Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Dynamics CRM 2011 SDK 認証の選択肢

Dynamics CRM 2011 SDK 認証の選択肢

  • Comments 8

みなさん、こんにちは。

今回は先日公開された SDK 5.0.12 で提供された情報から
認証の選択肢についてピックアップします。

Choose your Development Style for Managed Code for Microsoft Dynamics CRM 2011 and Microsoft Dynamics CRM Online
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj602917

認証の選択肢

Microsoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM
オンラインに外部から接続する際、それぞれに適した認証方法が
あり、コードを記述する必要があります。

SDK ではこの認証関連のコーディングを容易にするために、以下
の選択肢を提供しています。

ヘルパーコード

多くのサンプルで利用されている方法です。ヘルパーコード内で
認証を処理できるため、開発者が直接コーディングする必要がない
一方で、サーバー情報やユーザー情報を別途渡す必要があります。

実際の用法は Sample : Quick Start を参考にしてください。

Developer Extensions

こちらのブログでも以前紹介した CrmConnection クラスを利用する
方法です。Developer Extensions では接続の簡易化以外にも、開発
で利用できる多くのクラスが提供されています。詳細は以下の記事を
ご覧ください。

Microsoft Dynamics CRM への簡略化された接続

CrmConnection クラスで簡単に組織 Web サービスを生成

Xrm クライアント

より詳細な設定を独自に行いたい場合は、Microsoft.Xrm.Sdk.Client
名前空間のクラス類を利用することができます。たとえば以下のサンプル
ではヘルパーコードを利用せず認証をおこなっています。

Sample: Authenticate Users with Microsoft Dynamics CRM Web Services

また以下の情報では認証に関するベストプラクティスを紹介しています。

Improve Service Channel Allocation Performance

まとめ

各種 Web サービスに対する認証については、おもに上記 3 種類の
方法が提供されています。開発途中にさまざまな手法が混在してしまう
ことはよくありますが、どの手法が一番プロジェクトに適しているか、
今一度ご確認ください。

‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 4 and 3 and type the answer here:
  • Post