Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Dynamics CRM 2011 : パフォーマンス : HTC サポートとドキュメントモード

Dynamics CRM 2011 : パフォーマンス : HTC サポートとドキュメントモード

  • Comments 0

みなさん、こんにちは。

今日は北米プレミアフィールドエンジニアチームブログより、Update Rollup 12
で提供されたオプションとそのパフォーマンスに関する情報をお届けします。

情報元 : Performance: Turn off HTC’s and IE Compat Mode mode with Dynamics CRM 2011

================================================================

Update Rollup 12 でクロスブラウザのサポートを始めたことにより、新しい
設定として HTC サポートとドキュメントモードの指定が行えるようになりました。
今回はそれらの設定とパフォーマンスの関係について紹介します。

image

HTC サポートについて

HTC サポートは Microsoft Dynamics CRM 4.0 のクライアントサイドスクリプト
モデルを利用している場合に必要ですが、既に全てのスクリプトが更新済み
の場合、こちらの設定を無効にすることで以下の効果があります。

- CRM 4.0 API に関連するコンポーネントの読み込みが減る
- 読み込みが減った分の処理が不要となる

私自身、全体的な応答のパフォーマンス向上が体感できました。

設定の場所とその内容 

OrgDBOrgSetting システム設定 内容
DisableIECompatMode ページを Internet Explorer の最新バージョンで読み込む この設定を有効にすることにより、Internet Explorer の互換性表示を無効にし、また HTML 5 が利用できるようになります。内部的には CRM はX-UA-Compatibile 応答ヘッダーを送信します。Update Rollup 14 時点では、ヘッダーの値として “IE=7;IE=8;IE=9;IE=10” が利用されます。チェックがない場合は、ブラウザが互換性の設定を判断します。 参考 URL
IncludeHTC Microsoft Dynamics CRM のフォームに HTC サポートを含める この設定を有効にすることにより、Microsoft Dynamics CRM 4.0 JavaScript API をサポートするコンポーネントがフォームに含まれます。これは下位互換性のためのみ存在する設定です。スクリプトを Microsoft Dynamics CRM 2011 API を利用するように変更することで、設定を無効にできます。 参考 URL

設定の変更方法

設定は UI または OrgDbOrgSettings ツールより変更が可能です。

1. ブラウザで Microsoft Dynamics CRM に接続し、設定 | 管理 | システム
設定 | カスタマイズタブより指定が可能です。

2. OrgDbOrgSettings ツールを利用して値の確認および変更が
可能です。 OrgDbOrgSettings ツールについては以下を参照してください。

Dynamics CRM 2011 用 OrgDBOrgSettings ツールの案内
Dynamics CRM 2011 用 OrgDBOrgSettings ツールで利用できるオプションの紹介
Dynamics CRM 2011 : OrgDBOrgSettings エディターの紹介

OrgDBOrgSetting 項目 推奨値* 既定値
DisableIECompatMode 有効 無効 (X-UA-Compatible ヘッダーを送らない)
IncludeHTC** 無効 有効 (HTC が含まれる)

*Internet Explorer で最適な体験を得るための推奨値。ただしカスタマイズが
Microsoft Dynamics CRM 2011 API を利用するよう改修する必要がある。
** クロスブラウザのサポートを行うためには、この値は無効にする必要あり。
ただしこの設定によりクロスブラウザの制御をするべきではない。

推奨値を利用する利点
カスタマイズが正常に動作することを確認する必要があるが、Internet Explorer
が最新の機能を利用でき、パフォーマンスが最適化される。さらにクロスブラウザ
サポートが実現できます。

利用するブラウザを制限するには
推奨値を使用しつつ、利用するブラウザを利用したい場合は、こちらの記事
参照してください。組織レベルでブラウザを制御する場合には、System Center
や Windows Intune の利用も検討してください。

その他の情報
JavaScript についてはこちらの記事を参照してください。この記事では各種
ベストプラクティスの紹介をしています。よくある問題としては非サポートの
スクリプトや以前のバージョンのスクリプトです。また iFrames や埋め込まれた
Web リソースからのスクリプトも問題となることが良くあります。
================================================================

まとめ
設定の変更はいずれにしてもテストと検証が必要ですが、パフォーマンスの
最適化のためにも、是非推奨設定を使うよう検討してください。

- Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

  • Loading...
Leave a Comment
  • Please add 4 and 1 and type the answer here:
  • Post