Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical infromation for partners and customers

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 エンティティテーブルの仕様変更

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 で変更されたエンティティテーブルの仕様に ついて紹介します。 概要 Microsoft Dynamics CRM 2011 以前のバージョンは、エンティティ に対して基底のテーブルが Base と Extension の 2 つに分割されて いました。これは SQL Server 2000 での制限に由来するものですが Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 簡易検索のインデックスサポート

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 の新機能であり、簡易検索のインデックス作成 について紹介します。 概要 簡易検索ビュー定義の検索列に任意の列を追加することで、検索 対象とすることができますが、多くの場合それらの列には適切な インデックスがないことから検索のパフォーマンスに大きな影響 が発生していました。 設置型の場合は直接データベースに対してカスタムインデックス を作成することも可能ですが、オンライン環境の場合には対応が 行えませんでした...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 : パフォーマンス : HTC サポートとドキュメントモード

    みなさん、こんにちは。 今日は北米プレミアフィールドエンジニアチームブログより、Update Rollup 12 で提供されたオプションとそのパフォーマンスに関する情報をお届けします。 情報元 : Performance: Turn off HTC’s and IE Compat Mode mode with Dynamics CRM 2011 ================================================================ Update Rollup 12 でクロスブラウザのサポートを始めたことにより、新しい...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 : Update Rollup 10 で提供された簡易検索のパフォーマンス向上に関する詳細

    みなさん、こんにちは。 以前、以下の記事で紹介した Update Rollup 10 で提供された簡易検索の パフォーマンス向上ですが、先日、北米 PFE ブログにて詳細な考察が公開 されましたので、こちらでも紹介します。 Dynamics CRM 2011 Update Rollup 10 簡易検索レコードのパフォーマンス向上 元記事: CRM 2011 Performance: Take advantage of better query performance for your Quickfinds! ===============================...
  • Blog Post: Dynamics CRM 簡易検索のベストプラクティス

    みなさん、こんにちは。 今日は開発者の方向けの情報として、簡易検索の パフォーマンスをベストプラクティスを紹介します。 簡易検索機能とは 簡易検索機能とは、高度な検索と対をなす機能であり、以下の ようにエンティティのグリッドで利用できる検索機能です。 では早速簡易検索の詳細を確認しましょう。 カスタマイズ方法 簡易検索はエンティティのビューとして定義されます。 各エンティティには以下のように簡易検索専用のビューが 提供されます。 以下の手順でカスタマイズが可能です。 1. エンティティのカスタマイズ画面より、ビューを選択します。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.13: メタデータのクエリ その 3

    みなさん、こんにちは。 今回は JScript からメタデータをクエリする方法についてのサンプル を紹介します。尚、メタデータクエリの機能に関しては C# を利用した 方法と同じですので、詳細は 前回の記事 をご覧ください。 サンプル紹介 サンプルは こちらの記事 (英語)で紹介されています。こちらの記事では、 JScript で Microsoft.Xrm.Sdk.Metadata.Query が提供するものをスクリプト でも簡単に実行できるようにするサンプルのコードと、それを利用した サンプルのソリューションが提供されます。 以下の手順でインストールしてください。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.13: メタデータのクエリ その 2

    みなさん、こんにちは。 今回も SDK 5.0.13 で改良されたメタデータクエリ API の紹介をします。 今日は強化されたメタデータクエリ概要と C# のサンプルを紹介します。 強化されたメタデータクエリ概要 SDK 5.0.13 では以下の機能が提供されます。 ・ QueryExpression と似た手法でクエリが記述可能 ・ 柔軟なフィルターにより、最小限のデータのみ取得 ・ 前回クエリ以降の差分のみを取得可能 ・ 削除されたメタデータの取得 Microsoft.Xrm.Sdk.Metadata.Query Microsoft.Xrm.Sdk.Metadata...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.13 新機能 ExecuteMultiple 紹介

    みなさん、こんにちは。 今回は開発者の方向けの情報として、SDK 5.0.13 で提供される ExecuteMultiple メッセージを紹介します。 ExecuteMultiple メッセージ ExecuteMultipleRequest は引数にリクエストの配列をとります。例えば 既存のプログラムでレコードを 1000 件作成する際、 CreateRequest を 1000 回 Web サービスに対して実行していましたが、それらのリクエスト を引数に渡して、一度の ExecuteMultipleRequest 実行で処理できます。 これにより Web サービスに対する通信の回数が大幅に削減されること...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 設置型 Excel エクスポート 動的ワークシートのパフォーマンス

    みなさん、こんにちは。 今回は先日 US サポートチームブログで公開された記事を紹介します。 元記事 : Increasing the performance of Excel dynamic worksheets Microsoft Dynamics CRM では、データをエクセルにエクスポートする機能を 利用することで、素早く、柔軟なレポートとして活用することができます。 ユーザーは、データを静的または動的ワークシートとしてエクスポートする ことができますが、動的ワークシートとしてデータをエクスポートした場合、 設置型ではフィルター化されたビューに対してクエリを実行して...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.12 マルチスレッド環境でのサービスプロキシ生成

