高専アプリ開発コンテストの「最多アプリ賞」で優勝した藤江さんのアプリの1つ「スライドパズル」をご紹介します。
※計7個のアプリを開発されました。

*************************************************************************

アプリ名:スライドパズル

  

 

アプリ概要:

パソコンにある好きな画像で8パズルを遊ぶことが出来るアプリです。

開発経緯:

自分のサイト上でtwitterアイコンで8パズルを遊ぶこと出来るアプリを公開しており今回のコンテストを機にWindowsストアアプリにエンジン部分を移植しようと考えたということとパソコン内部のファイルを読み込むアプリを作成した経験がなかったことからこのアプリを開発しようと考えました。

工夫した点:

Windows8ではタッチパネルを搭載した端末が多いためタッチパネルで操作しやすいように作成しました。また縦横比が1:1で無い画像は短い方に合わせて長い方を切って表示することで画像が歪んでもとの画像がわかりにくくならないように調整を行いました。

苦労した点:

スナップへの対応方法がわからず公開してからスナップへ対応するまでとても時間がかかりました。今回はサイズ変更のイベントを取得することでcanvasのサイズを動的に変化させてスナップ表示に対応しています。

今後の抱負:

Windowsストアアプリは今とてもホットでコンテストも開かれています。今後もコンテストで入賞を目指してアプリ開発をしていきたいと思っています。

  

開発者の紹介

 

自己紹介

石川工業高等専門学校          
電子情報工学科          
藤江 拓哉