Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Unified Service Desk (USD) のご紹介

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Spring '14 リリースにて公開された Unified Service Desk (USD) をご紹介します。 Unified Service Desk (USD) とは? Unified Service Desk (USD) はコールセンターのエージェントが利用することを想定したソリューションです。 Microsoft Dynamics CRM に格納されたさまざまな顧客データを統合的なビューとして提供するアプリケーションを素早く構築できるフレームワークを提供します。 なお...
  • Blog Post: サブグリッドの遷移ボタンが表示されない

    みなさん、こんにちは。 サポート部門によくお問い合わせ頂くご質問や問題を、今後、ホットトピックとしてこのブログ上で情報を配信して行く予定です。 まず、ホットトピック一回目として、最近よくお問い合わせ頂く既知の不具合情報を共有します。 9月中旬に 、Microsoft Dynamics CRM 2014 年春更新 ロールアップ 1 (CRM 2013 SP1 UR1) が Microsoft Dynamics CRM Online に適用されました。 Microsoft Dynamics CRM Online 画面の色使いが秋らしくなって、アップデートに気づかれたユーザー様もいるかと思います。 http...
  • Blog Post: Microsoft Dynamics CRM 2013 SP1 UR1 がリリースされました!

    みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春更新、および  Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型サービスパック 1 更新プログラム 用ロールアップ 1 がリリースされましたのでお知らせします。 - Microsoft Dynamics CRM Online Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春更新 サービスパック 1 更新プログラム 用ロールアップ 1 がリリースされ、9月中旬に Dynamics CRM Online に適用されました。 - Microsoft Dynamics...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 ソリューション展開ツールとパッケージテンプレート その 4

    みなさん、こんにちは。 前回までの記事でソリューション展開ツールの利用方法とパッケージの 作成方法を紹介してきましたが、今回は CUI での展開を紹介します。 PowerShell での展開 開発したパッケージを繰り返し展開する場合、GUI ツールを利用する のは効率が良くありません。そこで SDK チームはソリューション展開 ツールの PowerShell 版も用意しました。 前提要件 PowerShell 3.0 以降 : 以下コマンドで確認できます。 >$host PowerShell スクリプトの実行ポリシーが設定されている。管理者権限 で以下コマンドを実行してください...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 ソリューション展開ツールとパッケージテンプレート その 3

    みなさん、こんにちは。 今回も 前回 に引き続き、ソリューション展開ツールとパッケージ テンプレートの紹介です。今回は前回作成したパッケージをさらに カスタマイズしていきます。まだパッケージを作成していない方は 前回 の記事を参考にして作成してください。 初めに/終わりに画面 まずは初めにと終わりに画面のカスタマイズを行います。これらの 画面は多言語対応が可能です。ここでは英語と日本語の画面を作成 していきます。 英語画面のカスタマイズ 英語の画面は既定で用意されています。以下手順で編集します。 1. ソリューションエクスプローラーより PkgFolder\Content...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 ソリューション展開ツールとパッケージテンプレート その 2

    みなさん、こんにちは。 今回は 前回 に引き続き、ソリューション展開ツールとパッケージ テンプレートの紹介です。今回はテンプレートを利用して実際に パッケージを作成し、ソリューション展開ツールで展開を実行 してみます。 事前準備 前回紹介したとおり、パッケージには展開したいソリューションと データを含める事ができます。データも通常のフラットファイル 以外に Configuration Migration ツールで作成したデータを利用する ことが可能です。 今回は以下記事で作成したソリューションとデータファイルを 利用します。まだ未読の方はお手数ですが全ての手順を行ってから...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 ソリューション展開ツールとパッケージテンプレート その 1

    みなさん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される SDK の新しいツールより、ソリューション 展開ツールとソリューションパッケージテンプレートを紹介します。 まず今回は概要を紹介します。 ソリューション展開ツール概要 前回 と 前々回 の記事で、Configuration Migration ツールを紹介しました。 このツールを利用すれば非常に簡単に構成データを新しい環境に移行する 事ができますが、ソリューション自体は事前にインポートしておく必要が あります...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 Configuration Migration ツール後編

