IE8 RC1 の評価の前に。

IE8 RC1 の評価の前に。

  • Comments 1

こんにちは。五寳です。

今朝のアナウンスに引き続き、IEBlog リリース ノートから、RC1 を利用するにあたっての重要なポイントをまとめました。

インストールにあたっての重要な変更点のまとめ

  1. Windows Vista または Windows Server 2008 をご利用の場合
    • Beta1 または Beta2 から事前のアンインストールなしでそのまま RC1 へアップグレードが可能。
      (ただしアップデート後、1度再起動が必要になります。)
  2. RC1 をインストールする前に必要な更新モジュールについて
    • KB957388 ( KB943302KB957055 の両方が含まれる) が必要
      (この更新モジュールは、既知のアプリケーション互換性の問題への対応と、パフォーマンスと信頼性を高めるための修正が入っています。)
    • インストール時に表示される "更新プログラムのインストール" にチェックを入れていただくのが一番簡単。
  3. すべての Beta1, Beta2 ユーザー ( 25 言語分 ) に対して Windows Update で IE8 RC1 を提供
    • Windows XP ・Windows Server 2003 に対しては、OS の言語に合わせて IE 8 がアップデートされます。
    • Windows Vista・Windows Server 2008 に大しては、ユーザーが選択している Active な言語 (現在使っている言語) に合わせて IE8 がアップデートされます。

注意: Windows 7 Beta 版には IE8 RC1 をインストールすることはできません。(インストールしようとするとエラーが表示されます。) ダウンロード センターに用意されている IE8 RC1 はすべてダウンレベルの OS (Windows Vista, XP, Windows Server 2003、2008 ) のみが対象です。

RC1 のインストールに役立つ追加の情報へのリンク:

 

Windows XP と Windows Server 2003 向けの注意点

  1. もし Beta2 かそれより後のビルド (December Parnter Build など) をインストールしている場合、2回再起動が必要になります。
    1回目は、完全に Pre-RC1 ビルドを削除するため。2回目は、RC1 のインストールを完了させるため。ヘルプ -> バージョン情報は "8.0.6001.18372" になります。
  2. Windows XP SP2 x86デュアルコア CPU で動作させている場合、KB932823 または KB946501 の更新モジュールが必要になります。これらは、Access Violation の発生を防ぎます。インストール時に "更新プログラムのインストール" にチェックを入れていただければ、これらは自動的に適用されます。

Windows XP Service Pack 3 (SP3) 向けのみの注意点

  • 以前よりセミナーなどで注意を促していましたが、IE8 のベータ版を SP3 の適用よりも前に行っている方 ( XP SP3 上で IE8 のベータ版を現在使っている方で、プログラムの追加と削除のページで IE8 Beta の "削除" のところがグレーアウトしてしまっている方 )は、そのまま RC1 にアップグレードすると、IE8 RC1 も SP3 も両方ともアンインストールできなくなるようになります。今後常に SP3 と IE8 の最新版(製品版も含め) を使っていく予定で、アンインストールの必要性がない場合は、そのまま RC1 にアップデートしていただくことが可能です。この場合、RC1 へのアップグレード時に本当にそれでよいのか?という確認のダイアログがでてきますので、ご確認ください。
  • もし、IE8 RC1 も SP3 も後からアンインストールする必要があるかもしれない方は、次の手順で RC1 をインストールしてください。
  1. Windows XP SP3 をアンインストール
  2. Internet Explorer 8 のベータ版をアンインストール
  3. 再度 Windows XP SP3 をインストール
  4. 最後に Internet Explorer 8 RC1 をインストール

*Internet Explorer と Windows XP Service Pack 3 についての詳細については、こちらの記事をご参照ください。

Windows Update について

今回の RC1 では Windows Update のテストも兼ねて、Beta1 もしくは Beta2 をインストール済みのシステムには自動更新が適用されます。Windows Update での RC1 の更新の準備ができたところで、タスクトレイに更新の準備ができたというアラートが表示されます。(注意製品出荷版の IE8 の自動更新のスケジュールについては、現在調整中で、RC1 のようにすぐに有効になることはありません。)企業の情報システム部の方などで、Windows Update による更新を防ぐテストを行いたいかたは、こちらから "Toolkit to Disable Automatic Delivery of Internet Explorer 8" をダウンロードしてご利用ください。

 アンインストールについて

アンインストールは、コントロール パネルの "プログラムの追加と削除" から、「更新の表示」にチェックを入れると、 Windows Internet Explorer 8 Release Candidate 1 が表示されます。選択して、"削除" ボタンをクリックしてください。アンインストール後は、インストールした時の IE と対応するセキュリティアップデートが適用された状態になります。かならず最新のセキュリティアップデートがないかどうか、更新を確認してください。

 

Windows Vista と Windows Server 2008 向けの注意点

  • RC1 インストール前に、過去の IE8 のベータバージョンをアンインストールする必要はありません。自動的にアップグレードされます。
  • RC1 へアップグレードの前に、KB937287KB957388 の更新モジュールの適用が必要です。

*インストール後は、XP/Server 2003 と同様に、ヘルプ -> バージョン情報は、8.0.6001.18372 となります。

アンインストールについて

アンインストールは、コントロール パネルの "プログラム" -> "プログラムと機能" から、「インストールされた更新プログラムを表示」を選択すると、 Windows Internet Explorer 8 Release Candidate 1 が表示されます。選択して、"アンインストール" ボタンをクリックしてください。アンインストール後は、インストールした時の IE と対応するセキュリティアップデートが適用された状態になります。かならず最新のセキュリティアップデートがないかどうか、更新を確認してください。

 

それでは、皆さんご評価ならびにフィードバックをお待ちしております。
次は、主な変更点などについて Update したいと思います。

 

 

  • おはようございます。五寳です。 昨晩、 IE8 RC1 の日本語のリリースノート が公開されました。。。が、機械翻訳です。ゴメンなさい。 ということで、こちらにこの リリースノート の概要をまとめてみました。

Page 1 of 1 (1 items)