昨日、「どうなる?! 日本のソフト開発」というタイトルにつられて、ソフト開発未来会議[オフライン]に、聴講者として参加してきました。

パネラーの方々もモデレータの小川さんも、いい意味での偏り具合が非常におもしろかったです。クラウド コンピューティングのセキュリティ、可用性のところが一番、盛り上がりましたが、「こんな状況だからこそ、positive に考えないと。」という森屋さんに一票です。

私も小川さん同様、negative 派なのですが、違いは、”一部の問題があるからそこで全体を前に進めない”  or ”一部の問題は解決する(される)ことを前提に全体を前に進める” だと思います。問題の程度にもよりますが、同時期の結果が大きく異なることもありますから、時には positive にいかないとですね。

第2回も期待してます!