川西 裕幸のブログ

Windows Graphics & Presentaiton Technologies for Developers

September, 2008

Posts
  • 川西 裕幸のブログ

    WPF Application Quality Guide v0.3(英語版)

    • 0 Comments
    WPF Application Quality Guide v0.3(英語版) が公開されました。以下の内容が追加されています。 Suggested Roadmap:さまざまな読者ターゲット用に、読むべきページが案内されています。 Manual Testing and Record and Play:手動テストの方法が紹介されています。 Globalozation and Localization Testing:グローバライズやローカライズ用のテストの、上位レベルのコンセプトとリソースやヘルプがまとめられています...
  • 川西 裕幸のブログ

    Silverlight 2 Tools RC0 英語版

    • 0 Comments
    http://silverlight.net/GetStarted/sl2rc0.aspx にSilverlight 2 Tools for Visual Studion 2008 SP1 の RC0 (英語版)などが公開されました。注意が2点あります。 このToolsは英語版なので、日本語版の Visual Studion 2008 Sp1 には インストールできません 。 Developer Runtime をインストールすると、Beta 2 → RC0 での変更のため、現在公開されている...
  • 川西 裕幸のブログ

    Silverlight 2 でカジュアルゲーム

    • 0 Comments
    MVCモデルをベースとした カジュアルゲームをSilverlight 2 で作る という記事が公開されています(英語)。 ソースコードは、 著者 Joel Neubeck のブログ にあります。
  • 川西 裕幸のブログ

    ソフトウェア開発におけるユーザーエクスペリエンス戦略 第4回

    • 0 Comments
    ソフトウェア開発におけるユーザーエクスペリエンス戦略 第4回「ユーザーエクスペリエンスのための戦略と手法」 が公開されました。これで、 この連載 は終了です。
  • 川西 裕幸のブログ

    XAML Power Toys v2

    • 0 Comments
    XAML Power Toy v2 (コードネームHawaii) はWindows FormのようなUIをクラスやデザインから生成して、XAMLとして出力するツールです。このバージョンはWPF用ですが、Silverlight 2がリリースされたらSilverlightもターゲットにできるようアップデートするとのことです。以下の機能を持っています。 クラス用のビジネスフォームを作成 ビジネスフォームを作成 クラス用のフィールドを表示 ボーダー、スタックパネル、ラップパネルなどにグループ化...
  • 川西 裕幸のブログ

    CEDEC 2008 (9/11)

    • 0 Comments
    今日は宮本茂氏の基調講演があったので、どれほど人が並ぶかを写真に撮ってみました。講演のあるグリーンホールは700名、映像を映す教室は数百名収容できるとのことでした。左の写真の左奥がグリーンホール、列が続いて、中央の写真の樹木の奥から列は戻り、最終的には折り返して、右の写真の中央くらいで定員となりました(午前9時10分、開始20分前)。それ以降もどんどん人が来て、映像だけの教室で立ち見も出たそうです。聞くところによると午前7時半ころから並んだ人がいたそうです。 以下のセッションに出ました...
  • 川西 裕幸のブログ

    CEDEC 2008 (9/10)

    • 0 Comments
    今日は以下のセッションに参加しました。 Haloの開発、テクニカルアートの役割 リニア空間と物理的に正しいライティング 5年後のゲーム開発環境を考える~ゲーム会社技術開発の現場から~ 「Halo...」はBungie社のテクニカル アーティストSteve Theodore氏の講演で、Bungie社でのテクニカル アーティストの役割を紹介しました。その中で、「生産性」と「ワークフロー」というキーワードで紹介していたのが印象的でした。具体的には「データ・コンテンツ管理」...
  • 川西 裕幸のブログ

    CEDEC 2008 (9/9)

    • 0 Comments
    今日から CEDEC 2008 が始まりました、今年で10年目ですが登録者数は過去最高とのことです。 自分のSilverlightのセッション以外に、以下のセッションに参加しました。 基調講演:CEDECの10年、これからの10年 [CEDECラボ] 研究者はゲーム研究になぜ関心を持つのか~ゲーム産業と研究者との未来への対話~ [CEDECラボ] アバター「人を引き込む身体的インタラクション技術」 今後のインテル Visual Computing の方向性 ...
  • 川西 裕幸のブログ

    Larrabee @ CEDEC 2008

    • 0 Comments
    今年のCEDECでは、Intel さんが「 今後のインテル Visual Computingの方向性 」という話を9月9日(火)にされます(私たちのSilverlightセッションの次のセッション)。そのなかで SIGGRAPH 2008でも紹介された、Larrabeeを説明するそうです。
Page 1 of 1 (9 items)