高専アプリ開発コンテストの『指導教員賞』を受賞した江崎先生より、指導にあたっての取り組みや感想をいただきました。

----------------------------

今回のアプリ開発コンテストにおいては、学内で20名程度の学生がMSのエバンジェリストの講習会に参加してもらうことから始めました。
1日の講習では、ストアにアップするところまで実施することは難しかったですが、そこでの知識を活かしてストアにアップできた学生が数名いました。
開発アプリに関するアドバイスとしては、Surfaceをターゲットとしましたので、タッチディスプレイに対応したシンプルなアプリを作るように指導しました。

今後は、Windows Phoneなどの持ち運び可能な端末をターゲットとしたアプリ開発に取り組んでいきたいと考えています。

鳥羽商船高等専門学校
制御情報工学科

江崎 修央
江崎研究室ホームページ

TOba1

 

以下は生徒の方が作成したアプリです。

 

アプリ名

アプリの説明

Toba2

ダイエットプランナー

BMIや運動による消費カロリーの計算を簡単に行うことができるアプリです。健康なダイエットを支援します。

TOba3

putableCalc

計算過程の数字を記録して、ちょっと置いておくことのできる電卓です。置いておいた数字は後で使うことができます。数字を指で駒のように扱うことができて、日常のちょっとした計算に便利です。

toba4

タッチジャンケン

タッチによりルーレットを回し、ジャンケンを行うアプリです。

toba5

モバイルカーディスプレイ

車のフロントガラスに時計・時速などを投影することにより、運転をしながら視点を変えることなく様々な情報を確認することができるアプリケーションです。