Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 アプリケーションの新機能

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能からいくつかアプリケーションの新機能 を紹介します。 コマンドバーの表示上限 Microsoft Dynamics CRM 2013 よりリボンに代って採用されたコマンドバー ですが、以前は最大 5 つまで表示できました。しかし多くのフィードバック を精査した結果、今回のアップデートで最大 7 つまで表示できるように変更 されました。 ワークフローの条件エディターの改善 いままで高度な検索画面では指定できていた複数条件の...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 リアルタイム重複検出機能再び

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で帰ってきたリアルタイム重複検出機能について紹介します。 概要 重複検出機能は以前のバージョンより提供されていた機能ですが、Microsoft Dynamics CRM 2013 のリリースとともに、レコード自動保存機能の提供など の関係でリアルタイムのレコード重複検出機能は失われていました。しかし 多くのお客様の声を受け取って、今回のリリースでリアルタイム重複検出 機能が帰ってきました。 挙動 レコード作成時および自動保存無効の場合...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 カスタマイズの新機能 Export To

    みなさん、こんにちは 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能からカスタマイズの新機能である Export To 機能を紹介します。 Export To 概要 今回のリリースで、Microsoft Dynamics CRM のバージョンは 6.1.xx と なりました。この環境で開発したソリューションを、バージョン 6.0.xx に 移す場合、新しいエンティティやビューの変更により依存関係が解決でき ない問題が考えられます。Export To 機能はこの問題を解決するために提供 される機能であり...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 9 ステータス遷移の制御

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能からステータス遷移の制御を紹介します。 ステータス遷移の制御概要 通常エンティティでは「アクティブ」、「非アクティブ」などの基本的な ステータスから、サポート案件のように「処理中」「情報待ち」「回答済」 など複数のステータスを管理する場合もあります。ステータスが複数ある 場合には、運用として「情報待ち」から「回答済」には直接変更させない 要件があるかもしれません。 今回提供するステータス遷移の制御機能は、まさしくこの要望を満たす...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 8 ルーティング規則

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、ルーティング規則を紹介します。 ルーティング規則の概要 コールセンターやサポートセンターでサポート案件を処理する際、状況に 応じて案件を適切なキューやユーザーにルーティングする必要があります。 例えば製品によって担当チームのキューに案件を割りてたり、優先度別に キューに割り当てることなどが考えられます。 ルーティングが自動化できない場合、オペレータが一定のルールに乗っ取り 1 件ずつ手動で処理をする必要があります...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 7 キューの新機能

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、キューの新機能を紹介します。 キューの新機能概要 Microsoft Dynamics CRM は以前よりキュー機能をサポートしてきました。 キューにはユーザーのキューやチーム、部署のキューまた手動で作成した キューなど柔軟に作成が行える半面、数が増えた場合に確認や設定が複雑 になるという問題がありました。例えばサポートに複数のチームがあった 場合、各チームがキューを作成して利用するシナリオが考えられます ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 6 サポート案件の親子関連

    みなさん、こんにちは。 今回は前回に続き、サポート案件の親子関連を紹介します。前回までの 情報をそのまま利用していますので、まだ以前の記事をご覧に なって いない場合は、以下のリンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 3 タイマーコントロール Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 5 サポート案件の統合

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、サポート案件の統合を紹介します。 前回までの情報をそのまま利用していますので、まだ以前の記事をご覧に なっていない場合は、以下のリンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 4 スケジュール

    みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きで、顧客サービススケジュールと祝日スケジュールについて 紹介します。まだ前回の記事を ご覧になっていない場合は以下ご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 3 タイマーコントロール 顧客サービススケジュールと祝日スケジュール これらのス��ジュールは、SLA の計算に利用できます...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 3 タイマーコントロール

    みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きで、タイマーコントロールについて紹介します。まだ 前回の記事を ご覧になっていない場合は、以下リンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 権利 タイマーコントロール SLA の機能をより便利に使うために、タイマーコントロールが提供されて います。タイマーコントロールはフォーム上に配置するコントロールで SLA の状況をわかりやすく表示します。 タイマーコントロールの設置 まず今回のシナリオです...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 権利

    みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きで、権利について紹介します。まだ前回の記事を ご覧になっていない場合は、以下リンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 権利 権利を使うことで、以下のようなことを指定できます。 ・権利をもつお客様の指定 ・対象となる製品や担当者の指定 ・権利の有効期間の指定 ・消費できる時間または件数の指定 ・権利を利用できるチャネルの指定 ・適用する SLA の指定 ・権利に基づいて消費の制限を行うかの指定 ・権利消費タイミングの指定 権利の作成 以下の手順で権利は作成します。...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約

    みなさん、こんにちは。 今回から数回で、Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び 設置型 用サービスパック 1 で提供されるサービスモジュールの新機能の内容 と使い方を紹介します。 概要 今回提供されるサービスモジュールの拡張は、サポート案件を中心とした機能 の拡張です。一般的なサポートサービスで必須となるサービスレベル契約や権利 営業時間の設定やルーティングおよびサポート案件レコード作成の自動化、また 重複したサポート案件の統合や関連のあるレコードの親子関連付けなどです。 今回はまずサービスレベルについて紹介します。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 の新機能概要

    みなさん、こんにちは。 今回はMicrosoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型 用サービスパック 1 で提供される新機能について概要を紹介します。 それぞれの詳細は随時紹介していきます。 サービスモジュールの機能拡大 今回の新機能の中で最もボリュームがあるものが、このサービスモジュール 機能の拡大です。今回は以下の機能を追加で提供します。 サービスレベルアグリーメント (SLA) 初期応答時間や対応完了時間など、複数の指標について SLA を定義できる 要になります。また SLA を守れなかった場合に自動実行されるアクション...
  • Blog Post: Dynamics CRM Online : サンドボックスインスタンスと予定されている機能の紹介

    みなさん、こんにちは。 今回は先月変更された Microsoft Dynamics Online のテスト環境で あるサンドボックスインスタンスについて紹介します。 情報元: CRM Online Test Instance Changes are now live (Sandbox Instances) ============================================== この記事の情報は以下の記事から得たものが大半です。 http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2014/03/20/introducing-sandbox...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 Yammer 統合と Update Rollup 2 について

    みなさん、こんにちは。 先日 Yammer では、埋め込みのフィードに対して JavaScriptAPI の 改善が行われました。Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型では この改善に対応するための修正を Update Rollup 2 で提供します。 そのため、今後 Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型で Yammer 統合をご利用いただく場合、Update Rollup 2 が必要となります。 参考情報 Yammer 統合 と Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型について http://support...
  • Blog Post: Dynamics CRM Online 多要素認証

    みなさん、こんにちは。 先日 Office 365 で、多要素認証機能が特定のサブスクリプションに ついて無償で提供されることが決まりました。詳細は以下の記事を ご参照ください。これまで有償でしか利用できなかった多要素認証が 条件によっては無償で利用できることは非常に大きいと感じます。 Office 365 でエンドユーザーの皆様に多要素認証がご利用いただけるようになりました Microsoft Dynamics CRM Online でも同様に機能しますので是非 お試しください。設定方法は上記リンクに詳細がございます。 ※注意点 現時点で多要素認証はブラウザにのみ対応しています...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 2

    みなさん、こんにちは。 前回 に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回から各種機能と関連するカスタマイズを見ていきます。 対応エンティティと変更可能範囲 タブレット用 CRM アプリケーションに対しては、有効で編集可能、有効で 読み取り専用、無効の設定が存在しますが、エンティティによって行える 設定が限られています。 設定の確認、変更はエンティティのカスタマイズ画面を使用します。 グレーアウトしている設定は利用できません。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 1