    みなさん、こんにちは。 前回 に引き続き Configuration Migration ツールの紹介を行います。 今回は実際にツールを利用してみます。 事前準備 前回紹介したとおり、Configuration Migration Tool は組織間で 構成情報を移行するためのツールですので、まずは Microsoft Dynamics CRM 組織を 2 つ用意します。ここではオンラインの 環境を 2 つ用意しました。 また構成を格納するため以下のような構成のソリューションと データを作成しました。 ソリューション ソリューション名: MigrationTest...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 Configuration Migration ツール前編

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される SDK の新しいツールより Configuration Migration Tool を紹介します。今回は概要を紹介し、次回で実際の動作を 確認していきます。今回は文字ばかりで次回は画面ショットばかりですが いずれも重要な情報ですので、是非ご覧ください。 概要 Microsoft Dynamics CRM 用のカスタムのソリューション開発を行う場合、 ソリューション機能を利用することでカスタマイズ情報やシステム設定の...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 10 サポート案件の自動作成

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、サポート案件の自動作成を紹介します。 サポート案件の自動作成の概要 サポート案件の自動作成は、キューに追加された電子メールレコードおよび ソーシャルレコードに対するサポート案件を自動作成する機能です。 問い合わせ情報をサポート案件として一元管理する場合、さまざまなチャネルの レコードをサポート案件に変換する必要があります。 Microsoft Dynamics CRM Online の標準機能では、画面上から手動で変換する方法を提供しており...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サーバー側同期 Exchange Online との予定、タスク、取引先担当者連携

    みなさん、こんにちは。 前回は、サーバー側同期機能を利用した Exchange Online との電子メール 連携を紹介しました。今回は、電子メール以外のサーバー同期対象である 予定、タスク、取引先担当者の連携について紹介します。 ※予定、タスク、取引先担当者の連携は、Exchange Online でのみ有効な 機能となります。 概要 同期機能によりMicrosoft Dynamics CRM Online で作成した予定、タスク、 および取引先担当者 が Exchange Online にも自動で作成されます。その後 各種レコードを更新した際も、双方に自動で変更が反映されます...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 その 1 新しいプラグイン登録ツール

    みなさん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される SDK の新機能を紹介していきます。今回は UI が刷新されたプラグイン登録ツールを紹介します。 新しいプラグイン登録ツール まずプラグイン登録ツールは SDK 内で場所が変わりました。以前までは SDK\bin フォルダに配置されていましたが、今回から SDK\tools フォルダ 配下に配置されています。 フォルダ配下にある PluginRegistration.exe を実行してください。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 アプリケーションの新機能

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能からいくつかアプリケーションの新機能 を紹介します。 コマンドバーの表示上限 Microsoft Dynamics CRM 2013 よりリボンに代って採用されたコマンドバー ですが、以前は最大 5 つまで表示できました。しかし多くのフィードバック を精査した結果、今回のアップデートで最大 7 つまで表示できるように変更 されました。 ワークフローの条件エディターの改善 いままで高度な検索画面では指定できていた複数条件の...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サーバー側同期 Exchange Online との電子メール連携

    みなさん、こんにちは。 今回はサーバー側同期機能を利用した Exchange Online との電子メール連携を紹介します。 サーバー側同期機能は、Microsoft Dynamics CRM 2013 から追加された電子メール送受信 機能の一つです。これまで設置型でのみ対応していましたが、2014 年春バージョンで Microsoft Dynamics CRM Online も対応しました。これにより、電子メールルーター を 設置する導入コストが抑えられるとともに、Office 365 上のみでシステムが完結する とてもシンプルな環境構成が可能となります。 以下手順では、すべてトライアル版のみで構成しているので...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 リアルタイム重複検出機能再び

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で帰ってきたリアルタイム重複検出機能について紹介します。 概要 重複検出機能は以前のバージョンより提供されていた機能ですが、Microsoft Dynamics CRM 2013 のリリースとともに、レコード自動保存機能の提供など の関係でリアルタイムのレコード重複検出機能は失われていました。しかし 多くのお客様の声を受け取って、今回のリリースでリアルタイム重複検出 機能が帰ってきました。 挙動 レコード作成時および自動保存無効の場合...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 カスタマイズの新機能 Export To

