川西 裕幸のブログ

Windows Graphics & Presentaiton Technologies for Developers

September, 2010

Posts
  • 川西 裕幸のブログ

    ピクセルシェーダー③ ShaderEffect

    • 0 Comments
    PsPad でビルド・保存したシェーダーバイトコード(.ps)をプロジェクトに組み込む方法を解説します。ShaderEffect の継承する具象クラスを実装します、詳細は MSDN ライブラリーの ShaderEffect クラス( WPF , Silverlight )を参照してください。Silverlight でも WPF でもほとんど同じ手順です。 VS2010で新規プロジェクトを作成し、画像(Stove.jpg)を表示して、その画像にGray.psを適用するとしましょう。 PsPad で...
  • 川西 裕幸のブログ

    第2回 ユーザーエクスペリエンス デザイン ワークショップ

    • 0 Comments
    10月15日(金)に開催予定の 第2回ユーザーエクスぺリエンス デザイン ワークショップ の参加者募集が公開されました。 第1回 と同様に、私とミツエーリンクスの栗山氏、潮田氏がファシリテーターです。第1回の反省・フィードバックを反映して、より良いものに改良しています。 今やユーザーエクスペリエンス デザイン(あるいはインタラクション デザイン)はソフトウェア設計・開発に必須のスキルです。午前10時から午後6時までの長時間ですが、興味のある方は、 定員30名 なので、早く申し込んでください(1社2名まで...
  • 川西 裕幸のブログ

    ピクセルシェーダー② ツール PsPad

    • 2 Comments
    ピクセルシェーダー編集ツール PsPad を作りました、ソースコードと実行ファイルを PsPad.CodePlex.com に置きます。ビルドには VS2010 と DirectX SDK が、実行には .NET 4 と DirectX Runtimeが必要です。 ShaderEffectLibrary ( ShaderBuildTask )や NyaRuRuさんのDynamicShader や ShaderPad のようなツールもあるのですが、VS2010用に.NET 4 & PS_3_0に対応できるものが欲しかったので作成しました...
  • 川西 裕幸のブログ

    ピクセル シェーダー①

    • 0 Comments
    WPF・Silverlightでもピクセルシェーダーが使えます。Direct3DではピクセルシェーダーはGPU上で動作し、頂点シェーダーと組み合わせて頂点からラスタ化されたピクセル(サブピクセル)とテクスチャなどを処理しますが、WPF・Silverlightで使われるピクセルシェーダーはUIElementに適用する画像処理です。WPFのピクセルシェーダーはGPUで、SilverlightのピクセルシェーダーはCPUで動作します。 ピクセルシェーダーとは単純に言うと各ピクセルの色を出力するプログラムです...
  • 川西 裕幸のブログ

    書籍 Parallel Programming with Microsoft .NET

    • 0 Comments
    O’Reilly から「 Parallel Programming with Microsoft .NET ~Design Patterns for Decomposition and Coordination on Multicore Architectures~ 」が出版されました(たしか昨年、Microsoft Press の出版事業は O’Reilly に移行されました。) 執筆陣は、TPLなど .NET 並列ライブラリーのプログラム マネージャや開発者などです。
  • 川西 裕幸のブログ

    Windows 7 アプリ投稿キャンペーン

    • 0 Comments
    「 Windows 7 アプリ投稿キャンペーン 」が始まりました。リボンやマルチタッチとか、WPF や DirectX などを使ったアプリを Vectorの専用サイト に投稿すると、 開発快適グッズ (!)が当たるらしいです。「Windows 7 アプリ」と言いながらも Silverlight 4 もOKのようです。開発快適グッズ抽選の締め切りは2010年10月15日。
  • 川西 裕幸のブログ

    CEDEC AWARDS 2010 著述賞

    • 2 Comments
    昨日、CEDEC 2010で CEDEC AWARDS 2010 著述賞を 株式会社ボーンデジタル さんといただきました。受賞理由は以下の通りです。 「Game Programming Gemsシリーズ」日本語版他多数の出版により、ゲーム業界のみならず日本のソフトウェア産業全体に多大なる貢献をもたらした。 Gemsシリーズを始めた時の翻訳者である狩野さんをはじめ出版にご協力いただいた方々、ボーンデジタルの皆さん、そしてなにより高い本ばかりなのに購入していただいた方々に感謝します...
Page 1 of 1 (7 items)