Japan Dynamics CRM Team Blog

Microsoft Dynamics CRM technical information for partners and customers

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 設置型 検証環境における SSL 証明書の作成方法

    みなさん、こんにちは。 今回は、検証環境における Secure Sockets Layer ( SSL ) 証明書を作成する方法を紹介いたします。 この記事は弊社が提供しているブログ Dynamics CRM in the Field で紹介された 記事を翻訳したものです。なお、本記事で紹介する方法は設置型でのみに有効な方法です。 情報元: Creating SSL Certificates for CRM 2013 Test Environment ==================================================== 以前に creating...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 設置型 通信パフォーマンスを改善する方法

    みなさん、こんにちは。 今回は、Windows Communication Foundation (WCF) 圧縮および SSL を有効にして Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型の通信パフォーマンスを改善する方法を紹介いたします。 この記事は弊社が提供しているブログ Dynamics CRM in the Field で紹介された 記事を翻訳したものです。なお、本記事で紹介する方法は設置型でのみに有効な方法です。 また Dynamics CRM 2011 における 同様の記事 も合わせてご確認ください。 WCF 圧縮および SSL 暗号化 前回の記事...
  • Blog Post: Unified Service Desk (USD) のご紹介

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Spring '14 リリースにて公開された Unified Service Desk (USD) をご紹介します。 Unified Service Desk (USD) とは? Unified Service Desk (USD) はコールセンターのエージェントが利用することを想定したソリューションです。 Microsoft Dynamics CRM に格納されたさまざまな顧客データを統合的なビューとして提供するアプリケーションを素早く構築できるフレームワークを提供します。 なお...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 サービスパック 1 適用後に新機能適用前の組織を作成する方法

    みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型にサービスパック 1 を適用する際に、 既存の各組織には管理者が手動で新機能を有効にする必要があります。 一方、新規に作成した組織には自動的に新機能が有効になります。 今回は新しい組織に自動的に新機能を有効にするかを制御する手順を紹介します。 サービスパック 1 を適用した環境に、自動的に新機能を有効にしない設定を行い、 新機能が無効な組織を作成します。なお、紹介する内容は設置型のみに有効な方法です。 早速手順を見てみましょう。 高度な構成設定の変更 新機能を無効 にするため 高度な構成設定の...
  • Blog Post: CodePlex 紹介 : Dynamics CRM QuickFind on Selected View

    みなさん、こんにちは。 今回 は PFE Dynamics チームが新しく CodePlex に公開したソリューション 「QuickFind on Selected View」を紹介します。 QuickFind on Selected View : https://quickfindonselectedview.codeplex.com/ 概要 以下に上記リンクで紹介されている概要をそのまま紹介します。 "現在選択しているビューの条件を使って簡易検索をしたい!" 多くのお客様やパートナー様より簡易検索の挙動について、「現在選択中のビューに基づいたクエリを行いたい...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 ソリューション展開ツールとパッケージテンプレート その 4

    みなさん、こんにちは。 前回までの記事でソリューション展開ツールの利用方法とパッケージの 作成方法を紹介してきましたが、今回は CUI での展開を紹介します。 PowerShell での展開 開発したパッケージを繰り返し展開する場合、GUI ツールを利用する のは効率が良くありません。そこで SDK チームはソリューション展開 ツールの PowerShell 版も用意しました。 前提要件 PowerShell 3.0 以降 : 以下コマンドで確認できます。 >$host PowerShell スクリプトの実行ポリシーが設定されている。管理者権限 で以下コマンドを実行してください...
  • Blog Post: Dynamics CRM 個人ビューのエクスポートとインポート その 2

    みなさん、こんにちは。 前回 に続き、開発者向けの情報として、個人ビューのエクスポート とインポートを考察した結果とサンプルコードを公開します。尚 対象は Microsoft Dynamics CRM 2013 および同等バージョンの Microsoft Dynamics CRM Online とします。 今回は、 前回 エクスポートした個人ビューのインポートを考えます。 ※以下で紹介する内容はあくまで個人の見解であり、コードは 自己責任で検証を行ってください。 ファイルとユーザーの取得 まずは前回ディスクにシリアライズして保存したデータをデシリア ライズして読み込むところから検討してみます...
  • Blog Post: Dynamics CRM 個人ビューのエクスポートとインポート その 1

    みなさん、こんにちは。 今日は開発者向けの情報として、個人ビューのエクスポートと インポートを考察した結果とサンプルコードを公開します。尚 対象は Microsoft Dynamics CRM 2013 および同等バージョンの Microsoft Dynamics CRM Online とします。 今回はまず個人ビューのエクスポートを考えます。 ※以下で紹介する内容はあくまで個人の見解であり、コードは 自己責任で検証を行ってください。 概要:個人ビュー移行の問題 テスト環境から UAT や本番環境にソリューションを移行する場合 通常はソリューションのエクスポートとインポートでカスタマイズ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 その 1 新しいプラグイン登録ツール

