Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Dynamics CRM 2011: Visual Ribbon Editor の紹介

Dynamics CRM 2011: Visual Ribbon Editor の紹介

Rate This
  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

今日は開発者の方向けの情報として、Visual Ribbon Editor を
紹介します。

Visual Ribbon Editor

Visual Ribbon Editor はリボンの編集を GUI を利用して実施できる
ツールであり、以下のアドレスからダウンロードが可能です。

http://crmvisualribbonedit.codeplex.com/

※Codeplex 上のツールはソースが公開されており、サポート
センターではサポートされませんので、事前にご了承ください。

こちらのツールを利用すれば複雑な XML を理解する必要が
なく、視覚的にリボンのカスタマイズを行うことが可能です。

まずは接続

1. 上記アドレスより Visual Ribbon Editor をダウンロードして、
任意のフォルダに解凍します。

2. 解凍したフォルダより、VisualRibbonEditor.exe を実行します。

3. 画面上一番左にある、接続アイコンをクリックします。

image

4. Microsoft Dynamics CRM に接続する情報を入力します。
設置型、IFD、オンラインに対応しています。

image

5. OK ボタンをクリックします。

6. 接続アイコン横の Open ボタンをクリックします。

7. 編集したいエンティティか、Application Ribbons を選択します。
今回は競合企業を試してみます。

image

8. OK をクリックします。

image

9. 以下の画面が出てリボンのロードが始まります。

image

10. ロード完了後リボンが表示されます。

image

リボンのカスタマイズ

フォームリボンのカスタマイズ

では早速カスタマイズを始めましょう。既定でフォームリボンが
選択されていますので、まずフォームリボンをカスタマイズします。

ボタンを隠す

保存して新規作成ボタンを隠してみます。

1. Save and New ボタンを選択します。

2. 画面上部にある Hide Button をクリックします。クリックすると
すぐボタンが隠れます。

3. 画面上部の Save ボタンをクリックします。確認の画面が出る
ので、OK をクリックします。

4. 以下の画面が出て保存が実行されます。

image

5. 保存完了後、実際の画面を確認します。ボタンが隠れています。

image

隠したボタンを再び表示する

1. Visual Ribbon Editor に戻り、画面上の Un-Hide ボタンを
クリックします。

2. 現在隠しているボタンの一覧が出るので、再表示したいものを
選択して、OK をクリックします。

image

3. 画面に表示されたことを確認して、Save ボタンをクリックします。

4. 実際の画面でもボタンが戻ることを確認します。

他にもタブ単位で非表示することや、カスタムボタン、グループの作成、
変更した XML の表示が行えます。

グリッド、サブグリッドリボンのカスタマイズ

次にグリッドリボンもカスタマイズしてみます。

1. 画面上部の Ribbon Type より、Homepage を選択します。

image

2. グリッド画面のリボンが読み込まれます。

3. 先ほどと同じ手順で不要なボタンを隠してみてください。

サブグリッドのリボンを変更したい場合は、Sub-Grid を選択します。

アプリケーションリボンのカスタマイズ

次にアプリケーションリボンを変更してみます。

1. 画面上部の Open  ボタンをクリックします。

2. Application Ribbons を選択して、OK をクリックします。

3. Ribbon Type よりカスタマイズできる対象を確認します。

image

4. 任意のリボンを選択して、カスタマイズしてみてください。

Ribbon Editor ソリューション

ツールで変更した内容は直接既定のソリューションを編集せず、
RibbonEditor というカスタムソリューションを作成して、そちらに
保存されます。

よって変更した情報を他の環境へ移行することも容易です。

image

まとめ

リボンのカスタマイズは XML を直接編集する必要があり、難易度が
比較的高く、またエラーにもなりやすいものですが、このようなツールを
活用することで効率よく開発が行えます。ただしツールで対応できない
ものもありますので、その際は引き続き手動での開発が必要です。

‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 2 and 4 and type the answer here:
  • Post