    みなさん、こんにちは 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能からカスタマイズの新機能である Export To 機能を紹介します。 Export To 概要 今回のリリースで、Microsoft Dynamics CRM のバージョンは 6.1.xx と なりました。この環境で開発したソリューションを、バージョン 6.0.xx に 移す場合、新しいエンティティやビューの変更により依存関係が解決でき ない問題が考えられます。Export To 機能はこの問題を解決するために提供 される機能であり...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 9 ステータス遷移の制御

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能からステータス遷移の制御を紹介します。 ステータス遷移の制御概要 通常エンティティでは「アクティブ」、「非アクティブ」などの基本的な ステータスから、サポート案件のように「処理中」「情報待ち」「回答済」 など複数のステータスを管理する場合もあります。ステータスが複数ある 場合には、運用として「情報待ち」から「回答済」には直接変更させない 要件があるかもしれません。 今回提供するステータス遷移の制御機能は、まさしくこの要望を満たす...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 8 ルーティング規則

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、ルーティング規則を紹介します。 ルーティング規則の概要 コールセンターやサポートセンターでサポート案件を処理する際、状況に 応じて案件を適切なキューやユーザーにルーティングする必要があります。 例えば製品によって担当チームのキューに案件を割りてたり、優先度別に キューに割り当てることなどが考えられます。 ルーティングが自動化できない場合、オペレータが一定のルールに乗っ取り 1 件ずつ手動で処理をする必要があります...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 7 キューの新機能

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、キューの新機能を紹介します。 キューの新機能概要 Microsoft Dynamics CRM は以前よりキュー機能をサポートしてきました。 キューにはユーザーのキューやチーム、部署のキューまた手動で作成した キューなど柔軟に作成が行える半面、数が増えた場合に確認や設定が複雑 になるという問題がありました。例えばサポートに複数のチームがあった 場合、各チームがキューを作成して利用するシナリオが考えられます ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 6 サポート案件の親子関連

    みなさん、こんにちは。 今回は前回に続き、サポート案件の親子関連を紹介します。前回までの 情報をそのまま利用していますので、まだ以前の記事をご覧に なって いない場合は、以下のリンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 3 タイマーコントロール Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 5 サポート案件の統合

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される機能から、サポート案件の統合を紹介します。 前回までの情報をそのまま利用していますので、まだ以前の記事をご覧に なっていない場合は、以下のリンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 4 スケジュール

    みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きで、顧客サービススケジュールと祝日スケジュールについて 紹介します。まだ前回の記事を ご覧になっていない場合は以下ご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 3 タイマーコントロール 顧客サービススケジュールと祝日スケジュール これらのスケジュールは、SLA の計算に利用できます...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 3 タイマーコントロール

    みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きで、タイマーコントロールについて紹介します。まだ 前回の記事を ご覧になっていない場合は、以下リンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 権利 タイマーコントロール SLA の機能をより便利に使うために、タイマーコントロールが提供されて います。タイマーコントロールはフォーム上に配置するコントロールで SLA の状況をわかりやすく表示します。 タイマーコントロールの設置 まず今回のシナリオです...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 権利

    みなさん、こんにちは。 今回は前回の続きで、権利について紹介します。まだ前回の記事を ご覧になっていない場合は、以下リンクよりご参照ください。 Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約 権利 権利を使うことで、以下のようなことを指定できます。 ・権利をもつお客様の指定 ・対象となる製品や担当者の指定 ・権利の有効期間の指定 ・消費できる時間または件数の指定 ・権利を利用できるチャネルの指定 ・適用する SLA の指定 ・権利に基づいて消費の制限を行うかの指定 ・権利消費タイミングの指定 権利の作成 以下の手順で権利は作成します。...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約

    みなさん、こんにちは。 今回から数回で、Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び 設置型 用サービスパック 1 で提供されるサービスモジュールの新機能の内容 と使い方を紹介します。 概要 今回提供されるサービスモジュールの拡張は、サポート案件を中心とした機能 の拡張です。一般的なサポートサービスで必須となるサービスレベル契約や権利 営業時間の設定やルーティングおよびサポート案件レコード作成の自動化、また 重複したサポート案件の統合や関連のあるレコードの親子関連付けなどです。 今回はまずサービスレベルについて紹介します。 ...
Page 1 of 2 (29 items) 12