    みなさん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用 サービスパック 1 で提供される SDK の新機能を紹介していきます。今回は UI が刷新されたプラグイン登録ツールを紹介します。 新しいプラグイン登録ツール まずプラグイン登録ツールは SDK 内で場所が変わりました。以前までは SDK\bin フォルダに配置されていましたが、今回から SDK\tools フォルダ 配下に配置されています。 フォルダ配下にある PluginRegistration.exe を実行してください。 ...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2011/2013 で利用できる便利なツール

    みなさん、こんにちは。 今日は北米プレミアフィールドエンジニアチームブログより、Microsoft Dynamics CRM 2011/2013 で利用できる便利ツールを紹介します。 情報元: Dynamics CRM 2011 and 2013 useful Tools and Features ==================================================== 以下に私たちがお客様の環境で利用する便利なツールを紹介します。 Plugin Registration Tool (SDK) ダウンロード Developer...
  • Blog Post: PFE Core Library for Dynamics CRM が CodePlex と NuGet で公開されました!

    みなさん、こんにちは。 先週、北米プレミアフィールドエンジニアチームが、Microsoft Dynamics CRM 2011 および 2013 向けのライブラリを公開したので、以下に紹介します。 情報元: PFE Core Library for Dynamics CRM on CodePlex and NuGet ===================================================== 先週、これまで提供してきたアドバイザリーサービスの成果の一部として、 Microsoft Dynamics CRM 用 C# ライブラリを公開しました。 ...
  • Blog Post: Microsoft Dynamics CRM SDK サンプル紹介 : Sdk.Soap.js

    みなさん、こんにちは。 今回は、先日公開された Microsoft Dynamics CRM 2013 用の サンプル 「Sdk.Soap.js」を紹介します。 概要 Sdk.Soap.js は JavaScript ライブラリであり、Microsoft Dynamics CRM 2013 で SOAP エンドポイントを利用するモダンアプリケーション用に開発されました。 OData (REST) エンドポイントはCRUD 処理は簡単に使える反面、Execute メソッド を利用する場合は、複雑なメッセージを作成する必要がありました。しかしこの ライブラリを使うことで、C#...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 IFD 構成時の AD FS Tips

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 を IFD 構成にした際の AD FS の Tips をお届けします。 ※以下の内容は Windows Server 2012 R2 AD FS を利用して検証しています。 サインアウトしないオプション IFD を構成した場合ユーザーはフォーム認証画面でユーザー名とパスワードを入力する 必要がありますが、毎回入力することを避けたい場合 AD FS の設定を変更することで、 以下のように「サインアウトしない」オプションを表示できます。 手順 1. AD FS サーバーにログインして...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 : Web アプリケーションプロキシ (WAP) を利用してインターネットに接続する展開を構成する

    みなさん、こんにちは。 今日は管理者の方向けの情報として、Web アプリケーションプロキシ (WAP) を利用して Microsoft Dynaimcs CRM 2013 を IFD 構成する場合の注意点を 紹介します。 参考情報: Publishing CRM Internet Facing Deployment using Web Application Proxy 発生しえる問題 WAP 経由で IFD URL を外部公開した場合、ユーザーのログインが行えず、 また AD FS サーバーにて以下のイベントログが記録される場合があります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 : Outlook 用 CRM の取得およびナビゲーションツアーを非表示にする方法

    みなさん、こんにちは。 今回はユーザーエクスペリエンスに関連する 2 つの Tips をお届けします。 Outlook 用 CRM の取得を非表示にする ブラウザで Microsoft Dynamics CRM に接続した際、コンピューターに Outlook アドインがインストールされていないと、以下のバナーが表示 されます。 このバナーを常に非表示にしたい場合は、以下の手順で設定を変更します。 1. 設定より管理 | システム設定を開きます。 2. Outlook タブをクリックします。 3. 一番したの項目に 「Outlook 用 CRM...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 : SharePoint 2013 設置型におけるリストコンポーネント導入時のポイント

    みなさん、こんにちは。 以前、以下の記事で SharePoint 2013 を利用したドキュメント管理の 連携機能を紹介しました。 Dynamics CRM Online : ドキュメント管理の利用と SharePoint 2013 前回はオンライン環境を中心に紹介しましたが、今回は設置型に おける、導入時に陥りやすい問題と対処を紹介します。 正しいリストコンポーネントの選択 リストコンポーネントは、Microsoft Dynamics CRM のバージョン、 および SharePoint Server のバージョンによってダウンロードする モジュールが分かれています...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 フィールドレベルデータ暗号化機能が、組織の作成やインポートに与える影響とその対処方法

    みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2013 より、フィールドレベルデータの暗号化 機能が提供されました。今回はそちらの機能が組織のインポートに及ぼす 影響と、その対処方法を紹介します。 フィールドレベルデータの暗号化機能については以下記事をご参照ください。 Dynamics CRM 2013/Fall '13 フィールドレベルデータの暗号化 組織の新規作成およびアップグレードに対する影響 Microsoft Dynamics CRM 2013 の展開マネージャーより組織を新規に作成 するか、以前のバージョンよりアップグレードインポートする際...
  • Blog Post: インテグレーションガイド : Microsoft Dynamics CRM Online と Office 365

    みなさん、こんにちは。 先日 Microsoft Dynamics CRM Online と Office 365 の統合に 関する資料が公開されました。 資料は以下リンクよりダウンロードできます。 Integration Guide: Microsoft Dynamics CRM Online and Office 365 こちらのドキュメントでは、以下の内容がカバーされています。 - Office 365 概要 - 既存の Microsoft Dynamics CRM Online に Office 365 の サブスクリプションを追加する方法 - ユーザーアカウントの同期...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 設置型 E-mail Router 設定のポイント

    みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2013 ではサーバー側同期機能が提供されましたが、 その分設定項目が増え、E-mail Router を利用する場合に分かり辛い箇所も あるようです。そこで今回は E-mail Router 設定のポイントを紹介します。 ※ 2014 年 2 月 17 日現在、Microsoft Dynamics CRM Online ではサーバー側 同期をサポートしていません。ご注意ください。 システム設定 Microsoft Dynamics CRM 2013 では、電子メールの処理に E-mail Router...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 フォームのアクティブ/非アクティブステータス

    みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 で提供されるフォームのステータスについて紹介します。 情報元 : Form Activation\Deactivation state 概要 Microsoft Dynamics CRM 2011 より、各エンティティは複数のフォームを 持てるようになり、フォームセレクターによる切り替えの他、ロール別 に異なるフォームをアサインするなど柔軟性が高くなりました。 その一方で開発中のフォームを含め非常に多くのフォームを保持する場合...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013 SDK NuGet パッケージ公開のお知らせ

    みなさん、こんにちは。 既にご存知の方も多いかもしれませんが、Microsoft Dynamics CRM 2013 用 SDK が NuGet で取得できるようになっています。 NuGet ギャラリー 現在公開中のパッケージは以下のリンクより確認できます。 http://www.nuget.org/profiles/crmsdk/ 使い方 今回はコンソールアプリケーションを作成し、NuGet にて 必要なアセンブリを取得してみます。 1. Visual Studio 2013 を開き、新しいプロジェクトを選択、 C# よりコンソールアプリケーションを選択します...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 5

    みなさん、こんにちは。 前回 に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回はスクリプト開発を紹介します。 Xrm.Page オブジェクトモデル タブレット用 CRM アプリケーションでも、Xrm.Page オブジェクトモデル を利用してスクリプト開発が行えますが、以下の注意事項があります。 ダイアログメッセージ メイン UI の処理を中断する window.alert, window.confirm...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 4

    みなさん、こんにちは。 前回 に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回はリストおよびグリッドの機能とカスタマイズを見ていきます。 リスト タブレット用 CRM アプリケーションのダッシュボードやフォーム上の サブグリッドで表示されるリストには、以下の機能があります。 表示内容 リストにはプライマリフィールド以外に 2 つの列が表示されます。表示 される列は既定のビューより定義を取得しています...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 3

    前回 に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回はフォームのカスタマイズを見ていきます。 メインフォーム タブレット用 CRM アプリケーションでは以下の機能をサポートします。 - 既定のメインフォームの定義を再利用 - 最大 5 タブ - 最大 75 フィールド (隠しフィールド含む) - レコードナビゲーション - タイル、コンタクトカード - ビジネスプロセスフロー - サブグリッド - ヘッダー...
  • Blog Post: Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 2

    みなさん、こんにちは。 前回 に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall '13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。 今回から各種機能と関連するカスタマイズを見ていきます。 対応エンティティと変更可能範囲 タブレット用 CRM アプリケーションに対しては、有効で編集可能、有効で 読み取り専用、無効の設定が存在しますが、エンティティによって行える 設定が限られています。 設定の確認、変更はエンティティのカスタマイズ画面を使用します。 グレーアウトしている設定は利用できません。 ...
Page 1 of 8 (178 items) 12345»