    み��さん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 向けのタブレット用 CRM アプリケーションを 紹介します。 概要と前提 タブレット用 CRM アプリケーションは、当初日本語のサポートは ありませんでしたが、先日のアップデートのより日本語のサポート が開始されました。尚、日本語のタブレット用 CRM アプリケーション を利用するには、サーバー側も Update Rollup 1 が必須となります。 Microsoft Dynamics CRM Online...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 4

    みなさん、こんにちは。 今回は サーバー側同期 POP3/SMTP サーバーに対して設定して いきます。利用するサービスは Outlook.com です。 Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 1 Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 2 Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 3 Outlook.com のサインアップと準備 すでに Outlook.com でアカウントをお持ちの場合はこちらの 手順 4 まではスキップしてください。 1. ブラウザで Outlook.com に接続します。 2. サインイン画面が表示されるので...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 3

    みなさん、こんにちは。 今回は Exchange Server 2013 に対してサーバー側同期を設定 することで、詳細を紹介していきます。概念については以下 リンクをご参照ください。 Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 1 Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 2 電子メールサーバープロファイルの作成 まず利用する Exchange サーバーを電子メールサーバー プロファイルとして追加します。 1. 設定モジュールより電子メールアクセス構成を選択します。 2. 電子メールサーバープロファイルをクリックします。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 2

    ※2013/12/12 メールボックスエンティティについて一部表現修正 みなさん、こんにちは。 前回 に続き Microsoft Dynamics CRM 2013 の新機能であるサーバー側 同期の情報をお届けします。今回は新しく追加された要素を紹介します。 電子メールアクセス構成 サイトマップに新しい項目として、設定 | 電子メールアクセス構成が 追加されています。こちらに新しい要素が含まれています。 電子メールサーバープロファイル 使用する電子メールサーバーを設定します。作成できるサーバー種類 は、Exchange および POP3/SMTP です。 予定、取引先担当者、タスクの同期をサーバー側同期で利用したい場合...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 サーバー側同期 その 1

    みなさん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM 2013 の新機能であるサーバー側 同期について紹介します。尚、この機能は現時点でオンライン環境 では利用できませんのでご注意ください。 概要 これまで Microsoft Dynamics CRM は外部システムとの連携として 以下の機能を提供していました。 - 電子メールルーターまたは Outlook による電子メールの統合 - Outlook による連絡先、予定、タスクの同期 電子メールルーターでは Microsoft Exchange Server だけでなく、 POP3/SMTP...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 SDK モバイルおよびリッチ クライアントの開発 その 4 - Azure AD、AAL、サンプル詳細

    みなさん、こんにちは。 今回は SDK で提供されている Windows ストアサンプルプログラムに 関して、キーとなる技術について紹介します。既に紹介した内容と 重複する箇所もありますが、事前にご了承ください。 Windows Azure Active Directory (AD) Windows Azure AD は Azure 上にホストできるディレクトリサービス であり、Office 365 や Windows Intune などで利用されています。 ユーザーの管理、ログオンプロセス、認証サービス、フェデレーション サービスなど主要な ID サービスを提供します。また既存の...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 複数レコード参照フィールドの新機能

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 の複数レコード参照フィールドにおける新機能 を紹介します。 概要 電子メールの宛先にように、参照でありながら複数のレコードを指定 できる特殊なフィールドにおいて、今回のバージョンで以下新機能を 提供します。 - 連続したレコードの自動解決と追加 - 高さの自動拡張 - 電子メールが許可されていない等、問題のあるレコードのハイライト - 容易なレコードの削除 では実際に操作してみましょう。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 簡易検索のインデックスサポート

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 の新機能であり、簡易検索のインデックス作成 について紹介します。 概要 簡易検索ビュー定義の検索列に任意の列を追加することで、検索 対象とすることができますが、多くの場合それらの列には適切な インデックスがないことから検索のパフォーマンスに大きな影響 が発生していました。 設置型の場合は直接データベースに対してカスタムインデックス を作成することも可能ですが、オンライン環境の場合には対応が 行えませんでした...
Page 1 of 5 (108 items) 12345