    みなさん、こんにちは。 以前 こちらの記事 で、Web サービスのベストプラクティスを紹介し、 その中で プロキシクラスを保持することでパフォーマンスが向上 するという説明をしました。 ただし、OrganizationServiceProxy はスレッドセーフではないため、 マルチスレッドアプリケーションを利用する場合、各スレッドごとに 固有のプロキシを生成する必要があります。 OrganizationServiceProxy を生成する場合は、認証および各種 メタデータのダウンロードが伴いますが、同一アプリケーションで 利用する場合、これらは重複情報であり、オーバーヘッドとなります...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 データロードベンチマークのケーススタディー

    みなさん、こんにちは。 今日は先日公開された新しいホワイトペーパーを紹介します。 Microsoft Dynamics CRM 2011 Data Load Performance and Scalability Case Study (英語) こちらのホワイトペーパーでは、データのバルクロードにおける パフォーマンスを、特定のシナリオやテストを通して考察しています。 現在データの一括登録のパフォーマンスで問題に直面している場合、 まずこちらの資料と数値を見比べてください。 - Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.12 簡易検索レコードのパフォーマンス向上

    みなさん、こんにちは。 先日 Update Rollup 10 で提供する簡易検索レコードのパフォーマンス向上 について紹介しましたが、今回は SDK からその機能を利用する方法を 紹介します。 サンプル QueryExpression を利用して、以下のようなクエリを記述しているとします。 QueryExpression query = new QueryExpression("contact"); query.ColumnSet.AddColumns("firstname", "lastname", "address1_city"); query.Criteria...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 Update Rollup 10 簡易検索レコードのパフォーマンス向上

    みなさん、こんにちは。 今回は管理者向けの情報として、Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 10 で提供される、簡易検索のパフォーマンス機能を 紹介します。 簡易検索のパフォーマンス向上 Update Rollup 10 では、簡易検索のロジックを内部的に変更 しています。そのため同じ検索結果がより高速に表示されます。 検索対象の列の数や対象のレコード数によってその効果は変化 しますが、もし簡易検索でパフォーマンスの問題がある場合には Update Rollup 10 を適用することで改善されるかご確認ください。 この改善はすべてのグリッドの簡易検索に対して機能します...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 Update Rollup 10 複数レコード検索のパフォーマンス

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 10 で提供される 複数レコード検索のパフォーマンス向上機能を紹介します。 ※ Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 9 以前をご利用の方は 同じレジストリキーでも意味が異なりますので、アップデートの予定がなく、 パフォーマンスの改善を試したい場合には、以下の記事をご覧ください。 Dynamics CRM パフォーマンス : EnableRetrieveMultipleOptimization オプションの紹介 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM : PrincipalObjectAccess テーブルサイズが肥大化する原因

    みなさん、こんにちは。 今回はパフォーマンスとセキュリティに関連するトピックをお届けします。Microsoft Dynamics CRM では、CRM ユーザーが適切なレコードにのみアクセスできるよう、 セキュリティの機能を提供しています。 セキュリティの機能は多岐に渡りますが、その中で 「共有」 と呼ばれる機能があり、 任意のレコードを任意のユーザーに共有することが可能です。この場合、ユーザー が所有しているセキュリティロールに依存することなくレコードを参照できますが、 その情報は個別にデータベースに格納します。 しかしながら、時としてその情報が膨大になることでパフォーマンスに影響することも...
  • Blog Post: Dynamics CRM オンライン : 診断ページでネットワークパフォーマンスを確認する

    みなさん、こんにちは。 今回は管理者向けの内容として、Microsoft Dynamics CRM 2011 および Microsoft Dynamics CRM オンラインで利用できる診断ページを紹介します。 情報元 : Using the CRM Diagnostics Page to Capture Network Performance クライアント - サーバー間のネットワークのパフォーマンスは、エンドユーザーが Microsoft Dynamics CRM を利用する際の重要なキーの 1 つです。離れた場所 からサーバーリソースを利用する場合、ネットワークのパフォーマンスは不透明...
  • Blog Post: Dynamics CRM パフォーマンス : EnableRetrieveMultipleOptimization オプションの紹介

    みなさん、こんにちは。 前回、Microsoft Dynamics CRM 2011 およびオンライン環境で利用可能な、 OrgDBOrgSettings ツール を紹介しましたが、その中でもパフォーマンスに 大きな影響のあるオプションとして EnableRetrieveMultipleOptimization が存在します。 今回はこちらのオプションに関してより詳細な情報を提供します。 背景 ご存知の方も多いと思いますが、こちらのオプションは Microsoft Dynamics CRM 4.0 の頃に提供されたオプションです。その当時の技術情報が以下です。 http...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 Update Rollup 6 でのアップグレードパフォーマンスの向上

