Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Dynamics CRM : 2012 年 12 月 サービスアップデート 新フォームの紹介 その 6 - フォームのカスタマイズ上級編

Dynamics CRM : 2012 年 12 月 サービスアップデート 新フォームの紹介 その 6 - フォームのカスタマイズ上級編

  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

今回は新フォームのカスタマイズ上級編をお届けします。
基本のカスタマイズはこちらをご覧ください。

マルチフォームサポート

新しいフォームもマルチフォームをサポートします。フォームごとに
セキュリティロールを設定することも通常のフォーム通り行えます。

以下の手順で 2 つ目以降のフォームを作成してください。

1. 既存のフォームのフォームエディターを開きます。

2. 名前を付けて保存をクリックして、新しいフォームを作成します。

※システムのカスタマイズからエンティティ | フォームを選択して
新規をクリックしても新しいフォームが作成できますが、順序で
最上位のものがコピーされますので、上記手順が確実です。

フォームの切り替えはクラシックモードを利用します。

1. フォームを開きます。

2. その他のメニューよりクラシックモードへ切り替えます。

image

3. 追加したフォームをフォームセレクターで選択します。

image

4. 一旦フォームを閉じてから、開きなおします。

ソーシャルペインの追加と削除

サポート案件のソーシャルペインはロックされているため
削除できませんが、他のエンティティからは削除が可能です。

1. フォームエディターよりソーシャルペインセクションを選択します。
※アイテム単位では削除できません。

image

2. 削除ボタンをクリックします。

3. 保存して公開します。すると以下のようにソーシャルペインが
削除されます。

image

4. ソーシャルペインを戻したい場合は、メモを挿入します。

image

5. 挿入したメモのプロパティよりラベルを非表示にします。

image

6. 形式より 1 列を選択して、十分な行数を設定します。

7. 残りのセルに必要なフィールドがあれば追加します。

8. 保存して公開します。

image

Web リソースの活用

新しいフォームでは Web リソースの活用も可能です。詳細は
別の機会にまた紹介したいと思います。

まとめ

現在 Microsoft Dynamics CRM Online および Microsoft Dynamics
CRM 2011 で利用できるフォームは通常のもの、読み取り専用、
新フォームと 3 種類ありますが、それぞれの特徴があるため
使い分けが重要なポイントとなります。

次回以降で Web リソースの活用方法や、各フォームの違いなど
紹介したいと思います。

‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 2 and 3 and type the answer here:
  • Post