Visual Studio 2008 Team Foundation Server に対応した言語変更パッケージに関する記事が弊社 Brian Harry のブログ (英語) に記載されています。 このツールは既存の英語版Visual Studio Team Foundation Server を日本語を含む各言語に対応したエディションに変更するための追加パッケージで、MSDN Download Center で現在 Visual Studio 2005 Team Foundation Server 対応のもの(http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=70500) が公開されております。以下は Brian Harry の記事の前半部分のご紹介です。

TFS 2005 を出荷した後、私たちはお客様のお使いの TFS サーバを英語版から他の言語エディションに変更するための補助ツールセットをリリースいたしました。このツールセットは、お客様ご自身が手動で行わないといけない手順に対する解説とそれを補助するためのツールで構成されています。正確な数字は今思い出せませんが、かなり多く、おそらく2000名程度のお客様にこのツールセットをご利用いただいております。TFS 2005 は最初の TFS のリリースであったこともあり、英語版のベータしか提供されていない時期がありました。このツールはその時期から英語版をお使いになっていたお客様がローカライズされた製品版のリリース後に、お使いになりたい言語エディションに移行するのをお手伝いするために作成されました。

現状私たちは、このツールは TFS 2008 にはもしかしたら必要ないのではないかと考えています。前回の状況とは異なり、お客様は TFS 2008 の英語版のリリース後、ローカライズ版がリリースされるまでの間、あえて英語版に移行しないでも既存のローカライズ版 TFS 2005 を使い続けていただくことができると思われるからです。この仮定は正しくないかもしれません。私たちは実際に TFS 2008 対応の言語変更パッケージの開発に着手する前にお客様からのリクエストがあるのかどうかの調査を始めました。また、同時にどの位のお客様がこのツールを必要としているかを理解するためのアンケートを行っています。

アンケートにご協力いただける場合には、Brian Harry の記事中からのリンク、あるいは、以下のリンクよりご回答くださいますようお願いいたします。

Visual Studio 2008 Team Foundation Server 用言語変更パッケージに関するアンケートサイト(英語)

期限: 12月21日(金) まで

※ SurveyMonkey を利用したオンラインでの匿名アンケートとなっております。
※ 上記サイトにアクセスのうえアンケートにご回答ください。