    みなさん、こんにちは。 今回は先日公開された Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 6 による、アップグレードのパフォーマンス向上に関して紹介します。 情報元 : Improved Upgrade Performance in UR6 Microsoft Dynamics CRM 4.0 から Microsoft Dynamics CRM 2011 に組織の インポートを利用してアップグレードする場合に、Update Rollup 6 を適用すると パフォーマンスの向上が見込めます。 今回は Update Rollup 6 で提供されるオプションに関して情報を共有したいと思います...
  • Blog Post: Dynamics CRM との通信で HTTP 401 応答を減らす方法

    みなさん、こんにちは。 今回も US チームのブログより、ネットワーク通信のパフォーマンスに関する情報を 紹介したいと思います。IIS レベルの設定になりますので Microsoft Dynamics の 設置型全てのバージョンに応用が可能です。 情報元 : How to Decrease 401 Responses in CRM Web Traffic Microsoft Dynamics CRM のような Web アプリケーションのトラフィックをモニターすると、 HTTP 応答 200 (Success) を受け取る前に、頻繁に HTTP 応答 401 (Access Denied...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 プラグインのパフォーマンス分析

    みなさん、こんにちは。 今回はプラグインのパフォーマンス分析に関するトピックをお届けします。 プラグインのリプレイ 以前プラグインのデバッグの方法を こちらの記事 で紹介しました。 手順は同様ですが、今回はリプレイ機能として活用してみます。 前提 : 取引先担当者を取得するプラグインを開発しました。プラグインには 2 つのクラスが含まれており、一方は取引先担当者の全ての列を取得、 他方は名前列のみ取得するようにしています。 1. 開発したプラグインを取引先企業の更新に対して設定します。 2. こちらの記事 を参考にして、プラグインのデバッグの準備を行います。...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 プラグインのベストプラクティス

    みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics 製品の売りの 1 つに、柔軟な拡張性があります。Dynamics CRM の 場合には、コーディングなしで拡張が実現できるカスタマイズやワークフロー、ダイアログや グラフツールなどの機能の他に、C# や VB.NET、JScript や Silverlight 開発を利用した拡張も サポートされています。 今回はそれらの中でも利用頻度の高い、プラグインのベストプラクティスに関して情報を提供します。 プラグイン開発の注意点 プラグインが原因でパフォーマンスが低下する主な理由をいくつか紹介します。 データ取得に関する問題...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 ネットワークパフォーマンス考察 - WCF パケットの圧縮

    みなさん、こんにちは。 とても寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。気温が低く 日照時間も短いため気分も落ち込みがちですが、せめてブログの記事だけでも エキサイティングな内容になるよう努めてまいります。 今回は、US の Dynamics CRM プレミアフィールドエンジニアリングチームが 公開しているブログより、パフォーマンスに関する記事を紹介します。 パフォーマンスを聞くだけでエキサイティングですね!! 元記事 : Enable WCF Compression to Improve CRM 2011 Network Performance 今までに一度でもネットワークトラフィックを解析したことがある方は既にお気づきだと...
  • Blog Post: Dynamics CRM を Windows Server 2008 で利用してパフォーマンスの問題に直面したら…

    こんにちは、Dynamics CRM 次期バージョンの情報収集に熱心な今日この頃かと思いますが、今日は Dynamics CRM 4.0 をご利用のみなさんにも是非確認していただきたいサポート技術情報を紹介します。 ここで紹介するのは、Windows Server や SQL Server といった Dynamics CRM 以外のマイクロソフト製品に関するサポート技術情報、およびブログです。 Dynamics CRM に特定されると目に触れる機会も少なくなりますので、ブログでざっとご案内します! 修正プログラムが提供されているパフォーマンスの問題 Dynamics CRM 4.0...
  • Blog Post: カスタムコードのベストプラクティス

    みなさん、こんにちは。猛暑の中いかがお過ごしでしょうか。 お盆休みや夏休みの方も多いと思うので、今回は今までに既に紹介している、カスタムコードの ベストプラクティスを、いくつかおさらいをかねて紹介させていただきます。 とその前に、以前ある方から伺った言葉で、面白いものがあるので紹介します。 「アプリケーションのパフォーマンスを高める最善の方法は、なにもしないこと。」 半分冗談で半分本気だとのことでしたが、確かになにもしなければ、CPU にもメモリにもネットワークにも 負荷を与えることがないので、リソース面では非常にいい結果が出ます。しかしながら、リソースを使って "何か”...
  • Blog Post: CRM データベースチューニング - インデックスはつけるべき? パート 5

    みなさん、こんにちは。 無事日本に帰ってきましたが、桜がもう散り始めていて、悲しい気分です。みなさんはお花見されましたか? 東京では、今週末くらいがもう最後ですね。私の勤務する調布オフィスの前にも桜がありますが、もう花が少ないです。 いよいよ 4 月となり、日本の企業では新期になったのではないでしょうか。今期もよろしくお願いします。 さて、今回はパート 5 ということで、今までとは異なり、管理の面での追加情報を紹介します。 - 不要なインデックス - インデックスは使用されてこそ意味があります。しかしシステムの使われ方、データの持ち方は常に変化するため、 状況によっては...
Page 1 of 2 (29 items) 12