します。

Microsoft.Crm.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe Retrieve /u ac389dd2c3414f938934d98d7816049e

6. 任意の設定を変更するには、以下のコマンドを実行します。
ここの例では SkipGettingRecordCountForPaging を True に
変更しています。(実際は改行を入れないでください。)

Microsoft.Crm.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe Update /u ac389dd2c3414f938934d98d7816049e
SkipGettingRecordCountForPaging True

変更できる設定

現時点で変更できる設定は、以下の通りです。

DisableSmartMatching
Default Value – False

AutoCreateContactOnPromote
Default Value – True

BackgroundSendBatchFile
Default Value – 10

DisableInactiveRecordFilterForMailMerge
Default Value – False

LookupNameMatchesDuringImport
Default Value – False

EnableRetrieveMultipleOptimization
Default Value – 1

DoNotIgnoreInternalEmailToQueues
Default Value – False

SkipSuffixOnKBArticles
Default Value – False

SkipGettingRecordCountForPaging
Default Value – False

SkipGettingRecordCountForPaging 設定

次回以降、各種設定を解説しますが、今回の記事では、コマンド例にあげた
SkipGettingRecordCountForPaging 設定を紹介します。

こちらの設定を変更することで、エンティティのグリッドを表示する際、全部で
何件あるかという情報を表示しなくなります。(最大 5000 件までカウント)

設定が False の場合 (既定)
image

設定が True の場合
image

既定の設定の場合には、実際のレコードを取得するクエリに加えて、合計件数
を取得するためのクエリを発行しています。パフォーマンスの観点から、合計
数の表示が不要な場合は、こちらの機能を利用しないほうが良いことになり、
SkipGettingRecordCountForPaging 設定で挙動を変更できます。

まとめ

今回は OrgDBOrgSettings ツールの紹介と簡単な利用方法を紹介しました。
次回以降で各種設定の詳細を解説する予定です。

‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 4 and 6 and type the answer here:
  • Post