ロボティクス向け開発環境のRDS向けにKinect ServiceがMicrosoft Researchからリリースされました。

http://research.microsoft.com/en-us/downloads/f8cda115-e9ec-44d1-abcd-3dfdd09d2e77/

機能は、Robotics Studio向けのKinectセンサーエミュレーター、Robotics Studioで作ったサービス向けのKinectの画像情報、深度情報、センサーのTilt制御です。残念ながら音声やスケルトンは今後リリース予定だそうで今はありません。
Robotics Studioで動くロボットの3次元の目といったところでしょうか。

使用方法は、http://www.microsoft.com/robotics からRobotics Studio 2008 R3をダウンロードして先ずインストール、Kinect SDKもインストールした後、先頭のURLからダウンロードしたZIPファイルを展開、中に入っているKinect_RDS2008R3を実行します。すると、binとかsamplesとかstoreとかのフォルダー群が現れます。それらを全て、丸ごと、Robotics Studioがインストールされているディレクトリ(c:\Users\UserName\Microsoft Robotics Dev Studio 2008 R3)にコピーします。binも、SamplesもStoreも丸ごと。

次のポストではサンプルの紹介をしますね。