元 MVP リード 小板公一のブログ

コミュニティ サポート サービス, 元 MVP リード 小板公一のブログです。

August, 2010

  • 元 MVP リード 小板公一のブログ

    Community is...今昔MVPアワードプログラム

    • 0 Comments
    最終回 今昔 MVP アワードプログラム MVP アワードプログラムは 1992 年にアメリカ本社で、当初はニュースグループに参加する Community Contributors に対する感謝の気持ちを伝えると共に薄謝を進呈する小規模なプログラムとして開始されました。アメリカではオンライン掲示板システム以前にニュースグループが活発でマイクロソフトサポート部門も積極的にニュースグループを活用してユーザーサポートを展開していました。当時アメリカ本社ではニュースグループを監視する社内システムとして...
  • 元 MVP リード 小板公一のブログ

    Community is...オフライン勉強会

    • 0 Comments
    第 10 回 オフライン勉強会 オフラインコミュニティの勉強会の活動で「どのくらいプレゼンするとすごいの?」とよく質問されますが正直私にもわかりません。しかしいつまでもわからないままにしておくのも悔しいので、独自調査ですが一定の基準か、自動的に判別できる方法を模索しました・・・が無理でした(^-^; オフライン勉強会はオンラインフォーラムよりデータ量が少ないので累乗近似などで類推するのが難しいためです。そのため別の解釈を導入する必要がありました。表は MVP 候補者のみなさんからお知らせいただいた...
  • 元 MVP リード 小板公一のブログ

    Community is...参加者のニーズ

    • 0 Comments
    第 11 回 参加者のニーズ コミュニティの成長にはいったい何が必要なのか?ここではあくまで私個人の想像で思いついたことをまとめたいと思います。数年前に eXperts Connection というフォーラムベースの Web サイトをお仕事で担当していました。その時に思ったのは意外とゆるいルール作りが良かったかも・・・ということです。 eXperts Connection では実名登録を推奨したことでハードルが高かったと思います。 また、よくフォーラムでは「荒れる」スレッドがあります...
  • 元 MVP リード 小板公一のブログ

    Community is...調査方法とMVP審査

    • 0 Comments
    第 8 回 調査方法と MVP 審査 MVP 審査は四半期ごとに年 4 回 (1 月、 4 月、 7 月、 10 月 ) に実施されます。主なプロセスは以下になります。 日本での審査 (MVP リード ) US での審査 (BG リード *1) US での審査 (PG, Community Lead*2) 実際には日本での審査に充てられる期間は約 2 週間 (10 営業日 ) でこの期間にデータの精査をしていたのでは残念ながらスケジュール通りに審査を進めることができません...
  • 元 MVP リード 小板公一のブログ

    Community is...セッションと参加者数

    • 0 Comments
    第 7 回 セッションと参加者数 審査でよく使う情報でオフラインコミュニティの担当セッションと参加者数があります。候補者がどのくらいのオーディエンスにリーチして自分の意見や考えを伝えているかを理解するのに必要になります。 ほとんどのオフラインコミュニティではセッション資料、参加者数などを公開しているので、 Web サイトを確認するのが最初のステップです。ただ、情報の公開が遅れていたり情報を公開していない場合もあります。こちらもページビューやユニークユーザー同様できる限り情報の確度を高める努力をします...
  • 元 MVP リード 小板公一のブログ

    Community is...オンラインフォーラムユーザー動向

    • 0 Comments
    第9 回 オンラインフォーラムユーザー動向 オンラインフォーラムに関する活動では「ではどのくらい投稿しているとすごいの?」とよく質問されますが正直私にもわかりません。しかしいつまでもわからないままにしておくのも悔しいので、独自調査ですが一定の基準か、自動的に判別できる方法を模索しました。 集計方法 ユーザー名別投稿数を集計する 10投稿ごとに人数をまとめる 分布グラフを作成する 分布グラフにExcelの近似曲線の累乗近似を追加し数式とR-2乗値を表示する...
Page 1 of 1 (6 items)