IEBlog 日本語

Windows Internet Explorer エンジニアリング チームのブログ

January, 2012

  • IEBlog 日本語

    プライバシーに関する今週のイベント

    • 0 Comments
    編注: この記事の英語版 (原文) は 2012 年 1 月 24 日に公開されました。 過去 10 年の間 (英語)、Microsoft はユーザーのプライバシー保護に対して真剣に取り組んできました。セキュリティと同じように、プライバシーについてはすべての Microsoft 製品で十分に考慮されています。Microsoft が提出したユーザーのプライバシー保護を目的としたインターネット標準に関する 提案 (英語) が、長期にわたって Web を進化させるためのオープン スタンダードを開発する国際的なコミュニティである World Wide Web コンソーシアム (W3C) (英語) によって 受理、公開 (英語) されてから、ほぼ 1 年になります。W3C が Tracking Protection ワーキング グループ (英語) の発足を 発表 (英語) した経緯については、昨年 9 月の ブログ記事 でお話ししました。このワーキング グループは、業界全体から幅広く利害関係者を集めて "追跡拒否" (Do Not Track) テクノロジの標準化に取り組むためのものであり...
  • IEBlog 日本語

    内部のしくみ: Test Drive デモ Let It Snow...

    • 0 Comments
    今日、ここシアトルではめったに見られない吹雪が吹いています。これにあやかり、2011 年のホリデー シーズンに公開した Test Drive デモ "Let It Snow" についての解説を投稿したいと思います。 — 編集担当 ブラウザーが基盤のハードウェアを有効に活用できると、可能性は無限に広がります。ホリデー シーズンに リリースしたデモ では、Internet Explorer 10 で実現される、ハードウェア アクセラレーションをフル活用した、タッチ主導のブラウジング エクスペリエンスの優れている点をご覧いただけます。この記事では、その Let It Snow (英語) デモがどのように作成されたかを詳しく説明します。このデモで使われているパターンは、現在の Web と初期の Metro スタイル アプリ (英語) で広く見られる、典型的な HTML5 エクスペリエンスです。今回は、視覚的な観点ではなく、機能面から解説します。 性能の低いモバイル デバイスとタッチ主導のユーザー エクスペリエンスが主流になったことで、ユーザーがブラウザーのパフォーマンスについて期待することは急激に増えています...
  • IEBlog 日���語

    新年も安全にオンラインを利用する

    • 0 Comments
    攻撃者がホリデー シーズンに休暇を取ることはありませんでした。12 月の半ばからお正月にかけて、平均して毎日約 2 百万件のマルウェアのダウンロードが Internet Explorer の SmartScreen サービスによってブロックされました。12 月 25 日には、マルウェアのブロック件数は 30% も急上昇しました。ユーザーが攻撃者の策略にはまって望まない "プレゼント" を PC にダウンロードする事態を防ぐことができ、嬉しく思います。 オンラインのセキュリティ強化を決心するには、1 月は格好のタイミングです。マイクロソフトは、1 年中、昼夜を問わずオンラインのセキュリティ強化に取り組んでいます。Web で安全にコンピューターを利用するには、自動更新機能や Internet Explorer の SmartScreen フィルターを有効にするなど、いくつかの簡単な ベスト プラクティス を実行すると効果的です。 Windows 7 は Windows XP と比べて、マルウェアの 感染率が 1/5 (英語) であるという実績は、最近のモデルの PC をお持ちの方にとって心強く感じられるでしょう...
  • IEBlog 日本語

    CSS user-select を使用して選択を制御する

    • 0 Comments
    IE10 Platform Preview 4 リリースには、新しい CSS プロパティである -ms-user-select (英語) のサポートが組み込まれています。Web 開発者は、このプロパティを使うと、比較的簡単に Web サイトで選択できるテキストを正確に制御できます。私には、コンピューターで文章を読むときに、テキストを選択する癖があります。このような読み方をするのは、 私だけ (英語) では ありません (英語)。インターネット上のテキストを選択することが重要な場面は、他にも多くあります。 例として、典型的なニュース Web サイトを考えてみましょう。ほとんどのページにはニュースの記事が含まれています。ユーザーがテキストを選択しながら読む場合や、内容を共有したいと思う場合があるので、記事の内容は選択できる必要があります。また、ニュース Web ページには、メニューやサイトの他の部分へのリンクもあります。このような項目をユーザーが選択しなければならないケースは、あまりないでしょう。そこで -ms-user-select を使用すると、ニュース記事ではテキストを選択できようにして...
  • IEBlog 日本語

    CSS コーナー: フォントの全要素を使用する

    • 0 Comments
    CSS3 @font-face ルール (英語) と WOFF フォント パッケージ形式 (英語) のクロス ブラウザー サポートが提供されるようになり、最近の Web 文字体裁は、" Web セーフ フォント " (英語) の領域をはるかに超えて拡張されてきています。 New Yorker (英語) などの有名な雑誌では、記事の見出しに使った文字体裁の特徴が失われないように Web フォントを使用していますし、オバマ米大統領の再選キャンペーンでは、個性的なフォントを提供する Web フォントサービスの Typekit (英語) を利用しています。 まだ解決されていない制限があり、それが Web デザインでフォントの全要素を使用できない要因になっています。この制限というのは、多くのフォントに組み込まれている、OpenType ® のさまざまなオプション機能を利用できないことです。これらの機能は、カーニング、上付き文字や下付き文字、合字などのコンテキスト字形、数字、代わりの東アジア グリフの利用、装飾的なスワッシュ字形など、基本的な文字体裁機能をサポートするグリフの置換や配置のオプションを定義しています...
Page 1 of 1 (5 items)