Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical infromation for partners and customers

Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 2

Dynamics CRM 2011 と SharePoint 2010 連携 その 2

  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、今回も SharePoint 2010 連携の記事をお届けします。
今回は取得するレコードをフィルタする方法の紹介となります。

では早速今回のシナリオを紹介しましょう。

シナリオ 2

要件
1. シナリオ 1 の要件に加え、レコードを取引先企業名でフィルタできること。

ソリューション

今回も前回同様 Business Data Connectivity Service (BCS) を利用します。
また前回の手順がすべて完了している前提とします。

外部コンテンツ操作の追加

1. SharePoint デザイナーを起動します。

2. サイトを開くより http://crm2011 を開きます。

3. ナビゲーションより外部コンテンツタイプをクリックします。

4. 外部コンテンツ一覧で、前回追加した FilteredAccount を選択します。

5. 表示リボンより操作デザインビューボタンをクリックします。

6. ADW_MSCRM データソースを展開し、ビューより FilteredAccount を
右クリックし、リストの読み取り操作の新規作成をクリックします。

image

7. 操作名と操作の表示名を任意のものに変更し、次へをクリックします。

8. フィルターパラメーター構成の画面でフィルターパラメーターの追加
ボタンをクリックします。データソース要素より name を選択します。

image

9. フィルターの項目でクリックして追加をクリックします。

10. 新しいフィルターを選択し、名前を任意のものに変更し、フィルターの種類
よりワイルドカードを選択し、OK をクリックします。

image

11. 次へをクックします。

12. 戻り値パラメーター構成の画面で、一旦すべての要素の選択を解除します。

13. accountid のみを選択し、識別子へのマップにチェックを入れます。

14. リストに返したい要素を選択して、完了をクリックします。今回は name と
accountnumber を選択しました。

15. リボンメニューよりリストとフォームの作成ボタンをクリックします。
保存の確認画面が出ますので、はいをクリックします。

image

15. 作成済のリストを置換します。OK をクリックします。

リストの設置と動作確認

1. SharePoint ポータルにアクセスします。

2. 画面上部の編集アイコンをクリックします。

image

3. 編集ツールより挿入を選択します。

image

4. Web パーツをクリックし、ビジネスデータよりビジネスデータリスト
を選択し、追加ボタンクリックします。

image

5. 追加された Web パーツを選択し、右端の下矢印より Web パーツの
編集をクリックします。

image

6. 種類の項目で外部コンテンツタイプの選択アイコンをクリックし、作成
済みの FilteredAccount を選択します。

7. ビューより先ほど追加したビューを選択します。OK をクックします。

image

8. 画面上部の保存して閉じるボタンをクリックします。

image

9. 以下のようなリストが表示されるため。

image

10. 以下のように検索条件を入力して、結果が正しく出ることを
確認します。

image

image

まとめ

データベース側に存在するレコードの数が増えるにつれ、フィルターを
活用する必要が出てきます。BCS を利用すれば、上記のように簡単に
フィルターを実装することが可能です。次回は BCS を利用した検索機能
連携を紹介します。

- Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 1 and 3 and type the answer here:
  • Post