IEBlog 日本語

Windows Internet Explorer エンジニアリング チームのブログ

July, 2012

  • IEBlog 日本語

    Web パフォーマンス API が驚異的な速さで W3C の勧告候補に昇格しました

    • 6 Comments
    今回の記事では、 W3C Web パフォーマンス ワーキング グループ (英語) が策定した仕様が、新たに 3 つ W3C の勧告候補に移行したことをお知らせします。Web の高速化を実現するためには Web アプリケーションのパフォーマンス特性を正確に計測することは必須課題であり、開発者は、基盤ハードウェアの利用を効率してのパフォーマンスを向上する必要があります。これらの目標に 2 年にわたって取り組んできたのが、Microsoft、Google、Mozilla、Intel、Facebook などが参加する Web パフォーマンス ワーキング グループです。今回の決定は、業界とコミュニティが W3C のもとに結集することで何が成し遂げられるかを示す、すばらしい事例となりました。 開発者は、 Navigation Timing (英語)、 Resource Timing (英語)、 User Timing (英語)、そして Performance Timeline の各仕様を活用して Web アプリケーションのパフォーマンスを正確に測定できます。最初の 3 つの仕様はそれぞれ、ドキュメントのナビゲーション...
  • IEBlog 日本語

    IE10 における新しい Blob コンストラクター

    • 3 Comments
    Windows 8 Release Preview の IE10 では Blob コンストラクター (英語) のサポートが追加されています。 File API: Writer W3C 草案 (英語) で進行中のインターフェイスである BlobBuilder インターフェイス (英語) の IE10 におけるサポートについては、以前に 紹介 し、 デモで確認 (英語) していただきました。このインターフェイスを使用すると、開発者はクライアント PC 上のファイルを処理できます。最近、W3C ワーキング グループは新しい Blob コンストラクター (英語) を支持し、 BlobBuilder インターフェイス (英語) を非推奨扱いとしました。この記事では、これら 2 つの違いについて説明します。 Blob コンストラクターと BlobBuilder インターフェイスの比較 Blob コンストラクターと BlobBuilder インターフェイスのどちらを使っても、Web 開発者はクライアント上にファイルを作成できます。違いは構文です。 BlobBuilder では、append...
  • IEBlog 日本語

    IE10 Release Preview における XMLHttpRequest の responseXML

    • 1 Comments
    Windows 8 Release Preview の IE10 では、 XMLHttpRequest の responseXML が既定でネイティブ XML ドキュメントを返すように更新されます。この変更は IE10 の標準ドキュメント モードと互換ドキュメント モードに適用され、これらのモードで他の最新ブラウザーとの相互運用が可能になり、同じ動作を同じマークアップで実現できるようになります。互換ドキュメント モード 5、7、8、9 は変更されません。 この変更は、 responseXML が MSXML ドキュメントを含むことが想定され、 selectNodes 等の MSXML 固有の機能に依存していたサイトに影響を与える可能性があります。これらの場合、 XMLHttpRequest オブジェクトの responseType メンバーを 'msxml-document' に設定することで、IE10 が MSXML を返すよう要求することができます。コードが MSXML 固有の機能に依存していない場合、IE10 のネイティブ XML ドキュメントはうまく動作するでしょう。 ...
  • IEBlog 日本語

    IE10 のユーザー エージェント文字列が更新されました

    • 12 Comments
    IE10 のユーザー エージェント文字列 は、IE10 の最初の Platform Preview で導入されました。Windows 8 Release Preview の公開に合わせて、このユーザー エージェント文字列に対する追加が 2 つ行われています。これらはサーバーサイドの機能検出をサポートするための追加です。 1 つ目の追加点 は、マシンがタッチ対応かどうかを検出するための新しい Touch トークンです。このトークンを使用することで、タッチ対応ハードウェアのユーザーに、タッチに最適化されたバージョンのサイトを表示できるようになります (通常は、サイトの普段の状態がタッチに対応していない場合に使います)。ただし、タッチ対応ハードウェアのユーザーがマウスとキーボードを使う場合があることに注意してください。このトークンを使ったユーザー エージェント文字列は以下のようになります。 タッチ対応ハードウェア非搭載マシンの IE10 の場合: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.2; Trident/6.0) ...
  • IEBlog 日本語

    Windows Update による IE 9.0.8 提供開始

    • 2 Comments
    2012 年 7 月分の Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (英語) を Windows Update 経由で公開しました。今回のセキュリティ更新プログラムは、非公開で報告された Internet Explorer の 2 つの脆弱性を解決します。脆弱性が悪用された場合、ユーザーが特別に細工された Web ページを Internet Explorer で表示すると、リモートでコードが実行される可能性があります。これらの脆弱性のいずれかが悪用された場合、攻撃者が現在のユーザーと同じ権限を取得する可能性があります。コンピューターでのユーザー権限が低い設定のアカウントを持つユーザーは、管理者特権で実行しているユーザーよりもこの脆弱性による影響が少ないと考えられます。このセキュリティ更新プログラムは、Windows クライアント上の Internet Explorer 9 について深刻度を「緊急」と評価し、Windows サーバー上の Internet Explorer 9 について深刻度を「警告」と評価しています。詳細情報については、 セキュリティ情報ページ...
  • IEBlog 日本語

    テストで Web を進化させよう

    • 3 Comments
    現在、各ブラウザーが搭載する HTML5 エンジンの質や正確性にはまだ大きなばらつきがあります。そうした中私たちは、Web プラットフォームの相互運用性とマークアップ共通化という目標に向け、W3C 主導によるテスト スイート開発への貢献を続けています。私たちがこれまでに提出したテストは合計 7573 件 に達しており、これらは IE Testing Center でご覧いただけます。各ブラウザーにおけるマークアップ共通化のサポートが充実することは、HTML5 の目指す世界が実現されていくことを意味します。 今回のブログ記事のタイトルは、6 月 15 日と 16 日の週末に Adobe が同社サンフランシスコ オフィスで開催した イベント (英語) の名前 ("Test the Web Forward") です。多数のボランティア参加者、W3C のエキスパート、そして Adobe、Google、Mozilla、Apple、HP、Microsoft の社員が集結した同イベントでは、Web 標準のテスト、CSS と SVG に関するテストの開発方法、役に立つバグの記録方法、テスト スイート管理に使えるツールなどについて有意義な議論を聞くことができました...
Page 1 of 1 (6 items)