川西 裕幸のブログ

Windows Graphics & Presentaiton Technologies for Developers

Browse by Tags

Tagged Content List
  • Blog Post: 「産」と「学」 再考

    CHIやSIGGRAPHのようなアカデミックのカンファレンス(学会)に参加すると、いつも(欧米と日本の)彼我の差を感じます。 SIGGRAPHに参加した時にも書きました が、今回も「産」から「学」への「金」の流れと、「学」から「産」への「人」の流れを感じました。 Microsoft, Google, Oravcleといったグローバル企業が、スポンサーとしてCHIにお金を投入しています(展示だけではなく毎日のようにパーティも開催しています)。その目的は求人です。求人ブースに行くと、User Experience DesignerとかUsability Reseacherといったようなジョブタイトルが求人されていました...
  • Blog Post: CHI2008 Thursday

    最終日は以下のセッションに参加しました。 Towards Best Practices (Case Study) Fitt's Law Lives (Papers/Notes) HCI History: Trajectories into the Future (Course) From Mathimatics to Experience : Chaging perspective on Design (Closing Planary : Bill Buxton) 3に期待していたのですが、いまいち私の期待したものと違っていました。HCIが対象とする分野が時代とともに変化していること...
  • Blog Post: CHI2008 Wednesday

    水曜日は以下のセッションに参加しました。 LateFragment Interactive Feature Film (Invited Session) Towards a Shared Definition of User Experience Branding the Feet: Applying Standards to Enable a Uniform User Experience (Panels) Multidimensional Visualization (Paper/Notes) 朝の CHI Madness にも、もちろん参加しました。日本人では東京大学の五十嵐研究室の方と...
  • Blog Post: CHI2008 Tuesday

    火曜日は以下のセッションに参加しました。 Quantitative Research Methods for Human-Computer Interaction (Course10) Meta-CHI (alt.chi) Research Case Study (Case Studies) 1では統計的なデータの取り方から解析・グラフ・論文の書き方まで、実際に参加者に携帯キーとQWERATキーボードとで入力をさせて、データを取り解析しながら説明していきました。標準偏差やその違いが有意かどうかを調べるF値などの基本的な説明でした。携帯キーを使わない(使えない)私には...
  • Blog Post: CHI 2008 Monday

    CHI は「カイ」と読むのですね、月曜日のキーノートを聞いていて初めて知りました。初日にKeith Butler氏が「HCI (こちらのほうがよくつかわれます) じゃ発音できないからね」と言っていたので、CHIってどう読むのかと思っていました... さて、月曜日はIrene McAra-McWilliam氏による講演(Opening Planary)から始まり、そのあとは各90分の分科会に分かれました。私は以下の3つに出席しました。午後6時半からは出展社主催のパーティもありました。 Don't Inerrupt Me (Papers/Notes) From Usability...
  • Blog Post: CHI 2008

    今週は CHI 2008 に参加しています。CHI はACM が主催する Computer-Human Interaction の学会です。会場はイタリア フィレンツェの元要塞(五稜郭のような五角形をしています)の中です。SIGGAPHは毎年参加しているので様子がわかるのですが、SIGCHIは初めてなので、いろいろ戸惑っています(参加者はSIGGRAPHの1/10くらいでしょうか)。 初日は初心者向けに開催された Human-Computer Interaction : Intrudoction & Overview に参加しました。Keith Butler氏(Microsoft...
Page 1 of 1 (6 items)