Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 IFD 構成時の AD FS Tips

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 を IFD 構成にした際の AD FS の Tips をお届けします。 ※以下の内容は Windows Server 2012 R2 AD FS を利用して検証しています。 サインアウトしないオプション IFD を構成した場合ユーザーはフォーム認証画面でユーザー名とパスワードを入力する 必要がありますが、毎回入力することを避けたい場合 AD FS の設定を変更することで、 以下のように「サインアウトしない」オプションを表示できます。 手順 1. AD FS サーバーにログインして...
  • Blog Post: ヨーロッパのプライバシー管理当局がマイクロソフトのクラウドにおけるコミットメントを認定

    みなさん、こんにちは。 先日、マイクロソフトのクラウドに関する重要なニュースが公開されました。 欧州連合(EU) のデータ保護当局により、Microsoft Dynamics CRM Onlineを含む マイクロソフトのエンタープライズ クラウド サービスの契約が、EU のプライバシー 関連法の高い水準を満たしていることが認められたのです。 以下に関連リンクをご紹介いたしますので是非ご覧ください。 ヨーロッパのプライバシー管理当局がマイクロソフトのクラウドにおけるコミットメントを認定 http://blogs.msdn.com/b/windowsazurej/archive...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 フィールドレベルデータ暗号化機能が、組織の作成やインポートに与える影響とその対処方法

    みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2013 より、フィールドレベルデータの暗号化 機能が提供されました。今回はそちらの機能が組織のインポートに及ぼす 影響と、その対処方法を紹介します。 フィールドレベルデータの暗号化機能については以下記事をご参照ください。 Dynamics CRM 2013/Fall '13 フィールドレベルデータの暗号化 組織の新規作成およびアップグレードに対する影響 Microsoft Dynamics CRM 2013 の展開マネージャーより組織を新規に作成 するか、以前のバージョンよりアップグレードインポートする際...
  • Blog Post: Dynamics CRM Online 多要素認証

    みなさん、こんにちは。 先日 Office 365 で、多要素認証機能が特定のサブスクリプションに ついて無償で提供されることが決まりました。詳細は以下の記事を ご参照ください。これまで有償でしか利用できなかった多要素認証が 条件によっては無償で利用できることは非常に大きいと感じます。 Office 365 でエンドユーザーの皆様に多要素認証がご利用いただけるようになりました Microsoft Dynamics CRM Online でも同様に機能しますので是非 お試しください。設定方法は上記リンクに詳細がございます。 ※注意点 現時点で多要素認証はブラウザにのみ対応しています...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 ユーザー定義アクション その 4

    みなさん、こんにちは。 今回は新規に入出力パラメータを利用する操作を作成し、SDK から利用する方法を紹介します。前回までの内容を把握している ことが前提となりますのでご注意ください。 Dynamics CRM 2013/Fall '13 ユーザー定義アクション その 1 Dynamics CRM 2013/Fall '13 ユーザー定義アクション その 2 Dynamics CRM 2013/Fall '13 ユーザー定義アクション その 3 シナリオ 作成後 1 か月以上週間経過したサポート案件に対して以下の プロセスでエスカレーションを実施します。 - エスカレーション担当者にサポート案件をアサインする...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 フィールドレベルデータの暗号化

    2014/03/03 設定型環境でも既定で暗号化機能が有効である点を訂正。 みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 の新機能である、フィールドレベルデータの暗号化機能に ついて紹介します。 概要 Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 では、以下エンティティのフィールドを暗号化できます。 エンティティ フィールド EmailServerProfile IncomingPassword...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 アクセスチームの紹介

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 の新機能であるアクセスチームを紹介します。 アクセスチームの概念 これまで Microsoft Dynamics CRM のレコードに対するセキュリティモデルは、 レコードの所有者と部署、およびセキュリティロールの組み合わせで決まる 権限と、それとは完全に別に共有機能で付与される権限がありました。 セキュリティモデルでは個人、部署、所属または配下の部署、組織全体という 4 段階の設定が行えますが、上下関係にない異なる部署に所属するユーザーに...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011 ホワイトペーパー紹介 : Connectivity and Firewall Port Requirements for Microsoft Dynamics CRM 2011

    みなさん、こんにちは。 今日は先日公開されたホワイトペーパーを紹介します。 このホワイトペーパーは Microsoft Dynamics CRM 2011 の接続で必要なポート類の情報を提供します。 Connectivity and Firewall Port Requirements for Microsoft Dynamics CRM 2011 設置型をご利用の場合、社内でのセキュリティ確保は重要な 課題であり、また Active Directory や Exchange の管理は別部署 である等、様々状況で、明確な情報が必要となります。 こちらのホワイトペーターがそのお役に立てると幸いです...
  • Blog Post: Dynamics CRM 環境でのウィルススキャン例外設定について

    みなさん、こんにちは。 今回は先日 US の Dynamics CRM プレミアフィールドエンジニアリングチームが公開しているブログ記事を紹介します。 元記事 : Anti-virus exclusions for Microsoft Dynamics CRM Microsoft Dynamics CRM 環境での ウィルススキャンのベストプラクティスは質問としてよくあがってきます。ウィルススキャンの設定によってはパフォーマンスが大きく影響される可能性がありますのでこちらは重要な確認ポイントとなります。また、ウィルススキャンは他アプリケーションが使うファイルをロックし、他アプリケーションからこのファイルにアクセスできなくすることがあります...
  • Blog Post: サービス プリンシパル名の登録 - トラブルシューティング

    今回は、Kerberos 認証を使用するようにサービス プリンシパル名(SPN)を構成していない場合に発生する問題をトラブルシューティングします。 SPN が正しく構成されていない場合、CRM Web サイトにアクセスすると認証エラーが発生しますが、この認証エラーの原因を調査するためにネットワーク トレースが有効です。 また、 Microsoft サポート技術情報 262177 に記載されているレジストリ値を設定すると Kerberos イベント ログを有効にすることができます。 ネットワーク トレースと Kerberos イベント ログを使用して、問題の原因を確認し、解決します。 ...
  • Blog Post: Excel への動的データエクスポート – セキュリティは大丈夫?

    みなさん、こんにちは 本日は、セキュリティに関係するトピックを紹介します。 Dynamics CRM 4.0 のよく使われる機能である、Excel への動的データエクスポートですが、この機能で ユーザはエクスポートされた Excel シートを使用して、常に最新のデータを取得することが可能です。 この機能に関してよくある質問は、どのようにしてこのデータを保護するかということです。設置型 CRM の場合、 エクスポートしたExcel からデータを更新する場合には、たとえ CRM の Web サーバーを SSL で保護していても、 Excel からの通信は暗号化されません。なぜなら...
Page 1 of 1 (11 items)