この内容は米国 Microsoft Corporation の Brian Keller が書いたブログの抄訳です。

Visual Studio 2010 CTP の Virtual PC には、使用期限が設定されています。またWindows Server 2008 や Office 2007 製品の評価版を使用しているため、たびたびアクティベーションを求めるメッセージが表示されます。以下にそれらに関する対処方法を説明します。

Visual Studio 2010 CTP の使用期限

2009年1月1日以降、Visual Studio 2010 CTP は起動できなくなります。

対処方法: 2009年1月1日以降に Visual Studio 2010 CTP を利用したい場合は、コンピューターの日付をそれ以前に戻してから Virtual PC を起動するか、下記の手順に従って Virtual PC の仮想マシンのシステム時間をホストOSのシステム時間に同期しないように設定します。

Virtual PC の仮想マシンのシステム時間を、ホスト OS のシステム時間に同期させない設定
(下記は、こちらのブログ (英語) で紹介されている手順を基にしています)
  1. まだ一度も起動していない VisualStudio2010CTP.vhd を用意します。
  2. VisualStudio2010CTP.vhd と同じフォルダにある VisualStudio2010CTP.vmc ファイルをメモ帳などのテキスト エディタで開きます。
  3. 下記のように記述されている部分を見つけます。
    <integration>
        <microsoft>
            <mouse>
                <allow type="boolean">true</allow>
            </mouse>

    ここにはたくさんの記述がありますが、ページスペース節約のために省略します...

        </microsoft>
    </integration>

  4. そこに下記のように記述を追加します。
    <integration>
        <microsoft>
            <mouse>
                <allow type="boolean">true</allow>
            </mouse>
            <components>
                <host_time_sync>
                    <enabled type="boolean">false</enabled>
                </host_time_sync>
            </components>


    ここに��たくさんの記述がありますが、ページスペース節約のために省略します...

        </microsoft>
    </integration>
  5. ファイルを保存してメモ帳を終了します。
  6. Virtual PC から VisualStudio2010CTP.vhd を起動します。

Windows Server 2008

ときおり下記のメッセージが表示されます。

対処方法: 無視するか、右上の "X" をクリックしてメッセージを消してください。

11月のどこかのタイミングで、この Virtual PC イメージを起動するたびに下記のメッセージが表示されるようになります。

対処方法: [Cancel] か[Activate later] をクリックして作業を続けます。

Word /Excel

インストールされている Word および Excel の評価版は、20回だけ起動が可能です。

それまでの間、起動の度に下記のメッセージが表示されます。また20回を超えると、既存ファイルを読む以外の大半の機能が使えなくなります。

対処方法: 20回までは [Cancel] ボタンをクリックして Activation Wizard を消して作業を継続します。20回以上利用したい場合は、未使用のVPCファイルを使います。

20回を超えると、下記のようにリボンの大半の機能が使えなくなります:

Project

VPCで利用している Project の評価版にも Word / Excel と同様の制限があります。Project は 25回まで起動可能です。25回以降は利用できなくなりますので、必要な時以外は Project を起動しないことをお勧めします。

対処方法: 25回以上利用したい場合は、未使用のVPCファイルを使います。